超音波スケーラーのメンテナンス注意点

経済の発展とともに、医療界の機器や器具などたどんどん増えていきます。shikahanbaiも歯科機器や技工機器等のネット販売で、平日には、製品に関するお問い合わせをよくいただきました。製品についてのお問い合わせは、よく製品の異常やメンテナンスについての話です.

view20

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 経済の発展とともに、医療界の機器や器具などたどんどん増えていきます。shikahanbaiも歯科機器や技工機器等のネット販売で、平日には、製品に関するお問い合わせをよくいただきました。製品についてのお問い合わせは、よく製品の異常やメンテナンスについての話ですが、今日は、超音波スケーラーのメンテナンス注意点について簡単にお話しましょう。

     注意事項:
     1.輸出効率は、最大効率の半分を超えないようにしてください。もし効率を上げて治療する必要がある場合は、治療時間を短くしてください。それは、チップや超音波発生器などをオーバーロードにさせずに、製品の寿命を上げます。
     2.転換器が噴水していない時には、製品を稼働しないでください。そうしないと、歯をダメージしたり、口腔内に傷をつけたり、チップや転換器なを壊したりすることがよく起こりますので、是非ご注意ください。

  • 3.できるだけ、転換器の電纜の連続回数を減少してください。あまり頻繁にしますと、ワッシャーを緩くさせたりすることにより、水漏れを起こします。

     4.機器を長い時間を続けて使用しないでください。長い時間をしようしますと、過熱になって、機械を壊します。
     5.ボタル内の水が水線を超えないでください。そして毎日使用後、ボルトを上げて、圧力を解散してください。
     6.長い時間製品を使用しない場合は、電源を切ってください。そして、1~2ヶ月おきに電気を流してください。

    ちょっく不完備ですけれども、以上は、歯科販売店の山本優奈まとめした超音波スケーラーのメンテナンス注意事項です。不完全ですが、ご補充が大歓迎です。製品についてご興味がある方はhpへお越し下さい。そして製品に関する質問がある場合は、お問い合わせセンターをご利用ください。