改善に努めよう!「妊娠しにくい身体」とは

「妊娠しにくい身体」をしって、妊娠しやすい身体に変えていこう!

view226

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠しにくい身体は

  • 一般的には、太っていると妊娠しにくいと言われています。ただし、見た目が太っているということではなくて、妊娠しにくいのは内臓脂肪がついている方、いわゆる隠れ肥満の方が妊娠しにくいのです。
    出典 :太っている人は妊娠しにくい?
     

    肥満が関係している場合があります

  • 冷え性になると妊娠しにくくなると言われていますが、多くの女性は冷え性に悩んでいるものです。また、不妊症の女性に多いのは、36℃以下の低体温症だというデータもあります。
    出典 :妊娠しにくい体質
     

    冷えは万病の元ですよ!

  • 妊娠しやすい身体を作ろう

  • 体を締め付ける矯正下着やガードル、ジーパンなどは、血行の流れを妨げます。現代では肌を露出するファッションが流行ではありますが、妊娠したい場合に行う不妊治療などでは、体温調節というのはとても重要になってきます。
    出典 :不妊に効果のある生活改善法
     

    冷えの改善に努める必要がありそうですね

  • 仕事が忙しくても適度な運動をするようにして、汗をかくことやぬるま湯のお湯につかることを心がけ、身体をリラックスしさせ体温と自律神経の調節をしましょう。
    出典 :不妊に効果のある生活改善法
     

    エアコンで体が冷えないようにしっかりと考えなければいけません

  • 5分だけでもいいので、体の力をすべて抜いて無理にでもくつろいでみてください。視覚や聴覚など体の機能を少しでも休ませることで、かなりリラックス出来るはずです。
    出典 :ストレス対策
     

    リラックスできるようにするのも不妊治療となりますね

  • 私たちが健康であるために必要な睡眠時間は、1日7時間程度の睡眠が必要といわれています。女性ホルモンの分泌に大きく関わる成長ホルモンは、睡眠中に70%分泌されるといわれています。特に22時~2時の間に良い睡眠がとれると、ホルモン分泌を促し自律神経を整えることができるのです
    出典 :不妊に効果のある生活改善法
     

    出来るだけ早めに就寝する必要がありそうです

  • 体重管理をしよう

  • 妊娠したいのに肥満になることで、妊娠しにくい体になります。BMIが25以上になると、男性は精子の質が低下します。女性は肥満になることで、卵巣からのホルモン分泌をおさせ、妊娠しにくい体になります。妊娠したい方法として、標準体重に体重を近づけることによって、妊娠しやすい体へと改善されます。
    出典 :不妊に効果のある生活改善法
  • 不妊にならないように

     

    対策をしっかり行ってみましょうね