子供に多い??クループ症候群ってどんな病気なの??

子供に多いとされているクループ症候群ってどんな病気なの??
どんな治療を受けるの??
気になるまとめ!!

view1085

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • クループ症候群とはどんな病気なの???

  • クループ症候群とは、声を出すための声帯やノドが、ウイルスや細菌に感染し、気道の粘膜が腫れてしまう病気。腫れによって気道の内腔が狭くなってしまいます。子供の場合は、元々気道の内腔が狭く、気道の組織も弱いため、クループ症候群になりやすいです。

    一言でクループといっても、腫れが起こる部分によって名称は様々。口から入ってくるのが食物か空気かを見分け、食道と気管に交通整理をしている蓋のような部分を「喉頭蓋(こうとうがい)」と言いますが、ここが腫れた場合は、「喉頭蓋炎」と呼びます。

    腫れを起こすウイルス、細菌も一種類ではありませんが、特にジフテリアによるものを「真性クループ」、ウイルスなどによるクループを「仮性クループ」と言います。インフルエンザ菌による喉頭蓋炎を合わせたものが、クループ症候群です。

    細菌ではジフテリアによるクループが減ったため、真性クループはほとんどなく、単に「クループ」と言われた場合は仮性クループを指します。90%以上が3歳までに発症します。
    出典 :クループ症候群の症状・治療・予防 [子供の病気] All About
     

    3歳までの子供におおく見られる病気!!
    心配してる保護者も多いはず!!

  • どんな症状が出るの???

  • 呼吸困難

     

    突然、呼吸困難(呼吸がしにくくなる)

  • 乾いた咳をする

     

    ケンケン、コンコンと言った乾いた咳
    犬吠様(けんばいよう)咳…名前の通り、犬の遠吠えのような咳
    オッセイのような咳

  • 喉の痛みなど

     

    嗄声(声がかれる)

  • 発熱

     

    時に発熱

  • 原因は何???

  • 多くはウイルスで、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルス、RSウイルスなど。細菌ではインフルエンザ菌、溶連菌などがあります。
    出典 :クループ症候群の症状・治療・予防 [子供の病気] All About
     

    様々な菌が原因になる事があります!!

  • インフルエンザには特に注意が必要です!!

     


    特に注意が必要なのがインフルエンザ菌。主に1~5歳までの乳幼児にかかるインフルエンザ菌b型(Hib)による喉頭蓋炎は、急にノドの部分が腫れてしまい、息が全くできなくなります。よだれが多くなり、あっという間にノドが腫れあがってしまうので、速やかに気管を切開して肺に酸素を送らないといけません。この病気を予防するための予防接種があります。

  • 治療方法は???

  • ウイルスが原因の場合は、安静にして加湿しておきます。水分をしっかりとるようにしましょう。鎮咳薬(咳を鎮める薬)を使うこともあります。

    ノドの腫れを取るために、血管を収縮する作用のあるエプネフリンという薬剤を吸入したり、ステロイドを内服、注射をします。

    細菌が原因の場合は、さらに抗生剤を使います。特にインフルエンザ菌に効果のある抗生剤が望ましいでしょう。

    喉頭蓋炎になってしまうと、気管切開と言って、外からメスを入れて、直接、気管に管を入れて呼吸を助けたりする必要があります。

    ジフテリアの場合は、ジフテリア毒素に対する血清を投与します。
    出典 :2/2 クループ症候群の症状・治療・予防 [子供の病気] All About
  • 家庭でのケアも大切

     

    加湿してあげるなど家庭での対処も大切になってきます!!

  • 予防法はあるの???

  • ジフテリアとインフルエンザ菌による喉頭蓋炎はワクチンで予防できます。
    ジフテリアは、DPT三種混合ワクチン、DT二種混合ワクチンのDがジフテリアです。
    出典 :2/2 クループ症候群の症状・治療・予防 [子供の病気] All About
     

    ワクチン接種も有効的なのでおすすめです!!