帯状疱疹予防ワクチン

予防と治療。発生状況。水痘ワクチンが役に立つかもしれないという情報も含めました。

  • S 更新日:2014/03/15

view221

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 発症しないための対策

  • 帯状疱疹を早期発見するポイント
    ・最初に痛みがあり、4~5日後に発疹が出る
    ・片側だけの発疹が出る
    ・帯状に発疹が出る

  • 帯状疱疹

     

    3人に1人はかかる身近な病気。
    15年以上前に比べると4割も増加しています!

  • 重症化すると神経が傷つきます。
    更には痛みが残り、顔面麻痺まで進行してしまうという恐ろしい合併症もあります。

  • 帯状疱疹にならない対策は、水疱瘡のワクチン接種です。水疱瘡ウイルスと、帯状疱疹ウイルスは同じ。水疱瘡ワクチンを打つ事で、帯状疱疹の免疫力が上がるといわれています。保育士さんは年齢問わず免疫力が強い事も判明。水疱瘡の子と接し、体内に水疱瘡のウイルスが入ると、免疫細胞が増えるため帯状疱疹にかかりにくいです。
    出典 :3人に1人が発症!帯状疱疹(ほうしん)|NHK あさイチ
     

    費用は、任意接種のため1万円程度だそうです。

  • RT @YabuNurse1982: 帯状疱疹患者さんに『妊婦さん、乳幼児への接触は避けてくださいね。とくに水疱瘡の予防接種が済んでいないお子さんへは』と注意喚起したら『うつるのですか?水疱瘡関係ないよね』と言われることしばしば。水瘡ワクチン大切ですよ。
     

    重大なことが囁かれているようです。

  • 水痘患者発生状況

  • 流行りだす季節は、ピンポイントで冬。
    春まで続くこともあります。
    以後、秋にかけ漸次患者数が減少するそうです。

  • VZV

     

    感染力が強く、空気感染等で広がります。

  • 1995年以降、幼児に定期接種が始まりました。
    これをきっかけに、風疹では患者が激減しました。
    一方、任意接種の水痘では多数の患者が報告され続けているとの事。

  • 予防と治療

  • 水痘の積極的な予防法は罹患前の水痘ワクチン接種である。罹患歴や予防接種歴がなくVZVに曝露した場合、曝露後3日以内に緊急ワクチン接種する事で発症及び重症化予防が可能。健康保険適用はないが、曝露後予防に抗ヘルペスウイルス薬のアシクロビルやバラシクロビルが使われる場合もあり、海外では水痘・VZIGも使用される。
    出典 :IASR 34(10), 2013【特集】水痘・帯状疱疹とそのワクチン
  • RT @narumita: 海外に行く前の準備として、トラベルワクチンを接種する人が増えていますが、乳幼児期にすませておくべきワクチンをしたかわからない方がいます。母子手帳で確認するか、不明な場合は念のために接種を。

    麻疹だけでなく、風疹、水痘が常時流行してる国もまだあります…
     

    海外へ行く時は要注意ですね。

  • 水痘ワクチンを帯状疱疹の発症予防になる!

  • 水痘ワクチン

     

    水痘ワクチンは日本で開発された生ワクチンです。

  • 水痘の感染からある程度の期間が経つと、 徐々にウイルスに対する細胞性免疫が低下し、そのためにウイルスの再活性化が起こるのでは、と考えられています。これがもし事実であれば、 細胞性免疫が低下しないように、ワクチンの接種を定期的に行なうことにより、 帯状疱疹の発症が予防出来る、という理屈になります。
    出典 :水痘ワクチンは帯状疱疹の再発を予防出来るのか?:六号通り診療所所長のブログ:So-netブログ