恐るべし!重症妊娠悪阻

多くの人は、悪阻(つわり)ということばを聞いたことがあるはずです。
しかし、「重症妊娠悪阻」はどうでしょう?
意外に知られていない「重症妊娠悪阻」について、その症状や対策についてご紹介します。

  • namie 更新日:2014/05/06

view210

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「つわり」とどこが違うの?

  • 通常のつわりは、むかむかした感じが続き吐いたり吐き気がする、においに敏感になり食事や化粧品のにおいで気分が悪くなる、頭痛やだるさが続くという症状が主で、パパや周りの人のサポートで乗り切れることが多いものです。
    出典 :つわりと妊娠悪阻の違いとは?|つわりの原因と対策
  • 妊娠悪阻の場合では、1日中吐いてばかりで体重が妊娠前よりも5キロ以上減ったり、立っていることもままならないという重い症状が続きます。
    出典 :つわりと妊娠悪阻の違いとは?|つわりの原因と対策
  • つわりの症状があまりに重く、入院治療が必要になる状態が「重症妊娠悪阻」であり、全体の妊婦さんの1%程度に起こると言われています。
    出典 :今すぐわかる!重症妊娠悪阻は一体いつまで続くのか?
     

    1%とは、本当にごくわずかなんですね。

  • 重症妊娠悪阻とはその症状が大変重いことを言い、ほとんど食べ物を口にすることが出来ず、体重の減少が激しく、水分すら吐いてしまうような状態です。
    出典 :今すぐわかる!重症妊娠悪阻は一体いつまで続くのか?
  •  

    何も口にできないのですから、横たわって苦しむことしかできません……

  • 妊娠悪阻はその症状によってさらに3つの段階に分けられることができます。
    出典 :妊娠悪阻とは
     

    第一期(軽症期、神経期)
    ・嘔吐を繰り返し、血痰まで吐く
    ・体重の減少
    ・尿の量が減り尿中にタンパクが認められる

    第二期(重症、中毒期)
    ・体重減少がさらに進む
    ・脈拍が頻数微弱に
    ・アシドーシス(酸血症)の徴候が表れる

    第三期(重症期、脳症期)
    ・頭痛、めまい、視力障害、不眠、昏睡、幻覚など、脳症状が表れる
    ・出血性網膜炎の症状が表れたら妊娠は中絶を余儀なくされる

  • 悪阻で中絶を余儀なくされるなんて、正に重症妊娠悪阻は病気なんですね。

  • 重症妊娠悪阻の治療

  •  

    水すら飲めない。そんな症状が表れたら迷わず病院へ!

  • 妊娠悪阻は、早い人で妊娠5週0日くらいから出現し、通常は胎盤が完成する妊娠3~4ヶ月ほどで自然に治ることが多いといわれています。
    出典 :お医者になるのは、大変ですね : 妊娠悪阻(つわり)の症状に悩む−瀬戸朝香さん
  • 重症妊娠悪阻で入院した場合は、まずは安静に、そして脱水症状に対する点滴治療が行われます。
    出典 :今すぐわかる!重症妊娠悪阻は一体いつまで続くのか?
     

    つわりそのものを治療する方法はないので、安静療法、食事療法、点滴療法を行いながら、症状が落ち着くのを待ちます。

  • RT @Catheri00596452: 兄の奥さんが悪阻で入院したらしいけど、つわりを和らげる薬って殆どないらしいね。ほんと、妊娠出産に関しては根性論を母親に押し付けるんだなぁ。この苦しみを乗り越えないと母親になれないなんて言う人もいるらしいけど、全くつわり無い人もいるらしい…
  • 病院にいく目安
    出典 :つわりの原因とは
     

    ・一日に何十回も吐く
    ・水も飲めない
    ・3日ぐらい何も食べられない
    ・体重が5キロぐらい減る。(やせた人は3キロでも)
    ・トイレの回数が目に見えて減るまたは数日間に急にやせた(脱水症状)
    ・日常生活が送れない

  • 原因は?

  •  

    それこそ、つわりを治す薬でもあればいいのに……

  • 原因としては、はっきりと分かっていません。
    出典 :お医者になるのは、大変ですね : 妊娠悪阻(つわり)の症状に悩む−瀬戸朝香さん
     

    但し、以下の事実でも激しい悪阻をきたすことは分かっています。
    ・母体hCG値(胎盤ホルモン)と症状がある程度相関すること
    ・妊娠の中絶により症状は急速に消失すること
    ・胎児を伴わない全胞状奇胎

  • つわりの症状は人それぞれと言いますが、第一子目、第二子目でも、症状は色々です。
    本当の原因を突き止める日はやってくるのでしょうか。

  • それでも子供は産まれる

  • つわり(重症妊娠悪阻)
    あまりの酷さに、入院してました。
    退院後も自宅で点滴、咳が1ヶ月半止まらず、肋骨を疲労骨折。
    娘を産むまでつわりが治まらず、分娩中も吐きながら出産。
    食べ物の文字や写真を見ただけで嘔吐
    トータルで10キロ以上痩せました
    お陰様で、生まれた娘はめちゃ元気!
  • 重症妊娠悪阻を乗り切るには、尋常ではない苦悩を強いられます。
    お腹の中の赤ちゃんは、そんなことを知ってか知らずか、当然の顔をして誕生するんですね。
    何だか、生命の不思議を感じます……