あなたは大丈夫!?グリーンネイルの治療!?

マニキュアや付け爪により、爪の表面の皮膚呼吸ができなくなりカビ(爪水虫)となってしまうグリーンネイル!!気づかぬうちに進行してます!あなたは大丈夫!?

view912

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずはあなたの爪をグリーンネイルになっていないかチェックしてみて!!
    グリーンネイルの画像

  • あなたの爪は大丈夫?

  • グリーンネイルどうしてなるの?

  • ネイルアートをする前の不十分な消毒や、自分の爪との間に隙間ができること、
    ネイルアートで負担がかかり爪が弱くなっていること等が、
    菌が繁殖しやすくなる原因になると考えられています。
    出典 :爪の異常
  • グリーンネイルがあなたにも忍び寄ってるかも?

  • あなたの爪は大丈夫ですか!?グリーンネイルは、立派な感染症です!深刻な症状になる前に治療しましょう

  • 【HBR会員誌2011年10月号「わかっているようで実は知らない 最新!爪の正しいトラブル対処法」より】

    全国的にも珍しい“爪の専門外来”がある『神楽坂 肌と爪のクリニック』。院長の野田弘二郎先生は、銀座 東京ネイル学院で約100時間の実習を経て、資格を取得したプロネイリストでもある。爪のトラブル対処法や、自爪を育て、ネイルを楽しむ極意をアドバイスしていただいた。
    出典 :Beauty News|自爪が緑に!? 緑膿菌の疑い! わかっているようで実は知らない【爪の正しいトラブル対処法】 | i-VoCE

  • ジェルネイルのせいなのか、爪に緑色のカビが生えてしまいました!どうしたらいいのでしょうか?

    「カビではなく緑膿(りょくのう)菌きんという細菌。ただちにジェルを外してください」
    出典 :Beauty News|自爪が緑に!? 緑膿菌の疑い! わかっているようで実は知らない【爪の正しいトラブル対処法】 | i-VoCE
     

    「当院を受診する方の手の爪のトラブル№1が、この緑膿菌によるグリーンネイルです。まずは、ネイルサロンでジェルを外してください。緑膿菌は、その名の通り緑色の色素を出す細菌です。健康な人であれば、通常は無害ですし、爪から爪にうつったり、また、他の方にうつることもありません。しかし念のため、お子さんや、免疫が落ちている方は注意していただきたいと思います。このグリーンネイルの症状には2タイプあります。
    まず爪とジェルの間に緑膿菌が入るという比較的軽症なタイプ。このタイプは、ジェルを外し、自然治癒を待ちます。2週間ほどお休みしたら、またジェルをのせても大丈夫だと思います。ただ、これは当院の判断ですので、他の医師の場合、また違う見解を持つ可能性があります。

    そしてもう1タイプは、爪と肉の間に緑膿菌が入った場合。当院を受診される方の多くは、こちらのタイプです。この場合、大切なのは、爪と肉の隙間があいてしまっている剥離の治療が必要ということです。爪の剥離によって緑膿菌が入ってしまうため、塗り薬などを処方し、完治には1年程度を要します。もちろん保険も適用されます。ジェルはお休みするのが理想です。ただ、このケースでも、私は患者さんの社会性を重視する考えから、病変を隠すためのジェルは、禁止しませんがそれは医師とよく相談する必要があります」

  • グリーンネイルの治療

  • グリーンネイルの治療法は大きく2つ

  • 一つは、皮膚科で、ラシミールという強い殺菌力のある薬を処方してもらい服用する方法です。
    3ヶ月から6ヶ月通院しながら、治療するのが普通です。 足の爪なら、1年もかかる場合もあります。

    長期間、強い殺菌力の薬を服用するので、肝機能の副作用が心配され健康リスクがあるので、
    肝機能の検査を行う必要があります。

    まずは、服用できるかと、服用してからも定期的に血液検査を行う必要があります。

    最悪の例ではありますが、血液検査をしなくて服用が処方されたということがあり、
    残念ながら、服用2ヶ月後に亡くなるという悲惨な結果になることもあるんです。

    ですから、通院して副作用を気をつける必要があります。
    出典 :グリーンネイルは、立派な感染症です! 早めの対処を。
  • もう1つは、外用薬(塗り薬)で治す方法です。

    こちらの方法は、病院に通う必要はなく、塗り薬のDr.G'sクリアネイルを塗ることです。
    1日2回、朝と夜に爪の表面と爪と皮膚の間に塗るだけです。

    爪に浸透して、爪の下の皮膚も作用して、水虫菌を殺菌して消滅させます。
    この爪の表面から薬を浸透させる特許は、クリアネイルだけなんです。

    良いことばかりだからといって、治療の期間が飲み薬に比べて長くなることはありません。

    飲み薬と同じくらいです。グリーンネイル(爪水虫)の治療には、爪が生え変わる時間が長期間関係で、
    爪の内部のカビ(水虫菌)がある場合には、治療に時間がかかるんです。

    クリアネイルだけでも対処できるのですが、より早く治したい、重症のグリーンネイルと(爪水虫)いう方には、
    ドクターズチョイス 爪水虫対策チモールリキッドを併用して塗ることがオススメです。
    出典 :グリーンネイルは、立派な感染症です! 早めの対処を。
  • 美しい爪を保ちたい!グリーンネイルにならないための予防

  • 日ごろの爪のお手入れ
    出典 :爪の“割れ” や “変色” で悩んでいます | 住吉皮膚科ブログ
     

    ●清潔を保つ
    皮膚と爪の間の汚れは泡立てた石けんなどで優しく洗う。洗ったあとは水分をしっかり拭き取り、乾かす。
    ●爪の長さを整える
    長すぎる爪は雑菌の繁殖を招きやすく、短すぎる爪は指先の保護が十分にできない。適度な長さに整える(詳しくは下記コラム)。
    ●保湿を心がける
    爪とその周囲の皮膚に、水分や油分を補うネイルクリームや保湿クリームを塗ってマッサージし、乾燥を防ぐ。

    <爪のおしゃれをする人は…>
    ときどき爪を休ませよう
    つけ爪やマニキュアを繰り返していると、爪が薄くなったり、もろくなったりするので、何もつけずに爪を休ませる期間をつくりましょう。

  • 《爪の正しい切り方・整え方》
    爪は長すぎず、短すぎず、適度な長さに整えることが大切です。
    爪の切り方は、手足の爪で異なります。
    出典 :爪の“割れ” や “変色” で悩んでいます | 住吉皮膚科ブログ
     

    -手の爪-
    爪の下の皮膚が見えない程度の長さに、指のゆるいカーブに沿って切る。
    とくに、爪の両端を深く切り過ぎないように注意。
    少し丸めに整える。

    -足の爪-
    爪の先の白い部分は四角い形に切る。
    手の爪のように丸く切ると、巻き爪の原因になることも。
    白い部分が約1mm残るくらいが理想の長さ。

    <甘皮はどう処理する?>
    美容上、気にする女性も多い甘皮ですが、取りすぎると爪が変形したり凸凹ができるなどして、細菌感染をおこしやすくなります。

  • グリーンネイル怖いですね!綺麗で清潔な手を心がけ清々しい毎日を過ごしましょう!!