子供の為に☆実は知らない【妊娠】したら気をつける3つの事!

女性なら新しい命を生み出す【妊娠】☆そんな人生の一大イベントで気をつけたい事を先人の人から学んでいきたいと
思います(^_^)/☆

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 意外な事実☆妊婦さんはすぐ止めて!低脂肪ヨーグルトは胎児に危険

  • どうやら胎児の免疫システムをつくるのに酪農製品の脂肪が助けている可能性があり、低脂肪のヨーグルトを食べていた妊婦は、子供が喘息や花粉症にかかるリスクが非常に高いことが明らかになってきました。
    出典 :妊婦さんはすぐ止めて!低脂肪ヨーグルトは胎児に危険
  • 身体に良いと思ってたべていた食事が実はあなたの子供をむしばむ結果に(^_^;)
    知らないって怖いですね・・・・

  • 妊娠中、摂りすぎてはいけない栄養素☆ビタミンA

  • 脂溶性ビタミンと言って、油に溶ける性質を持っているので、排出されにくく大量に摂ると余った分が体内に蓄えられてしまうんです。妊娠初期に摂りすぎると、生まれてくる赤ちゃんに奇形が起きるリスクが高いとも言われます。
    出典 :第3回 妊娠中、摂りすぎてはいけない栄養素はありますか?|大塚製薬
  • レチノールの長期にわたる摂取は体に悪いと言われています。レバーやうなぎなどに含まれていますね。

  • 魚が及ぼす水銀が妊娠に関わる意外な事実!☆

  • 最近、魚介類からの水銀摂取が胎児に影響を与える可能性を懸念する報告が出て、厚生労働省からも「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意」が出されました。妊娠中期以降はメチル水銀を比較的多く含むマグロやキンメダイなど大型魚や深海魚を控えて、水銀が少なくDHAを豊富に含むサバやイワシなど小魚中心の摂取が望ましいとされています。
    出典 :2/6 妊娠中の食べ物・飲み物の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
  • 実は、化学調味料や人工添加物をどれくらい摂取したら危険かははっきりとわかっていません。お腹に赤ちゃんがいるなら、意識して気をつけたほうがいいかもしれません。

  • まとめ☆

  • 今回記事を書いていて思ったのは普段何気なくたべているものが、実は妊娠中に子供に対して影響してしまう要素があるという事でした。
    妊娠は人生の中でも一大イベント!!私も自分の好きなものだけではなくて、未来の子供の為に栄養素の勉強はかかせませんね!!