腫瘍の手術、どうやってするの??粉瘤を手術でとる方法について知ろう!

良性の腫瘍の手術(粉瘤の手術)がどのように行われるのかについてまとめてみました。粉瘤で悩んでいる方は参考にしてみてください。

  • green 更新日:2014/04/12

view298

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • @810pp_25 脇から膿がでてきた…調べたら 粉瘤(ふんりゅう)っていう良性の腫瘍らしくて手術してしこり?を取るらしい…(´;ω;`)怖い(*_*)
  • @shoulder429 @31pockets
    粉瘤ってやつができててそれをとってきた!かっこ良く言えば良性の腫瘍って感じw
  •  

    粉瘤を手術でとったという方も多くいらっしゃるようですね。では、良性の腫瘍である粉瘤について詳しくみていきましょう。

  • 腫瘍って何のこと?

  • 腫瘍とは一般に、体の表面や体の中にでき、かたまりとして触れたり、色が違っている部分があるなどのものを総称して呼ぶ言葉です。腫瘍には、良いものや悪いもの、生まれつきのものや生まれてからできるもの、平らなものや盛り上がってくるものなど、全てが含まれます。
    出典 :腫瘍
  • 粉瘤(ふんりゅう)という名前はあまり聞きなれないかもしれませんが、特別めずらしい腫瘍(できもの)ではなく、誰でも一度くらいは発症すると言ってもいい程一般的な皮膚にできる腫瘍で、癌のような悪性のものではありません。
    出典 :粉瘤(ふんりゅう)とは – 粉瘤(ふんりゅう)治療事典
     

    粉瘤は腫瘍の中で悪性のものではないということですね。

  •  

    良性の腫瘍である粉瘤は、外科手術でしか治療をすることができないようです。では、その手術方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 腫瘍の手術方法とは?

  • 粉瘤の根治手術
    粉瘤のくりぬき手術 比較的小さな粉瘤の場合に有効な手術。
    粉瘤の摘出術 小さな粉瘤から大きな粉瘤まで治療可能な方法。
    出典 :粉瘤(ふんりゅう)の治療法・予防法・再発防止法 [皮膚・爪・髪の病気] All About
     

    粉瘤の大きさによって、行う手術方法が違ってくるようですね。

  • 粉瘤を腫瘍の手術で摘出する場合、まずその部分に麻酔がかけられ、それから中の袋を取り出すようになります。粉瘤を取り出すことができれば、あとは縫合を行い手術は終了です。実際に粉瘤手術を受けた方の体験談もみてみましょう。

  • うつ伏せで寝ていると背中にメスが入り、その後、粉瘤の基である問題の袋を取り出しにかかっている様子が感じられます。けっこう強い力で患部をグリグリと棒のようなものでかき出しているため、麻酔注射をしていても少し痛いです。しばらくして袋の摘出が終わり、6針ほど縫合して手術完了です。
    出典 :粉瘤手術を受ける – 粉瘤(ふんりゅう)治療事典
     

    粉瘤の大きさにもよりますが、小さいものであれば10針以内縫うだけですむようです。

  • 粉瘤摘出手術に要した時間はおそらく30分ほどだったと思いますが、恐怖心があったため長く感じました。あとは毎日消毒とガーゼを取り替えるために通院し、1週間後抜糸して終了です。
    出典 :粉瘤手術を受ける – 粉瘤(ふんりゅう)治療事典
  • 1時間くらいで終了!!背中でよく見えないんですが、4針くらい縫ってたかな?取った腫瘍は周りの組織も含めて親指大くらいです2・3日は痛み止めを飲まないと少し痛みましたが順調に1週間後には抜糸できました
    出典 :アテローマ(粉瘤)体験記|いこ日記
     

    取った腫瘍を見せてもらうこともできるようですが、少しグロテスクなので見るのが怖そうですよね。

  • 良性の腫瘍である粉瘤は外科手術で治療をするしかありません。そのままにしておくと、粉瘤がだんだんと大きくなってしまうので、なるべく早く手術をすることが大切なようです。