【美容食品】夏バテに最適!うなぎの美容効果とは?

うだるように暑い夏! なんとか元気に乗り切りたい時は、やっぱり精のつくうなぎが一番ですよね。そんなうなぎの美容効果、知ってます?

view167

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏、うなぎが美味しい!

  • うなぎ屋から商売の相談を受けた平賀源内が、昔から「丑の日」に「う」の付く食べ物を食べると夏やせしないと言われていた事から「本日は丑の日」と書いて店先に看板を出すよう勧めたところ、その「うなぎ屋」がたいへん繁盛したので他のうなぎ屋も真似をするようになった。といわれているのは有名なお話です。

    「暑い日が続く夏に元気が出るようにうなぎを食べる」
    これは、栄養素が豊富なうなぎだからこその習慣ともいえるでしょう。
    出典 :うなぎの栄養は?
  • 土用の丑の日にうなぎを食べるのは、こんな理由があったからなんです。意外と皆知らないでしょう?

  • 知っておくべき!うなぎの美容効果とは

  • うなぎは、食べて美味しいだけじゃないんです。美容に良い栄養素がたっぷり詰まっています。

  • ビタミンA

  • 表皮の新陳代謝を活発にするので、なめらかでキメの細かい肌になります。また、皮脂の分泌を抑え、角質層にヒアルロン酸を増やすので、しっとりした肌になります。さらに、真皮のコラーゲン、エラスチンの生成を促して、肌にハリを与えます。 なお、「ウナギ」に含まれるビタミンA(レチノール)は、にんじんやピーマンなどの緑黄色野菜に含まれる同じビタミンAの一種のカロチンに比べて7倍の効果があり、体内への吸収率が高く、効率よくビタミンAを摂取することができます。
    出典 :滋養強壮だけではない、ウナギの美容効果とは?
  • ビタミンB群

  • ビタミンB1:アルコールや甘いデザート、ご飯やパンなどの炭水化物といった糖類をエネルギーに変化させます。ダイエットに不可欠なビタミンです。

    ビタミンB2:美容のビタミンといわれ、皮膚の新陳代謝を正常にし、皮膚や粘膜の健康維持し、抵抗力をつけます。
    出典 :滋養強壮だけではない、ウナギの美容効果とは?
  • ビタミンE

  • ビタミンEは、抗酸化作用があり細胞の老化を防止する働きがあるされています。お肌の潤いを保つ美肌・美容効果、生活習慣病の予防効果などがあります。
    出典 :うなぎは栄養豊富な究極の美容食!
  • 他にも・・・

  • 美肌力を持つビタミンB2、B6、B12やカリウム、カルシウム、鉄、亜鉛、葉酸、
    DHA(ドコサヘキサエンサン)、EPA(エイコサペンタエンサン)などが含まれています。
    出典 :意外に低カロリー?!うなぎでプルプル肌! [美容食・インナービューティー] All About
     

    うなぎ単体で、非常に多くの美容に良い栄養を摂取できるのです。

  • うなぎはカロリーも低い

  • 蒲焼100gで約293Kcal、白焼き100gで約331Kcalです。
    出典 :意外に低カロリー?!うなぎでプルプル肌! [美容食・インナービューティー] All About
     

    ウナギは蒲焼きにするとしっかりアブラが落ちるので、意外とヘルシーにいただける食材なのです。

  • 天然もののうなぎは量が減り、価格も高騰していますが、それでも年に一度は食べたいですよね。慣習的に食べるだけでなく、美味しいから食べるだけでもなく、美容にも良いから食べる! と食べる理由が増えるので嬉しい限りです。