子宮がんワクチンで認知症になるってホント?

子宮がんワクチンで認知症になる事例が報告されているようです。それは本当なのか?本当ならなぜ?

  • MUMMY 更新日:2014/06/26

view130

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    子宮頸がんワクチンの問題について知っていますか?

  • 子宮頸がんとは?

  • 子宮頸がんの原因は、性交によって感染するヒトパピローマウイルス(HPV)であることがほぼ明らかになっています。そしてもし感染して、子宮頸がんに進展するとしても、子宮頸がんになるまでは通常、数年~十数年という長い時間がかかります。
    出典 :子宮頸がんワクチンと検診について|子宮頸がん|ドクター's コラム|eo健康
     

    長い年月をかけてがんになるもの。

  • 子宮頸がんは初期の頃にはほとんど症状のないことが多いですが、生理のとき以外の出血や性行為による出血、おりものの増加などが見られることがあります。また、進行した場合には、足腰の痛みや血の混じった尿が見られることもあります。
    出典 :子宮頸がん予防ワクチンQ&A|厚生労働省
     

    自分の体の状態は常にチェックしておいたほうが良さそう。
    前と違うことはありませんか?

  •  

    この部分にガンが発症するようです。

  • 予防ワクチンはいつ打つ?

  • 子宮頸がん予防ワクチンは、3回の接種が必要です。
     法に基づく標準的な接種は、中学1年生となる年度に、以下のとおり行うこととなります。

    サーバリックスについては、1回目の接種を行った1か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種を行います。
    ガーダシルについては、1回目の接種を行った2か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種を行います
    出典 :子宮頸がん予防ワクチンQ&A|厚生労働省
     

    なんと、基本的には中学1年という早い時期から行うことになっている!

  • 子宮頸がん予防ワクチンの副作用

  • 子宮頸がん予防ワクチン接種後に見られる主な副反応として、発熱や接種した部位の痛みや腫れ、注射による痛み、恐怖、興奮などをきっかけとした失神などが挙げられます。
    出典 :子宮頸がん予防ワクチンQ&A|厚生労働省
  • 子宮頸癌ワクチンにおいては、一般的なインフルエンザワクチンより2ケタも多い重症副作用の報告例があるのだ。
    それもアナフィラキシーのように一時的で回復可能なものなら助けられるが、そうではなく、長く続き回復し難く、治療法もないような副作用。
    アメリカでも、日本の治験でも、発売後でも、変わらず発生し続けている。
    出典 :子宮頸がんワクチンひどい副作用:それでも注射したいからくり
     

    重症な副作用が起きるかもしれない!

  • ちょっとまって!子宮頸がんワクチンうける前に - YouTube

     

    ワクチンについて解説されています。

  • 認知症になるってホント?

  • ワクチンに含まれるアルミニウム物質が原因で、体の免疫力が暴走し、脳細胞を破壊しているのではないかと思われます。ワクチンの副作用で、加齢によるぼけやアルツハイマーの記憶障害と同様な症状になってしまったのでしょう。
    出典 :子宮頸がんワクチン薬害の19歳女性 症状悪化で親の顔忘れる - ライブドアニュース
     

    副作用だった!

  • 認知症になったのは一事例のようですが、重篤な副作用が現れる可能性があるようです。
    本当に接種が必要なのか、よく考えてからの方が良いですね。