足底筋膜炎の治療方法について。こんな治療方法は間違っている!?

足底筋膜炎の治療方法として、どんなことが効果的なのでしょうか?
足底筋膜炎は、正しい治療を行わないと症状が悪化してしまいます。
しかし、実際に間違った治療方法を行っている人が少なくないようです。
正しい治療方法を知って、足底筋膜炎を早く治しましょう。

view108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 足底筋膜炎の治療方法

  • 足底筋膜炎は、治りづらいイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?
    実際、足底筋膜炎の治療に長い期間を要している人はたくさんいます。
    しかし、それは足底筋膜炎が治りづらいからではありません。
    足底筋膜炎がなかなか治らないのは、正しい治療方法を行っていないからなのです。
    足底筋膜炎は正しい治療を行えば回復までにそれほど長い期間は掛かりません。
    では、具体的に足底筋膜炎の治療方法ではどんなことを行えば良いのでしょうか?

  •  

    まず、足底筋膜炎の治療方法として正しいのが温めることです。
    足底筋膜炎の治療方法では、多くの人がアイシングを行っています。
    しかし、このアイシングこそが足底筋膜炎の回復を遅らせている原因なのです。
    その理由は、アイシングには筋肉を硬くする効果があるからです。
    足底筋膜炎では、筋肉を硬くしてしまうと逆効果になってしまいます。
    必ず冷やすのではなく温めましょう。
    効果的なのは、足湯やお風呂でゆっくりと湯船に浸かることです。
    普段はシャワーで済ませていても、足底筋膜炎の治療中は湯船に浸かることを心がけましょう。
    また、冷湿布ではなく温湿布を使うことも効果的です。

  • 足底筋膜炎でも、歩いたほうが早く治ると思っている方がおられます。
    ”痛い”ということは、その動作をしないでくださいという体からの信号です。
    出典 :足底筋膜炎を少しでも早く治すために - ”足底筋膜炎”専科  踵の痛みでお悩みの方が全国から来院される京都の整体院
     

    足底筋膜炎の治療方法として、運動は絶対にNGです。
    痛みを我慢して運動を続けると、足底筋膜炎が治りづらくなってしまいます。
    足底筋膜炎の正しい治療方法は、運動とは真逆の安静です。
    足を温めながら安静にしていると治りが早くなると言われているので、なかなか足底筋膜炎が治らない人は試してみて下さい。

  • 足をなるべく下にしすぎないこと。立ちっぱなしで足がむくむことからわかるように、時おり足を挙げなければ血流が滞ってしまう。
    出典 :足の裏のツラい痛みを簡単に治す! 足底筋膜炎の原因と治し方を解説
     

    長時間足を下にしていると、足先が冷えてしまいます。
    冷えも筋肉を硬くするため、足底筋膜炎の治療では絶対に避けたいですね。
    仕事中に足を上げることは難しいかも知れませんが、家に居る時は椅子の上に足を上げるなど工夫して過ごしましょう。
    これだけで、足底筋膜炎の治りはぐんと早くなります。

  •  

    足底筋膜炎の治療方法としてマッサージやストレッチを行うことがあります。
    しかし、マッサージやストレッチを行う場合は、注意点がいくつかあります。
    ただ単に足の裏のマッサージやストレッチを行っても、回復することはありません。
    足底筋膜炎の場合、痛みがあるうちは刺激を与えてはいけません。
    そのため、マッサージやストレッチは良いタイミングで行いましょう。
    また、足の裏ではなく足の裏以外の部位のマッサージやストレッチが効果的な治療方法と言われているのです。
    そのため、足底筋膜炎が完全に治るまでは、足の裏に余計な刺激を与えないように気を付けましょう。

  • 足底筋膜炎は再発しやすい!?

  • 足の裏は毎日使い続ける場所です。その分、疲労が溜まりやすいので完治した後もケアは続けてください。
    出典 :足底筋膜炎を確実に完治させるための治療と5ステップ
     

    足底筋膜炎の治療をしている最中だけでなく、治った後もストレッチやマッサージを続けることが大切と言われています。
    なぜなら、足底筋膜炎は再発しやすいからです。
    日常生活の中で、足の裏を一切使わずに生活することは不可能ですよね。
    疲れを感じていなくても、足の裏にはどんどん疲れが蓄積されていきます。
    足底筋膜炎は、このような疲れの蓄積によって引き起こされると言われています。
    そのため、日頃から疲れを溜めないことが足底筋膜炎の予防法となるのです。

  • 足底筋膜炎の正しい治療方法をまとめるとこのようになります。
    ・お風呂や温湿布で足を温めることを心がける
    ・安静が第一、なるべく足を下げないように注意する
    ・ストレッチやマッサージは痛みがなくなってから
    ・ストレッチやマッサージを行うのは足の裏以外の部位
    ・足底筋膜炎が治ってからも、毎日のケアを怠らない
    これらのポイントを押さえて治療を行いましょう。