【あなたのお子さん、まだメガネにははやいかも?!】仮性近視のあれこれ

あなたは『仮性近視』という言葉を聞いたことがありますか?文字通り『仮』に近視な状態です。
『じゃあ、近視が治ることがあるの?』
そう!なんと近視が治ることがあるのです。視力が悪くなったからといって、諦めてすぐメガネを買う前に、まず『仮性近視』を疑ってみましょう。

view122

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『近視』のメカニズム

  • 『仮性近視』は『仮の近視』の状態を指します。ではまず、『近視』とはどういう状態なのか、詳しく見ていきましょう。

  • 近視(きんし)は、屈折異常のひとつで、眼球内に入ってきた平行光線が、調節力を働かせていない状態で、網膜上の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態。近眼(きんがん、ちかめ)ともいう。
    出典 :近視 - Wikipedia
  • 現代、近視は増加傾向にある。小中学生でも近視の割合は年々高まり、小学生の1/4、中学生の1/2は近視であると言われる[1]。この増加傾向は、小中学生の生活習慣の変化によるものとも、小中学生の平均身長が伸びたことの不可避的な副産物とも言われている。
    出典 :近視 - Wikipedia
     

    最近の小中学生はPC、ゲーム、スマートフォン等、目を酷使する生活が増えてきています。このため、必然的に近視の割合も増えているのです。

  •  

    図の左上をご覧ください。『近視』とは網膜の手前で像が結ばれる状態を言うのですね。

  • 『仮性近視』とは何か?

  • では次に、いよいよ『仮性近視』について見ていきましょう。

  • 近視は、多くの場合、眼が奥行き方向に伸びることにより生じます。伸びた眼軸(がんじく)は短くなることはありません。つまり近視はいったん始まると、正視の状態にもどすことは困難です。
    出典 :仮性近視 - goo ヘルスケア
  • しかし、まれに調節を司る毛様筋(もうようきん)が緊張して、軽度の近視を生じることがあります。この場合は治療により正視にもどる可能性があるので、仮性近視と呼ばれています。
    出典 :仮性近視 - goo ヘルスケア
  • 仮性(かせい)近視または偽(ぎ)近視というのは、仮(かり)偽(ぎ=いつわり)の文字でもわかるように、本当(真性)の近視ではなく、目の調節による一時的な近視のことをいいます。ただし、仮性近視でも目の緊張を取り除かないで放置していると、近視が進行する場合もあります。
    出典 :青葉台の眼科 スマイル眼科クリニック(横浜市青葉区青葉台)お子さんに多い仮性近視とは?症状のご説明
     

    『一時的な近視』だからといって安心してはいけません。ここで正しく『目の緊張』を取り除く処置をすることが何よりも大切なのです。

  •  

    『近視』は既に『眼軸』が伸びきってしまっている状態です。対して『仮性近視』は『眼軸』自体は正常な状態なのです。

  • 近くのものを見るときには、眼の中のレンズ(水晶体)がふくらんで厚くなります。この調節は、毛様体筋という筋肉が緊張したりゆるんだりしながらレンズのふくらみ具合を調節しています。本を近づけて読みすぎたり、長時間ゲームをしたりするとこの筋肉が縮んだ状態が続き、レンズが薄くならないために遠くが見えにくくなってしまいます。
    出典 :近視治療|医療法人樹尚会佐藤眼科
     

    『仮性近視』は『水晶体が厚くなりっぱなし』の状態となり、薄くならないために遠くが見えなくなってしまう、という現象なのですね。

  • 何故『仮性近視』になるの?

  • 仮性近視の原因は、毛様筋の過緊張にあります。軽い遠視がある学童で、近くを見る作業が多くなった時に生じます。しかし頻度は少なく、軽い近視が始まった学童の数%程度です。
    出典 :仮性近視 - goo ヘルスケア
  • 『仮性近視』の治療法

  • ■目薬による治療
    毎日寝る前に、毛様体筋の緊張をとる目薬(ミドリンM)を点眼します。点眼後30分から1時間で毛様体筋の緊張が取れ、その状態が3~4時間続きます。それを毎日繰り返すことで、毛様体筋が緊張しっぱなしにならないようにします。
    出典 :近視治療|医療法人樹尚会佐藤眼科
  • ■ワックによる望遠順応治療
    ワックという機械を使い、毛様体筋の柔軟体操及び望遠順応を行います。機械をのぞいて両目で遠近感のある写真を見て頂きます。5分間に6枚の写真が入れ替わりますので、お子さんでも飽きずに治療できます。
    出典 :近視治療|医療法人樹尚会佐藤眼科
  • いかがでしたか?
    視力が弱くなってきたら日常生活をおくるのが大変ですよね。すぐでにも視力矯正をしてあげたいところですが、もし視力が回復する見込みがあるなら、それにこしたことはありません。もしお子さんの視力が弱くなってきたと感じたら、一度眼科へつれていってあげましょう。