白内障のメカニズムと治療

白内障と言えば高齢者の病気と思われがちですが、様々な要素が絡み合って発症しますので若年層でも中年でも発症する可能性が有ります。

view708

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 白内障とは

  • 白内障とは

     

    白内障とは、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。水晶体とは、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。

  • 白内障の種類

     

    白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。

  • 加齢性白内障ー加齢
    全身疾患に合併する白内症ーアトピー性皮膚炎、糖尿病 など
    先天性白内障ー風疹 など
    外傷性白内障ー目のけが など
    併発白内障ーぶどう膜炎 など
    出典 :白内障の種類と原因|白内障|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
  • 白内障の症状

     

    通常は透明な組織ですが、白内障では白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなり、次のような症状が引き起こされます。

  • ・視界が全体的にかすむ
    ・視力が低下する
    ・光をまぶしく感じる
    ・暗いときと明るいときで見え方が違うなど
    出典 :白内障の症状|白内障|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
  • 白内障の検査

     

    白内障は短時間の手術で治療が出来るようになってから、
    怖い病気とのイメージが少なくなりました。

  • 視力検査
    裸眼での視力とメガネ(コンタクトレンズ)で矯正した視力を検査します。メガネを掛けての矯正視力がよくない時は、 白内障や眼底の病気の可能性があります。
    出典 :白内障|眼科での白内障の検査とその内容
  • 眼底検査
    眼底検査では、瞳孔から眼球の中を覗いて、視神経や網膜、硝子体の異常を検査します。白内障と眼圧は、あまり関係ありません。ですが、過熟白内障などでは、水晶体がふくらんで緑内障を起こすことがあり、すぐに手術が必要です。中高年から多くなる緑内障の発見の為に欠かせない検査です。
    出典 :白内障|眼科での白内障の検査とその内容
  • 直像眼底検査
    目の前数センチの位置から光源を内蔵した直像鏡で光を入れて眼底を除く検査です。直像眼底検査では、視神経乳頭のあたりを詳しく観察出来ますが、眼底全体を検査することは出来ません。
    出典 :白内障|眼科での白内障の検査とその内容
  • 倒像眼底検査
    目の前に凸レンズを置き、光源を内蔵した倒像鏡で50センチくらいの所から医師が光を入れて眼底を検査します。この倒像鏡では、より広範囲の像が得られ、 眼底の周辺部も検査することが出来ます。
    そのため、網膜剥離や眼底出血などが発見出来ます。
    出典 :白内障|眼科での白内障の検査とその内容
  • 細隙灯顕微鏡(さいげきとうけんびきょう)検査
    細隙灯顕微鏡に高屈折力の凸レンズや隅角レンズを併用して眼底検査をします。眼の構造的な異変を発見するのに必要な検査です。この検査で、白内障の場所や進行具合が判ります。白内障の進行程度や種類によっては、手術内容が異なる場合があるので、大切な検査です。 白内障の進行を調べるほかに、隅角も調べます。隅角とは、厚さ0.5~1ミリの透明な膜で、フィルターとレンズの役割をしています。
    出典 :白内障|眼科での白内障の検査とその内容
  • 屈折検査と角膜形状解析検査
    屈折異常(禁止・遠視・乱視)があるかどうかを検査します。メガネやコンタクトレンズの処方や、白内障手術で眼の中に人工レンズを入れる場合には、角膜の湾曲の度合いを測ります。
    出典 :白内障|眼科での白内障の検査とその内容
  • 前房隅角検査
    プリズムが付いている隅角鏡を使って、隅角の形や状態を検査します。
    出典 :白内障|眼科での白内障の検査とその内容
  • 治療と予防

  • 白内障の治療

     

    白内障の治療として、点眼薬や飲み薬もありますが、ごく初期の白内障をのぞいて、水晶体の混濁を透明にするほどの効果はありません。

  • あってもせいぜい進行を遅らせる程度で、しかも毎日使い続けなければなりません。このように、くすりの効果が不十分なので、白内障の治療は手術療法が中心になっています。まず、混濁した水晶体を取り除きます。現在では、95%以上の患者さんで、数ミリの穴から器具を挿入し、器具から超音波を出して水晶体を砕いてシャーベット状にして吸い出す、「超音波白内障乳化吸引術」という方法で混濁した水晶体を除去しています。
    出典 :白内障の治療 - 東京逓信病院
  • このときに、水晶体を包んでいる袋(「水晶体嚢」)の後ろの部分(「水晶体後嚢」)を残しておきます。さて、混濁した水晶体を取り除いてもすぐには視力が回復しません。それは、水晶体というレンズがなくなってしまうために、網膜にピントが合わなくなってしまうからです。そこで、現在の白内障手術では、混濁した水晶体を取り除いたあと、直ちに残しておいた水晶体後嚢の袋の中に人工のレンズ(「眼内レンズ」)を挿入して手術直後から視力が改善するようにしています。
    出典 :白内障の治療 - 東京逓信病院
  • 手術が終わったら、眼帯をして、局所麻酔の場合は車椅子で病室へ戻ります。術後の痛みはほとんどなく、あってもゴロゴロちくちくする程度です。 手術翌日の朝から眼帯をはずし、「当て金」と称する穴の開いた金属板を目を保護する為に使っていただきます。穴を通してものを見るのは自由です。念のために当て金は退院後最初の外来診察時までお使いいただきます。
    出典 :白内障の治療 - 東京逓信病院
  • 白内障の予防

     

    白内障の予防には、眼の老化を遅らせるためにも抗酸化作用の強いポリフェノールやルテイン、ビタミンC、ビタミンEなどを積極的に摂って、白内障を予防しましょう。

  • また、白内障は紫外線などの影響が原因とも言われておりますので、目が健康な時期からの紫外線対策・白内障予防としてサングラスをかけることをオススメします。
    出典 :白内障の症状・原因・予防・治療|白内障|目の病気・症状 チェック
  • 白内障の予防方法(抗酸化・光・紫外線・放射線・ブルーベリー・ルテイン) - YouTube