”誰にでも”起こりうるもの…早期流産の手術内容・費用について

誰にでも起こる可能性がある早期流産の手術についてまとめています。早期流産の手術はどんな目的で、どのように行われるのでしょうか。

view309

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期の流産は”誰にでも”起こりうる

  • 妊娠初期の流産は、赤ちゃんに運悪く異常があった場合に起きるもので、誰でも10-15%の確率で起こります。
    出典 :流産について
  • 決して、無理したからとか、子宮が悪いから起きるものではありません。精子と卵子が受精して育っていく過程には、いろいろなトラブルが自然に起きるからです。
    出典 :流産について
  • 早期流産は決して珍しいことじゃない

     

    流産というのは本当に辛いものです。しかし妊娠初期の早期流産は決して珍しいことではありません。早期流産の手術の目的や内容、費用についてご紹介します。

  • 流産手術の目的

  • 絨毛組織を完全に取りのぞき、排卵再開を促し、次の妊娠に備えることが流産手術の目的になります。
    出典 :流産手術|1/2
  • 次の妊娠のために行う手術

     

    ”絨毛組織”という母体と胎児の物質の交換の場となる部分が残っていると、hCGというホルモンの分泌が持続し次の排卵、妊娠ができません。流産の手術は次の妊娠のために行う手術です。

  • 早期流産手術にかかる時間

  • 手術としては15分程度で終わるもので術後も痛みや出血はほとんどありません。
    出典 :流産 手術 費用
  • 早期流産手術にかかる費用

  • 流産手術の場合の費用は3万円から4万円ほどです
    出典 :流産 手術 費用
  • 手術費用の保険適用

  • 手術は保険適用内となるので自己負担額も少なく、また生命保険などに加入していれば手術費用の支払い対象となっているケースが多いようです。
    出典 :流産 手術 費用
  • もし保険金がおりるということであれば、次の妊娠に向けての準備に使用したり、精神的な回復を促すための費用として用いて欲しいものです。
    出典 :流産 手術 費用
  • 手術は保険適用

     

    早期流産の手術は保険適用となるようです。もし加入している生命保険からお金が降りる場合は、次の妊娠のためにそのお金を使いたいですね。

  • 手術後は安静に

  • 1週間ほどの安静が必要で、その後徐々に活動量を増やしていくことが出来ます。
    出典 :流産 手術 費用
  • 休養できる時間をしっかりと休養して精神状態を安定していかなければなりません。
    出典 :流産 手術 費用
  • しっかりと精神を保つことが大切

     

    手術自体はすぐに終わりますが、術後1週間は安静が必要になります。また辛い時期ですが、マイナスな気持ちは次の妊娠に悪影響を及ぼしてしまいます。早期流産した場合はしっかりとした精神を保つことも大切になってきます。

  • おわりに

  • 新しい命を迎える準備期間

     

    早期流産手術の目的や費用についてご紹介しました。誰にでも起こる可能性がある早期流産。一度辛さを受け止めた後は、次の命を迎えるための準備期間にしたいですね。