仕事が出来る人はワーキングメモリがすごい☆

ワーキングメモリーは人の大事な部分で色々な所に使われているそうです!そんな認知機能あるのでしょうか☆

view794

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ワーキングメモリー☆

  • ワーキングメモリーは人間の脳の重要な部分で、人の名前を思い出すこことから、車の運転まで全てのことに使われます。この欠くことの出来ない認知機能について我々が知る事実は以下の通りです。
    出典 :プロフェッショナルと若々しい脳のためのトレーニング
  • •ワーキングメモリーは重要な認知機能であたまに情報を短い時間(典型的には数秒間)保持することを可能にします。
    •ワーキングメモリーは子ども青年期に発達し、20-30歳で最大容量に達し、その後は年齢とともに低下します。
    •ワーキングメモリーの容量は個人差があります。
    •脳梗塞の患者はしばしばワーキングメモリーの障害に苦しみます。
    出典 :プロフェッショナルと若々しい脳のためのトレーニング
  • •うつや統合失調症などの症状として認知能力の低下が見られ、気分の改善後に必ずしも認知能力の回復は伴いません。
    •ワーキングメモリーは可塑的です。筋肉のように、運動で改善できます。
    出典 :プロフェッショナルと若々しい脳のためのトレーニング
  • 頭が良いという事は

  • 一般によくいわれる「頭が良い」というのは、流動性知能が高いことだと考えられます。

    この流動性知能の本質となるものが「ワーキングメモリー(作動記憶)」であると考えられており、
    最近の研究ではワーキングメモリーを鍛えることによって、流動性知能が高くなる可能性が示されています。

    流動性知能が高くなると、新しい局面に直面した時でも適切な行動が取れるようになります。
    出典 :東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング:ものすごく「脳を鍛える」とは?
  • 今まさに受験を控えている学生の方であれば、点数が伸びる可能性があります。

    個人差はありますが、いかなる世代・いかなる生活環境の方でも、ワーキングメモリーを鍛えるトレーニングを実践することで、効率的・効果的に自分の能力を伸ばすことができると考えています。
    出典 :東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング:ものすごく「脳を鍛える」とは?
     

    学生には必要ですね!

  • 物忘れにも関わる!

  • ワーキングメモリとは、『鍋に火を付けていたときに、電話がかかってきて、鍋のことを忘れてしまう』など、日常生活のなかで頻発する『もの忘れ』の原因と言われている、記憶の仕組みです
    出典 :物忘れよさようなら|NHK あさイチ
     

    逆に言えばワーキングメモリーを鍛える事で物忘れ防止が出来るという事ですね!

  • ワーキングメモリ

     

    鍋の火を消す、という目的を果たすまでの間だけ覚えておかなければならない、一時的な記憶の働きがワーキングメモリです。
    脳のなかで、これまで長い間覚えておこうという記憶は「海馬」が関係していると言われてきましたが、一時的な記憶のワーキングメモリは、おでこの辺りにある、前頭前野が関係しています。

  • トレーニングする事で鍛える☆

  • トレーニングの前と、トレーニングを2ヵ月間継続した後で、MRI(脳の活動状況を調べる医療機器)による脳形態の撮影を行い、背外側前頭前野の大脳皮質の体積を比較しました。

    トレーニングによって大脳皮質体積が増した領域

    私たちはワーキングメモリートレーニングで
    大脳皮質の体積(主に前頭前野部)が増加することを検証しました。
    出典 :東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング:ものすごく「脳を鍛える」とは?
     

    いわゆる脳トレですね

  •  

    例えば、会話するときに相手の言葉を聞いて
    理解しながら受け答えをするときや、
    料理の手順を考えて調理するときにワーキングメモリーが必要です。

    スポーツでも、相手の動きを予測し自分の次の行動を考えるときに
    ワーキングメモリーが必要になります。

  • 動物においても人間においてもワーキングメモリーは何十年も研究されてきたにもかかわらず、スウェーデンの脳科学者トーケルクリングバーグ博士がワーキングメモリーは脳の可塑的 (変わることが出来る)な機能で、集中的なトレーニングで強化可能あることを証明したのはほんの最近です
    出典 :プロフェッショナルと若々しい脳のためのトレーニング
  • 強いワーキングメモリーはプロフェッショナルをプレッシャーのもとでよい働きをし、計画性を発揮し、行動の優先順位づけすることを可能にします。強いワーキングメモリーをもったプロフェッショナルは時間効率が高く、マルチタスクに優れています。
    出典 :プロフェッショナルと若々しい脳のためのトレーニング