【妊娠】 気になる男女産み分けの方法と成功率

赤ちゃんは皆かわいいですが、やっぱり性別は気になるもの。でも、男女の産み分けって本当にできるものなの?産み分けの方法についてまとめました。

  • MUMMY 更新日:2013/08/17

view3214

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • そもそも赤ちゃんの性別ってどうやって決まるの?

  • 精子と卵子には、それぞれ23組の対になっている染色体があり、その中には遺伝子情報がたくさん詰まっています。髪の毛や肌の色などもそうですが、この中に性別を決める遺伝子も含まれています。そして男女どちらの子が生まれるかは、精子の中にある23組目の染色体がカギになっているのです。
    精子の23組目の染色体には2種類あります。女性になるX+X染色体(X精子)、また男性になるX+Y染色体(Y精子)です。このどちらが卵子と受精したかで、性別は決まる仕組みになっています。
    出典 :性別が決まる仕組み - gooベビー
     

    このX精子とY精子はそれぞれ異なる特徴が。その特徴にあわせて産み分け法を実践するのがキホン。

  • Y精子とは:アルカリ性に強く、寿命は24時間と短め。でも精子中の数はX精子の約2倍で、運動量も多いのが特徴です。腟内がアルカリ性に傾く排卵日ちょうどのセックスでは有利に。
    出典 :性別が決まる仕組み - gooベビー
  • X精子とは:酸性に強く、寿命が2~3日と、Y精子より長めです。腟内は酸性ですが、排卵日直前には酸性度が弱くなる傾向が。そのため排卵日2~3日前のセックスでは生きのびる確率がUP!
    出典 :性別が決まる仕組み - gooベビー
  •  

    各々逆の性質を持っているX精子とY精子。まずはこの特徴を把握しましょう!

  • 産み分けが成功できる確率って?

  • しかし、専門医が科学的に立証した産み分け法を実践しても、残念ながら100%成功するとはいえません。最近のデータをみてみると、男の子を希望した人で81~91%、女の子を希望した人で70~80%の成功率です。
    出典 :レディスクリニック石黒 (男女産み分けについて)
     

    男の子の方はかなり成功率が高いですね!女の子は産み分け法が男の子と比較すると少し難しいので成功率がちょっと落ちているようです。

  • 男女産み分けのコツは排卵日の把握から

  • 基礎体温を毎日つけることが産み分けの大前提。排卵日がわからないことには、受胎セックスをする日が決まらないので、基礎体温をつけて、排卵日をなるべく正確に予測します。3カ月ぐらい続けて測ることで、生理や排卵のリズムがだんだんつかめてくるので根気よく続けましょう。
    出典 :セックスのタイミングはきっちり正確に(1) - gooベビー
     

    後述しますが、産み分けをする為には排卵日を正確に把握することが重要です。大体ではダメなので、基礎体温を根気よく調べてくださいね。

  • 産み分けの方法は?

  • 男の子がほしい!

  • リンカルというのは、男の子の出産率を高めるために服用する栄養補助食品です。リンカルは、天然カルシウムです。
    本来は先天性異常を予防するために開発されたものですが、リンカルを飲んで新たに妊娠して生まれた子どもはすべて正常児であっただけではなく、ほぼすべてが男の子だったという結果が出ています。
    出典 :レディスクリニック石黒 (男女産み分けについて)
     

    あるデータによると成功率は9割以上とか…。

  • リンカルは毎日、2カ月以上飲み続けると効果が出てきます。1回の受胎セックスで妊娠するとは限らないので、その後も続いて次の排卵にそなえ、服用を続けてください。
    出典 :4つのステップに分かれた「産み分けの流れ」も予習しておこう - gooベビー
     

    飲み忘れてしまうと効果がなくなってしまうそうです。

  • 男の子を希望する場合は、精液の濃いほうがよいので、月経後の翌日と2日おいて1回の、2度の性交(確実に避妊)の後は受胎予定日まで禁欲(少なくとも5日間)し、当日は元気なY精子を多く射精するようにします。
    出典 :男女産み分け相談 /後藤産婦人科(長崎県大村市)
     

    旦那さんにはぐっと我慢してもらいましょう!

  • 排卵日の当日に性交する。
    この日は頚管粘液が最もアルカリ性に達しており、Y精子に好環境である。その他の日に性交を行う場合には必ず避妊する。
    出典 :杉山産婦人科 | 男の子希望
     

    「排卵日の当日」というのが重要。「このあたりかな?」ではなく、自分の排卵日をまずは把握しましょう。

  • 膣内のpHを調整:Y精子が多く生き残るようにするには、時間をかけた濃厚なセックスで、ママが何度もオルガスムスを感じ、腟内のアルカリ度を高めます。グリーンゼリーで腟内をアルカリ性に傾ける方法もアリ。
    出典 :4つのステップに分かれた「産み分けの流れ」も予習しておこう - gooベビー
     

    まったりと感じるセックスが良いらしい。

  • 女の子がほしい!

  • 排卵日の2日前に性交する。この日は頚管粘液が酸性で、X精子に好環境である。排卵までの2日間の間に、Y精子はある程度自然に淘汰される。(このため多少妊娠しにくい)その他の日に性交を行う場合には必ず避妊する。
    出典 :杉山産婦人科 | 女の子希望
     

    男の子希望と同じようにタイミングがとても重要。「排卵日の2日前」を守る為に、まずは正確な排卵日の把握を。また、排卵日ジャストのセックスではない為、そもそもの妊娠する確率が落ちる場合もあるので注意。

  • 膣内のpHを調整:X精子が生き残るには、ママがあまり感じないあっさりセックスで。ピンクゼリーで腟内を酸性に保つのも◎。
    出典 :4つのステップに分かれた「産み分けの流れ」も予習しておこう - gooベビー
     

    男の子希望とは逆であっさりセックスが良いとのこと。

  • 最後のセックスから1週間は禁欲を(女の子):受胎セックスで妊娠しなかったときのため、1週間は禁欲を。卵子の寿命は1日とされていますが、4~5日生きていたら、その後のセックスでY精子と受精してしまうことも。
    出典 :4つのステップに分かれた「産み分けの流れ」も予習しておこう - gooベビー
     

    女の子希望の場合はタイミングが難しいので、旦那さまの協力がより必要になるような感じですね…。

  • 着床前診断で性別判定も可能らしい

  • 実は現在、体外受精させた受精卵を子宮に戻す前に調べる「着床前診断」で性別を判定し、希望する性の受精卵を戻すことで、医療技術的には、男女産み分けが可能になっている。
    出典 :タイで男女産み分け 費用は150万円、年100組超の日本人利用(NEWSポストセブン) - エキサイトニュース(1/2)
     

    医療技術を使った産み分けも。個人的には倫理に反するかなとも思いますが…。

  • しかし日本では「命の選別にあたる」とする倫理的な理由から、原則的に認められていない。そこで、どうしても性別を決めて産みたい夫婦が最後にすがるのがタイの医療機関である。
    タイでも医師会の指針では認められていないが、罰則がなく、小規模な医療施設で行なわれている。費用は渡航費を含め約150万円。男女産み分けを利用する日本人夫婦は年間100組以上に上るという。
    出典 :タイで男女産み分け 費用は150万円、年100組超の日本人利用(NEWSポストセブン) - エキサイトニュース(1/2)
     

    年間100組以上のカップルが利用しているとは驚きです。特に女の子を望むカップルが多いそう。