寒い冬の運動不足解消に! 自宅で簡単ヨガ

ダイエットなどに効果的な「ヨガ」。
運動不足解消にも役立つんです!
詳しくまとめました♪

view416

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ヨガの効果は?

  •  

    ヨガは様々な効果があることで知られていますが、
    具体的にどのような効果があるのでしょうか。

  • 体の歪みを修正

     

    様々なポーズにより自分の体の歪みを把握、修正する事ができます。背骨や骨盤の歪みはもちろんですが、デスクワークなどで蓄積された肩こりや腰痛で悩んでいる方にもとてもお勧めです。

    背筋を真っ直ぐ伸ばし、両腕を上に上げるポーズは肩の凝りをほぐし、腰をひねるポーズは腰痛に効果的です。それから日常生活の中で無意識に行っている行為、足を組む事やカバンを肩からかける事、食事の時に片方の歯だけで噛む事なども体の歪みの原因となります。

    これらのわずかな歪みの修正にも大きな役目を果たしてくれます。

    引用)
    http://rosamayumi.com/yogaeffectknowledge-1290.html

  • デトックス効果

     

    内蔵が刺激される事で体内の血流が良くなり、体中に酸素が行き渡ります。そして汗と一緒に老廃物が流れ出ます。これは生き生きとした素肌に生まれ変わる、すなわちアンチエイジングや美肌効果をもたらします。

    体の毒素とは老廃物いわゆる物理的な物ばかりではありません。体にとってマイナスである悩みやストレスなどといった事も排出できるのがヨガでもあります。

    ヨガのポーズをとりながら少しの瞑想にふける事でそれまで悩んでいた事が小さく感じたり、考えがプラスの方向に向かう事もあります。素肌だけではなく、その内側からキレイになれる方法でもあります。

    引用)
    http://rosamayumi.com/yogaeffectknowledge-1290.html

  • リラックス・ストレス解消

     

    ヨガでは呼吸も重要です。日頃無意識に行っている呼吸が実は体の調子にはとても影響があるのです。意識して深い呼吸をする事によって精神が安定し、自分と向き合い対話する事ができます。

    ゆっくりとお腹を膨らませながら息を吸い込み、その2倍の長さで息を吐きます。これは腹式呼吸といい、横隔膜が大きく上下しますのでたくさんの空気を肺に送り込みます。

    酸素が体中にいきわたることでリラックスでき、ストレス解消にも効果をもたらします。また、お腹を大きく動かす事は腸の刺激にもなるため、便秘解消にも効果的です。

    引用)
    http://rosamayumi.com/yogaeffectknowledge-1290.html

  • 柔軟性の向上

     

    体の柔軟性は人それぞれです。継続する事で徐々にできなかった姿勢ができるようになったり、それまでの姿勢が楽に感じたりするでしょう。

    まず体の軸を意識して、筋肉をあらゆる方向へと伸ばします。このポーズがしなやかで質のよい筋肉へと変えてゆきます。同時に間接の周りの筋肉もほぐされ柔らかくなります。怪我のリハビリにも効果的です。

    引用)
    http://rosamayumi.com/yogaeffectknowledge-1290.html

  • 有酸素運動

     

    心拍数を上げずゆったりとした呼吸で行う事で有酸素運動の効果が得られます。

    有酸素運動というのは名の通り呼吸をしながら運動をする事です。脂肪を燃やすためにはこの有酸素運動が必要です。

    ヨガはゆっくり深く呼吸をしながら行いますので脂肪燃焼にはとても優れています。ダイエットはもちろん、免疫力を高める効果があるので、生活習慣病の予防にもなります。

    引用)
    http://rosamayumi.com/yogaeffectknowledge-1290.html

  • 必要なもの

  • •ヨガマット
    •運動着
    •両手幅のスペース

    1つ目のヨガマットですが、ヨガではうつ伏せになったり、仰向けになったりと、様々なポーズをとることになります。
    ですので、フローリングや畳だとときには床との接触箇所が痛くなることもあります。
    また、集中してヨガに取り組むと激しく体を動かしていなくても汗をたくさんかくこともあるので、部屋を汚さないためにもヨガマットを使うといいでしょう。

    2つ目の運動着ですが、動きやすいものであればなんでもいいです。足を大きく開くこともあるので、余裕を持って動くことができるものを選びましょう。

    最後の部屋のスペースですが、代替両手を広げてぐるりと一回転して、手がものにぶつからない程度のスペースがあれば十分です。
    走り回ったり、大きな音を出すことはないので、防音の部屋である必要はありません。
    ただし、ポーズによっては壁を使って行った方がよいものもあるので、壁も確保しておきましょう。


    出典 :寒い冬は自宅でできる家ヨガで運動不足を解消! | ShareWis Press
  • バッダ・コナーサナ

     

    股関節を開き、骨盤内の血液や気の流れを調え、婦人科系の不調にも効果的。
    余裕のある人は身体を前に倒しましょう。

    引用)
    http://bimajin.jp/magazine/archives/2035

  • 頭を膝につけるポーズ(ジャーヌ・シルシャーサナ)

     

    肝臓や腎臓などを刺激して消化能力を高めます。
    前屈系のポーズは神経の動きを穏やかにし、リラックスにも効果的。

    引用)
    http://bimajin.jp/magazine/archives/2035

  • ねじりのポーズ(アルダ・マツィエンドラーサナ)

     

    肝臓や腎臓を刺激し、内臓機能を高め、デトックスには最適なポーズ。
    二日酔いの解消などにも効果的です。
    腰回りの鬱血を流し、下半身の血流を促します。
    引用)
    http://bimajin.jp/magazine/archives/2035

  • ガス抜きのポーズ(パヴァナムクタナーサナ)

     

    その名の通り、消化能力を高め、腹部に溜まったガスや老廃物を流します。便秘解消に効果的で、美肌効果も期待できます。

    引用)
    http://bimajin.jp/magazine/archives/2035

  • 橋のポーズ(セツバンダ・サルヴァンガーサナ)

     

    腹部を伸ばし、腎臓などの機能を整えてくれます。余裕のある人は、両手を組んであげると、胸が開き肩甲骨がよる事で肩周りの血流がよくなり、肩こりの解消にも!

    引用)
    http://bimajin.jp/magazine/archives/2035

  • 鋤のポーズ(ハラーサナ)

     

    カラダを逆転させて、血液を浄化やデトックスを促します。冷え性や眼精疲労、肩こりなどにも効果的なポーズです。こちらも余裕のある人は手を組みましょう。これが難しいという人は、腰に手を支えて足が上がるところまでチャレンジ!

    引用)
    http://bimajin.jp/magazine/archives/2035

  • ピラミッドのポーズ(プラサーリタ・パードゥッターナーサナ)

     

    古い血流やリンパを心臓へと流し、細胞の新陳代謝を高めます。
    お顔や足のむくみ解消にも効果的です。

    引用)
    http://bimajin.jp/magazine/archives/2035