あなたは下痢や便秘の症状が続く慢性腸炎という病気ではありませんか?

慢性腸炎は腸が常に炎症を起こしていて、食べ物の消化がされずに、腸内で発酵・腐敗した状態になっています。
暴飲暴食・ストレス・急性腸炎の不十分な治療・胃や内臓などの病気で腸が刺激されるなどが慢性腸炎の原因です。

view11838

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 慢性腸炎の症状

  • 急性腸炎と同様に腹痛や下痢が起こる場合や、便秘になる・下痢と便秘が交互に起こる・おならをする回数が多いなどの症状が見られます。

    排便には一日数回行くことが多く、軟便もあれば水様便もあるというように、便の状態が色々で、粘液や血液が混じることもある。
    こういった症状が長く続くと、どんな人でも不安になり、いらいらした気持ちから頭痛やめまいまで起こってくることもあるので、早いうちに診断を受け、適切な治療を行うことが大切である。

    出典 :慢性腸炎
  • 慢性腸炎の治療

  • 自分にあったストレス解消法を見つけ、規則正しい生活・食生活を心がけ、ゆっくり休むことが大切です。

    胃の負担になる香辛料や高脂肪食、アルコールなどは避けて、禁煙することで改善を早める手助けとなります。

    また、乳酸菌、ビフィズス菌、プロバイオティクスなどを摂取することによって、腸内環境を整えると、腸炎の改善だけでなく、下痢や便秘予防、免疫力アップ、肌荒れ解消などのメリットもあります。
    出典 :慢性腸炎
  • 慢性腸炎を防ぐには、規則正しい食生活やストレスをためない生活習慣を 心がけることが基本となる。
    出典 :慢性腸炎 医学・健康情報サイト J-Medical
     

    上手く日々のストレスを発散しましょう!

  • 例えばこんなストレス発散法

     

    ストレッチや、音楽を聴くなど
    いろいろ工夫できますね。

  • 発症した場合は、冷たいものや油っこいものは避け、消化の良く栄養がた っぷり含まれているものを少量とり、規則正しい食事時間を守ることだ。 また調理方法として、熱過ぎずつめた過ぎず、味付けも濃過ぎたり、辛過 ぎたり、すっぱくなり過ぎないようにする。
    出典 :慢性腸炎 医学・健康情報サイト J-Medical
     

    とにかくお腹に優しいものを食べることです。

  • 消化のいいものを食べましょう

     

    油はまずダメ、冷たいもの、味の濃過ぎるものも
    ダメです。
    とにかく弱ったお腹をいたわらないと。

  • アルコール、濃い茶、コーヒ ー、刺激物等は避け、睡眠を十分にとることや、タバコをやめること、食 後30分以上の休養とおなかを温め、寝冷えを防ぐことなどが大切である。 またスポーツやレクリエーション、趣味などによるストレス解消法やスト レスへの対応の仕方などを考えることも大切である。
    出典 :慢性腸炎 医学・健康情報サイト J-Medical
     

    刺激飲料は止めて、睡眠、禁煙、お腹を温めることも必要ですね。
    レクリエーションでのストレス発散もいいですね。

  • スポーツなどのレクリエーションも大事

     

    スポーツでストレスが解消されるなら、
    慢性腸炎の原因もなくなっていくわけですから、
    無理のない程度に軽くやるのはいいですね。

  • 「おなかの調子を整える」働きで知られている『オリゴ糖』は、免疫を活 性化させ、腸内細菌の善玉菌を増やし、悪玉菌(炎症の原因や発がん性物 質をつくりだしたりと、マイナスに作用する有害菌)を減らす作用があり、 腸炎の改善効果が期待できる。
    出典 :慢性腸炎 医学・健康情報サイト J-Medical
     

    よくスーパーのお砂糖コーナーにありますね。
    利用するといいんですね。

  • オリゴ糖

     

    お腹に優しいということなので、
    使ってみましょうか。

  • もう少し重大な病気であった場合

  •  慢性の下痢(げり)、腹痛、血便(けつべん)などを主症状とするものです。一部の感染性腸炎、炎症性腸疾患、膠原病(こうげんびょう)による腸炎などがあります。
    [原因]
     代表的な感染性腸炎は結核菌(けっかくきん)による腸結核(ちょうけっかく)です。原虫(げんちゅう)によるものには、赤痢(せきり)アメーバによる腸アメーバ症があります。
     炎症性腸疾患には潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)(「潰瘍性大腸炎」)、クローン病(「クローン病」)などがあります。
     腸炎をともなう膠原病には、全身性エリテマトーデス、結節性多発動脈炎、全身性強皮症(きょうひしょう)、関節リウマチなどがあります。
     ほかにアミロイドーシス、ベーチェット病、放射線性腸炎などがあります。
    出典 :慢性腸炎 とは - コトバンク
     

    腸結核、全身性エリテマトーデスなど、なかなか怖い病気です。
    なかなか治らなければ、精密検査へ。

  • 検査と診断

  •  感染性腸炎では便中細菌の培養や、虫卵(ちゅうらん)、便の顕微鏡検査が行なわれます。
     血液検査は、炎症や栄養障害の程度、原因の検索に必要で、白血球(はっけっきゅう)の増加、炎症反応の高値、貧血(ひんけつ)などの異常はなんらかの炎症性疾患の存在を示します。また、自己抗体(じここうたい)の検索は膠原病の存在の手がかりとなります。
     注腸、大腸内視鏡検査は病気の鑑別、病変の範囲などを知るのに重要なものです。とくに大腸内視鏡検査は、病変部から組織をとって(生検(せいけん))、病理診断ができるので有用です。
     腸結核の好発部位は回腸(かいちょう)、盲腸(もうちょう)、上行結腸(じょうこうけっちょう)で、輪状または帯状の潰瘍ができるのが特徴です。内視鏡での生検で結核菌が証明されれば診断がつきます。
    [治療]
     腸結核では、イソニアジド、リファンピシン、エタンブトールまたはストレプトマイシンによる三者併用療法が行なわれます。腸アメーバ症にはメトロニダゾールの内服が有効です。膠原病による腸炎は、原疾患の治療が主体になります。
    出典 :慢性腸炎 とは - コトバンク