こんなサインを見逃さないで!関節リュウマチの症状

こんなサインが出たら初期症状かも?!関節リュウマチの症状に注意しましょう。関節リウマチは、全国に70〜100万人の患者数を数え、30〜50代の女性に好発します。全身の関節にこわばり、痛み、はれを生じ、進行すると関節が壊れます。 非常に痛みを伴う病気で、身体を思うように動かせなくなります。

view234

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 気づきのきっかけは朝の手指のこわばりや長く続く倦怠感
    30~60歳代の女性に多い原因不明の関節炎は、早期診断・早期治療が決め手
    出典 :関節リウマチ 初期症状を見逃さないで! - goo ヘルスケア
  • お年寄りの病気と思われがちですが、実際にははたらき盛りの30~40歳代からの発病が多く、家事や仕事に多忙な年代だけに、患者さんの悩みも大きいのが現状です。
    出典 :リウマチの原因・治療方法:リウマチとはどんな病気?|リウマチの情報ポータル|参天製薬
  •  

    関節リュウマチとは、関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されてしまい、関節の機能が損なわれてしまいます。放っておくと関節が変形してしまう病気です。特徴としては、関節は腫れ、激しい痛みを伴います。関節を動かさなくても痛みが生じます。

  • 関節リウマチは、免疫の異常により関節の腫れや痛みを生じ、それが続くと関節の変形をきたす病気です。関節リウマチを治療することで、炎症や痛みを最小限に抑え、毎日の生活を快適にすることができます。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|関節リウマチ
  • 関節リウマチは、すべての人種・民族にみられ、日本における頻度は約0.6%と言われています。
    出典 :市立御前崎総合病院 » リウマチの症状
  • 関節リウマチは死に至る病気ではありません。早期治療ができれば2~3年で治癒できます。しかし油断していると一生付き合わなければならない厄介な病気でもあります。
    出典 :関節リウマチの症状と治療
  • 関節リュウマチの症状について

  • 「関節の痛みや腫れ」、「だるい・疲れやすい」、「朝のこわばり」が特徴的な症状です
    出典 :症状について | 関節リウマチとは | 関節リウマチの新しい選択肢 | ゼルヤンツ.jp
  •  

    関節リュウマチの症状は、特に初期段階では、「朝の手指のこわばり」です。朝、目覚めたときに、両手指の関節がこわばって動かしにくく、それが1時間以上も続きます。やがては痛みをひきおこし、腫れもみられるようになります。それが手指だけでなく、徐々にほかの関節にも及んでいきます。それに伴い、疲労感や微熱、食欲不振、体重減少などの全身症状を伴うことも。
    もし、少しでも気になるなら早めに医師に相談しましょう。早期発見が決め手です。

  • 炎症がおこりやすい関節を上からみていくと、首、肩、ひじ、手首、手指、股関節、膝、足首、足指などです。しかも多くの場合、左右両方に炎症がおこるのが特徴的で、腫れてうずくような痛み(疼痛)があります。
    出典 :関節リウマチ 初期症状を見逃さないで! - goo ヘルスケア
  • 関節リュウマチの症状。初期の特徴について

  • ①朝、起きたときに手足がこわばる

     

    初期の症状には「朝のこわばり(morning stiffness)」と呼ばれる症状がでてきます。朝起きてから、手をにぎることが困難であり、こわばっているのです。こわばりは、日によって違う場合があります。何も握ることができない、なんていうこともあります。1時間以上も続くこわばりであれば、関節リュウマチの症状かもしれません。

  • 「朝に関節のこわばりがあるかどうか」をうかがいます。関節リウマチの最大の特徴は朝起きてから1時間くらい、「朝のこわばり」がでることです。普通、重いかばんなどを持った後はしばらく拳が開けなくなったりしますが、それと似た感覚です。
    出典 :(4)症状 朝のこわばり有無重要(リウマチ膠原病内科) | 診療部門・診療支援部門 | 札幌病院 | NTT東日本
  • ②手足がチクチクと痛んだり、しびれたりする

     

    関節の炎症に伴って、腫れと痛み、発熱なども出るときがあります。関節リュウマチの症状が進行すると関節の軟骨や骨が破壊されて、関節が脱臼したり、変形などが生じるようになります。関節が破壊されると、日常生活や家事、仕事に支障が出て介助が必要になるなど、生活をする上での機能障害となってしまうのです。

  • 関節に起こる炎症がもたらすつらい痛みや腫れ、関節の変形を特徴とする病気です。また、微熱やだるさ、食欲不振などの全身の症状に悩まされることもあります。
    出典 :関節リウマチ|患者さん・ご家族の皆さま|田辺三菱製薬株式会社
  • ③左右複数の関節が痛む

     

    関節リュウマチの症状は、こわばりや痛みがありますが、これが左右対称にあわられます。

  • 関節リウマチの関節症状に関しては、一般的に多発性で左右対称と言われています。また、手指の第2関節や手の甲、手関節など、小さい関節から症状が出てくることが多く、その後、膝や肘など次第に大きな関節に症状が進むパターンが一般的です。
    出典 :QA症状 of 関西医科大学附属枚方病院 リウマチ・膠原病科 HP
  • ④全身の疲労感、微熱、食欲不振が続く

     

    手足のこわばり、痛み以外の、関節リュウマチの症状は、微熱が継続したり、全身の倦怠感、顔色が悪かったり、食欲不振や体重の減少、何となく気分がすぐれない、汗をかきやすい、理由もなくイラつく、手足が痺れる、力が入らない感じがするなどといったものが挙げられます。しかしこれらの症状には、関節リウマチの特徴を感じさせるものは、ほとんどありません。

  • なんとなく微熱が続いたり、体がだるくなったり、食欲がわかなかったりと、風邪を引いたような感じになります。この段階で関節リウマチを疑える方はほぼいないと思います。風邪を引いたのかもと思ったり、疲れがたまっているのだろうかと思う程度になるでしょう。
    出典 :関節リウマチの症状について|リウマチの知っておきたい基礎知識