これは大丈夫? 気になる妊娠6週目の症状

妊娠6週目の症状で、早い人は妊娠に気付いている頃です。人によっては6週目から後に気がつくこともあります。
この頃によく見られる症状で心配のないものと早めに受診した方がいいものをまとめてみました

view2527

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠6週目によく見られる症状

  • 予定より月経が遅れて妊娠したかも?と思うのがちょうどこの頃です。
    この時期は胎児のからだも日々作られています。
    そして、つわりなどの諸症状も感じるようになります。

  • 熱っぽいと感じることが続く

     

    熱っぽいと感じることが増えます。
    熱を測ると微熱がある状態です。
    そのため、風邪をひいたと勘違いすることも・・・

  • 理由もなくイライラする

     

    急速に変化していく体の変化やそれに伴って現れる体の不調にママの心が追いつかなくなっていることが原因です

  • トイレの回数が増える

     

    妊娠により腎臓の機能が高まること、同時に大きくなっていく子宮が膀胱を圧迫するようになるためトイレに行く回数が増えてきます。

  • つわりが始まる

     

    吐き気・胃の不快感といった典型的なつわりの症状が出始めます

    ・吐きつわり(とにかく吐く、気分が悪い)
    ・食べつわり(お腹が空くと気分が悪くなってしまう)
    ・においつわり(それまで平気だった匂いがダメになる)

  • ちゃんと寝ていても眠くなる

     

    緊張感があるはずの仕事中でも眠くなるほど。
    どうにも抗えない眠気なんです

  • 午前中昼寝して、夕方にも昼寝して、夜は夜で普通に寝れるほどでした。
    出典 :6週目の症状 | 妊娠のQ&A【OKWave】
  • 胸が張る・乳首が敏感になる

     

    胸が張って大きくなることがあります。
    それほど強い刺激でもないのに痛みを感じることも・・・

  • 下腹部痛

     

    大きくなっていく赤ちゃんに合わせて子宮は大きくなっていきます。
    その時に痛みが生じると言われています

    その痛みは生理痛に似ているといいます

  • 5週~6週の頃、一度だけキュ~ッと下腹部が痛くなり、うずくまって動けないほどの時がありました。
    それからも、ズキズキというかチクチクというか、 下腹部痛は常に感じていました
    出典 :6週目の症状 - 妊娠 - 教えて!goo
  • 頭痛がする

     

    妊娠すると赤ちゃんを育てる体になるためにママの体のホルモンバランスはそれまでとは大きく変化していきます

    そのため頭痛が生じると言われています

  • 突然肌荒れになる

     

    ホルモンバランスの影響です
    どんなにバッチリとケアをしていても肌荒れしてしまうときはしてしまうようです

  • 妊娠6週目の症状は体だけではありません。
    心の面でも現れる症状があります。

  • この頃には妊娠に対して、たくさんの知識を勉強した人が多いでしょう。そして他の人と比べてることで安心を求めるのですが、逆に不安になってしまうこともあるのです
    出典 :妊娠6週(6w) e-妊娠
     

    この時期はまだまだ心拍が確認できないことが多いのですが、そのことで不安を感じてしまう妊婦さんも多いようです

  • 軽いうつ状態になることも・・・

     

    マタニティーブルーとは少し違いますが、これからのことや周囲のことに不安を感じて軽いうつ状態になってしまうこともあるようです

    体だけではなく心もママになるために変化していっている証です

  • すぐに病院を受診するか連絡するかした方がいい症状

  • 下腹部痛やお腹の張り

     

    心配のない下腹部痛もありますが、中にはそうでないものも・・・

    こういった症状が現れたら必ず1度はかかりつけの医師に相談するようにしましょう

  • 多くの場合、下腹痛をともないます。流産には、胎児(たいじ)側に原因がある場合も少なくありません。その場合には、治療によって流産をくい止められないこともあります。また、出血がほとんどみられない流産があることも、知っておかなければなりません。
    出典 :妊娠中の注意すべき症状と対策 とは - コトバンク
  • 出血は場合によっては要注意

     

    出血してもそのすべてが心配なものというわけではありませんが、中には心配なものもあります。
    必ず受診するようにしましょう

  • あわてて受診したところ、流産につながることもあるので安静にとのことでした。
    確か私の場合も、もっと出血するようだったらすぐに来院してと言われました。
    出典 :妊娠6週目で出血 : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  • まったく食べられない、水分補給できない

     

    つわりが原因で食べられず、水分補給もできなくなってしまうケースもあります。
    このようなときも早めにかかりつけの医師に相談しましょう

    必要であれば点滴などの処置をしてもらえるはずです

  • 少しでも不安を感じたらかかりつけのお医者さんに必ず相談しましょう。

    すぐに行かなくても、気になる症状が現れた時点でまずは電話で相談してみるのもいいと思います。
    ひとまず電話で相談して医師の指示を仰ぐ、というのもいい方法です。