ビタミンB12が減ると不健康なダイエットに!?

四肢がマヒする可能性だけじゃなく
末梢神経障害なども起きる可能性があるのです☆

view212

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ビタミンB12

  • ビタミンB12とは、悪性貧血の予防や神経機能を正常に保つ働きなどを持つ栄養素である。一日に必要な成人の推定平均必要量は、2.0μg(推奨量2.4μg/日)である。 普段の食事から十分摂取することが可能であり、欠乏することは少ないが、高齢者や極度のベジタリアンは欠乏する可能性があると言われている。
    出典 :【ビタミンB12】 一日の必要量と効果や欠乏症/含有食品 | ダイエットSlism
  • ビタミンB12は葉酸とともに、細胞の分裂・分化には欠かせない遺伝子を構成する核酸の合成に関わっています。ビタミンB12は赤血球を作る脊髄や胃腸の粘膜など細胞分裂の活発な組織で活躍するため、欠乏すると赤血球の成熟に異常をきたす悪性貧血や、消化器官にも障害を起こします。
    出典 :ビタミンB12の効能
  • 欠乏と基準

  • ビタミンB12が不足すると、赤血球に支障をきたし、悪性貧血を引きおこします。悪性貧血の症状は、頭痛、めまい、吐き気、動悸、息切れ、食欲不振などです。
    出典 :【ビタミンB12】 - 食品と欠乏
  • ビタミンB12が欠乏すると、四肢が麻痺し、進行すると歩行も困難になる末梢神経障害や、身体の発達が遅れる成長遅延、悪性貧血が起こる。この栄養素が欠乏しやすい人は、ビタミンB12が上手く体内に吸収されない人や、不健康なダイエットをしている人、胃を摘出している人などである。
    出典 :【ビタミンB12】 一日の必要量と効果や欠乏症/含有食品 | ダイエットSlism
  • 通常であれば小腸から取り込まれ、胃で分泌されるたんぱく質によって吸収されるようになっている。しかし、胃を全て摘出した人はそれが分泌されないため、ビタミンB12の吸収が行われず、欠乏が心配される。
    出典 :【ビタミンB12】 一日の必要量と効果や欠乏症/含有食品 | ダイエットSlism
     

    胃摘出はリスクが伴うのですね!

  • 菜食主義者

     

    菜食主義者 もビタミンB12が不足しやすくなります!
    ビタミンB12が基本的に動物性食品にしか含まれていないため
    です!この場合は味噌や納豆などの発酵食品から摂取する方法もあります
    ビタミンB12は、余分に摂取しても吸収に必要な内因子の分泌量の範囲内でしか吸収されないため、過剰症の心配はありません

  • 1日の摂取量の基準
    成人男性 2.4μg、成人女性 2.4μg
    出典 :【ビタミンB12】 - 食品と欠乏
  • エネルギー代謝

  • エネルギー代謝

     

    エネルギー代謝経路であるクエン酸回路を構成するスクシニルCoAはイソロイシンやバリン、メチオニン、奇数鎖脂肪酸などから生成されます
    その生成に関与する酵素であるメチルマロニルCoAムターゼの補酵素としてビタミンB12はエネルギー代謝に関わります!

  • ビタミンB12はレチシン(ホスファチジルコリン)の代謝にも関与します。レチシンは肝臓での脂質代謝や脂質の運搬、リン酸基の供給源などの役割を担います。
    出典 :ビタミンB12の効能
  • おすすめ

  • ビタミンB12はこんな食品に含まれています

     

    魚介類 かつお、さんま、のり、すじこ、貝類など
    肉類 レバーなど
    乳製品 チーズなど
    その他 もやし、納豆
    などです!

  • こんな方におすすめ
    ○貧血でお悩みの方○生活習慣病を予防したい方○妊娠中・授乳中の方○睡眠でお悩みの方
    出典 :ビタミンB12 | 成分情報 | わかさの秘密