歯周病の原因ってなに?

歯のトラブルに虫歯と並んでとても多いのが歯周病です
歯周病は虫歯と違って自覚症状が乏しいために知らないうちに進行して悪化してしまうケースが非常に多いようです

view117

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯周病ってどんな病気?

  • お口の中が正しく清掃されないと、歯に汚れ(歯垢・歯石など)が付いてきます。するとこの汚れの中にいる歯周病原因菌が歯を支えている組織を壊し、歯がグラグラしてきてやがては歯が抜け落ちてしまいます。これがいわゆる歯周病と言われるものです。
    出典 :歯周病治療 | トオル歯科ケアクリニック
     

    歯周病は歯というよりは歯肉の病気なのです

  • 歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。
    出典 :日本臨床歯周病学会 一般の皆様へ 歯周病とは?
  • そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。
    出典 :日本臨床歯周病学会 一般の皆様へ 歯周病とは?
     

    歯周病は歯茎をボロボロにしてしまうのです

  • 健康な歯と歯周病の歯

     

    歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。

  • 歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。
    出典 :日本臨床歯周病学会 一般の皆様へ 歯周病とは?
     

    歯石になってしまうと通常のブラッシングでは除去できません。歯科を受診しましょう

  • 歯周病を発症・進行させる2つのリスク

  • 歯周病は、歯と歯ぐきのすき間である歯周ポケットにたまった、歯垢(プラーク)に含まれる細菌が原因となって発症します。また、「口腔内の環境」や「生活習慣」の中にも、間接的に歯周病を引き起こしたり、悪化させたりするリスクファクター(危険因子)が潜んでいます。
    出典 :歯周病の原因・メカニズム|歯周病 予防ナビ
     

    歯周病は基本的には歯に残った歯垢が原因になります

  • 「口腔内の環境」には、次のようなリスクファクター(危険因子)が潜んでいます

     

    【歯石】
    歯石には2種類あり、歯ぐきの上にできる歯肉縁上歯石と、エナメル質と歯ぐきの間にできる歯肉縁下歯石があります。

    【歯並び】
    歯並びが悪い部分は、歯磨きが不十分になりやすいため、歯垢(プラーク)が付着し、炎症が起こりやすくなります。

  • 。歯垢(プラーク)に唾液中のカルシウムやリン酸などが沈着すると歯石になります。また、この歯石にはさらに歯垢(プラーク)がつきやすいため、炎症など症状が悪化するおそれがあります。
    出典 :歯周病の原因・メカニズム|歯周病 予防ナビ
  • 【不良習癖】
    「口呼吸」や「歯ぎしり」など、くせになっている習慣が歯周病を悪化させる可能性があります。
    出典 :歯周病の原因・メカニズム|歯周病 予防ナビ
  • 【口呼吸】
    口で呼吸するくせがある場合、口の中が乾燥して歯垢(プラーク)が付着しやすくなります。また、歯ぐきの抵抗力が弱まり炎症も起こりやすくなります。
    出典 :歯周病の原因・メカニズム|歯周病 予防ナビ
     

    口呼吸だと口の中が乾燥しやすく雑菌が繁殖しやすい傾向にあります

  • 【歯ぎしり】
    歯ぎしりをしているとき、歯には強い力がかかります。そのため、歯周組織に負担がかかり、炎症が起こりやすくなります。
    出典 :歯周病の原因・メカニズム|歯周病 予防ナビ
  • 歯周病の要因になること

     

    歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
    不適合な冠や義歯
    不規則な食習慣
    喫煙
    ストレス
    全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
    薬の長期服用

  • 歯周病って治るの?

  • 現在では歯周病は、予防でき治療も可能です。 大切なのは予防、診断、治療、そしてメンテナンスです。この15年の間に、歯周治療は急速な進歩を遂げました。 以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどすことができるのです。
    出典 :日本臨床歯周病学会 一般の皆様へ 歯周病とは?
  • 歯周病の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進むことです。 痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状ありません。 これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。
    出典 :日本臨床歯周病学会 一般の皆様へ 歯周病とは?
     

    普段から歯科に定期検診に行くことが最大の予防となるでしょう