診断がつき難い!?「微小血管狭心症」とは

微小血管狭心症は診断がつき難いそうなのです。どういった狭心症なのかをまとめてみたので、参考にしてくださいね

view681

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 微小血管狭心症とは

  • 狭心症は心筋に血液を供給している冠動脈が狭くなり十分な血液が送れなくなった時に生じます。これには従来、血管内にプラークといわれる脂分が蓄積して狭くなる労作性狭心症と血管はきれいだけど血管が「けいれん」して狭くなる冠れん縮性狭心症の2種類がありました
    出典 :微小血管狭心症
  • これらはいずれもニトログリセリンが有効なことから、これまでニトロがきかない胸痛は狭心症ではないと考えられ、心臓神経症とか肋間神経痛と診断されることもありました。 ところが第3の狭心症としてニトロがききにくい微小血管狭心症の存在が知られています
    出典 :微小血管狭心症
     

    これが微小血管狭心症ですね

  • 冠動脈造影で見える冠動脈は本幹が3mm程度、小さい枝で0.3mmですが、それ以下の細かい心臓の筋肉の中を走る血管に痙攣が起こるものです(図1)。微小血管狭心症は大きな血管が詰まるわけではないので、命には直接かかわりませんが、なかなか診断がつかず病院を転々とする方もあります。
    出典 :微小血管狭心症
  • 冠動脈

     

    画像の白い部分が冠動脈ですが、枝分かれを繰り返し微小血管となっているのがわかるでしょうか?小さくて細い血管となって心臓の筋肉に血液を送る力が小さくなってしまっているのです

  • 原因は

  • 女性ホルモンのエストロゲンには血管を広げる働きがあります。更年期になるとエストロゲンが減少するため、血管が収縮しやすい状態になります。このためストレスが加わったときなどに心筋の細い血管が収縮して、胸痛を起こすと考えられています。
    出典 :微小血管狭心症 | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学
  • 狭心症の治療で一般的に使われるニトロ製剤の有効性が低いことも、「狭心症でない」と考えられがちな原因の一つです。ニトロ製剤はある程度以上の太さのある結果には作用しますが、微小血管狭心症に関係の深い細い血管には作用しにくいことが、この原因として推察されています。
    出典 :微小血管狭心症 | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学
     

    このようなものが原因で診断がつき難いのです

  • 更年期に近づいている女性は注意!

  • 更年期にさしかかっている40代~50代の女性に多いと言われていて、凡そ1割の人が微小血管狭窄症を経験すると言われています。
    出典 :微小血管狭心症:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    これが引き起こされる原理は女性特有のホルモンにありました

  • 閉経期を迎える女性は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが減少する為、血管が収縮しやすい状態にあります。その状態の元で過度なストレスなどを受けて血管を収縮するような状況に置かれると発作的に症状が起こります。
    出典 :微小血管狭心症:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    女性ホルモンの減少で引き起こされるのです

  • 閉経に近づくにつれ

     

    女性ホルモンの分泌は少なくなっていきます。閉経後の女性ホルモンの減少にともない、発症してしまう例があとを絶ちませんが、なかなか特定できずに病院を転々とする事もあります。可能性としてしって起きましょう

  • 治療

  • 血管拡張薬のなかのカルシウム拮抗薬が有効な場合が多いです。へルベッサーやワソランという薬を使用します。また、ニトログリセリンが有効な場合はこれも併用します。
    出典 :微小血管狭心症
     

    ニトログリセリンが効かない場合が多いので注意しておきましょう

  • 検査で異常がないと診断されても胸痛が続くような場合は、塩酸ジルチアゼム(商品名ヘルベッサー)やベラパミル(商品名ワソラン)などのカルシウム拮抗薬を試して効果があるか調べます。
    出典 :微小血管狭心症 | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学
  • 確実な予防法は、見つかっていないので、ストレスや過労を避けること、血流の悪化を促進するような冷えの改善や適度な運動を行うこと、新陳代謝の流れで大切な睡眠をシッカリととるなどの生活面での工夫が大切になります。
    出典 :微小血管狭心症:病気と症状 治療 原因 予防の辞典