【内臓脂肪を減らす】見えない脂肪だからって放置しないで

内臓脂肪とは見た目にあらわれない場合もあって、気にしずらいこともあります。
しかし、そのままにしておくと結構やっかいなもの。
病気の引き金にもなりますよ。
食事や運動など、普段のライフスタイルには気をつけて、外も中もスリムな体系を目指しましょう!

  • honey 更新日:2013/12/27

view524

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 内臓脂肪とは

  • 内臓脂肪とは、内臓の周囲、腹筋の内側、腸間膜や大網といった腹膜の表面につく脂肪のことを指します
    出典 :内臓脂肪とは?(内臓脂肪って何?)
  •  

    内臓脂肪は外からではどのくらいついているかわからず、CTスキャンなどで断面映像をチェックするかし方法はありません。

  • 内臓脂肪は、ホルモンの関係で男性の方がたまりやすいといわれています。内臓脂肪がたまる原因となる、高カロリー・高脂肪、食べ過ぎ、は男性の方が多いのも内臓脂肪がたまりやすい原因といわれています
    出典 :内臓脂肪とは?(内臓脂肪って何?)
  •  

    メタボリックシンドロームは内臓脂肪が蓄積されたもの。

    リンゴ体系のおじ様をよく電車内で見かけます。

  • 内臓脂肪が過剰にたまると、高血圧や脂質代謝異常、高血糖などが発症する原因になります。内臓脂肪をそのままにすると、動脈硬化を進行させ、脳血管障害や心筋梗塞など、生命に関わる病気を引き起こすのです。内臓脂肪が多くたまった状態を内臓肥満といい、インスリン抵抗性や糖尿病などの病気と深く関係することが分かっています
    出典 :内臓脂肪とは?(内臓脂肪って何?)
  • 生活週間の見直しを

     

    やせているからといって、内臓脂肪が少ないとは限りません。
    スリムな人でも、不規則な生活や運動不足、高カロリーの食事や食べ過ぎをしていると内臓脂肪がたまっているかもしれないので要注意。

  • 内臓脂肪の落とし方のコツ

  • 早食いをおさえること
    出典 :内臓脂肪の落とし方にはコツがある?
  •  

    ゆっくり食べて食事の量を減らすことは、内臓脂肪の落とし方の一つのコツ

    とにかく食べすぎないこと。

  •  飲みすぎない
    出典 :減らせ内臓脂肪 -減らせ内臓脂肪!-
  •  

    適量であれば大丈夫ともですが、飲みすぎはやはり中性脂肪の増加につながり、内臓脂肪の原因となります。

  • 適度な運動を行う
    出典 :減らせ内臓脂肪 -減らせ内臓脂肪!-
  •  

    食べすぎないことと運動はダイエットに対して大きなポイント。
    運動は健康維持にもなりますし、ストレス解消にも有効です。

  • ストレスをためない
    ストレスのある生活を行うとコレステロールが増大し中性脂肪も増えることになります。ストレス過剰は動脈硬化の原因にもなります。
    出典 :減らせ内臓脂肪 -減らせ内臓脂肪!-
  •  

    ストレスって脂肪まで増やしてしまうんですね。
    そしてストレスは暴飲暴食なんかにも繋がりやすいのでそちらの方面でもストレスはためないほうがいいですね。
    喫煙も中性脂肪が増える原因になるみたいなので、なるべく不摂生をせず、健やかな生活を目指していきましょう。