筋トレするだけでダイエットできる?

筋トレするだけで痩せられる理由をお伝えします。

view495

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜ、筋トレをすると痩せるのでしょうか?

  • 基礎代謝って何?
    太りにくい身体作りをするうえで欠かせないのが基礎代謝についての知識です。
    基礎代謝という言葉だけなら聞いた事があると思いますが下の表に簡単にまとめてみましたのでご覧下さい。

    ・基礎代謝とは何もしなくても自然に消費されるエネルギー
    ・基礎代謝は一日で消費する全エネルギーの約70%
    ・基礎代謝のうち40%は、筋肉維持のためのエネルギー消費。
    ・筋肉維持のためのエネルギー消費量は、筋肉が大きさに比例。
    ・筋肉と基礎代謝の関係

    基礎代謝量がアップすれば自然に消費されるエネルギーが増えるので太りにくくなるということです。
    説明がくどくなってしまいますが、太る理由というのは消費するエネルギーよりも摂取するエネルギーの方が大きいためです。
    余分なエネルギーは体内に蓄積され、7200キロカロリーで体重が1キロ増えます。

    同じ量を食べても、基礎代謝量が高い方が蓄積されるエネルギーが少なくなるため太りにくいというわけです。
    出典 :基礎代謝とは?筋トレで脂肪のつきにくい身体になる!
     

    筋肉をつけるだけで、太りにくくなるのですね。

  • また、こういうことも言えます。

  • 筋トレで基礎代謝がアップする理由
    基礎代謝の40%が筋肉によるエネルギー消費です。 さらに、エネルギー消費量は筋肉の大きさに比例して増えていきます。
    つまり、筋トレによって筋肉が大きく成長すれば基礎代謝量がアップするというこです。
    筋トレによって筋肉が大きく成長しやすいのは速筋線維です。
    太りにくい身体を作りたいなら速筋線維を効果的に鍛えられるウェイトトレーニングが最適です!
    出典 :基礎代謝とは?筋トレで脂肪のつきにくい身体になる!
     

    なるほど、筋肉を大きくしても、基礎代謝が上がるのですね!

  • 筋肉をつけるだけで痩せられるなんて、ラクチンじゃないですか(笑)

  • でも、どういう筋トレをしたらいいのか、ほとんど運動をしたことない人は、わかりませんよね?

  • 何も知らずに筋トレすると、こんなことになっちゃいます↓

  • 体重80キロにとって腕立て伏せはキツイ!
    筋トレ初心者が挫折する一番の原因になっているトレーニングが腕立て伏せだと思います。『普通の体勢で難しい人は高い位置に手をつきましょう』なーんて、そんなことしようがキツイもんはキツイんだよ!せいぜい1回、良くても2回くらいしかできなくて諦めちゃう人の方が多いと思います。腕とか胸に来る前に腰が痛くなるしね。

    歩くだけで膝が痛むような人間にスクワットはキツイ!
    大きな筋肉を鍛えると消費カロリーも上がるというわけで、初心者向けとして採用されることの多いスクワット。でも実はスクワットって初心者向けじゃないんですよ!本格的な筋トレを始めた時、初心者がやるべきなのはマシーンを使ったレッグプレス。これは座った状態で行う脚のトレーニングです。スクワットはその次の段階。なぜなら全身のバランスが必要だし、オールアウトまで追い込むのは結構集中力がいるから。
    出典 :怠惰で三日坊主のあなたが楽に痩せたいならこの筋トレ
     

    キツイキツイって、筋トレを始めようとしている人が言うセリフじゃないかもしれませんが(苦笑)。

  • きっと、効率のいい筋トレもあるんじゃないか、って推測することはできますけども。

  • ということで、楽に痩せたいという人は腕立て伏せとスクワットは避けてトレーニングしましょう。で、どんな筋トレを選ぶかというと、立った状態での腕立て伏せ。壁に向かって立ち、ちょっと体を斜めに傾けて壁に向かって腕立て伏せしてみましょう。台の上に手を載せた程度の腕立て伏せでは楽にならないんです。このくらい強度を落としてトレーニングしないと『楽』とは言えないでしょう。

    スクワットの代わりに最初にやりたいのは、両足を肩幅の倍くらいに開いた状態で行うワイドスタンススクワット。手は頭の後ろではなく体の前に下ろしておきます。普通のスクワットがバランスを取るのが大変なのに対して、足を開いた状態だと手が床に届きそう(届きそう、という感じが大事)な状態でできるので、非常に精神的な負担が小さくなります。単純にバランスも取りやすいですしね。

    楽すぎるならダンベルを持つことも出来ますし、上下幅を大きくすることでも負荷を上げることが可能です。
    出典 :怠惰で三日坊主のあなたが楽に痩せたいならこの筋トレ
     

    ほーら、少し希望が見えてきたでしょう(笑)?

  • 楽な筋トレをする上での注意点も、もちろんあります。

  • ご安心ください。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


    筋肉をつけるトレーニングと
    筋肉を維持するトレーニングは別物です。

    ----------------------------------------------------
    筋肉を維持するには、筋肉をつけたときよりも
    【楽なトレーニング】でOKなのです。
    ----------------------------------------------------


    筋肉をつけるためには、
    今以上の負荷を、筋肉に与える
    必要があります。


    ただし、”今以上の負荷”といっても、
    30kgしか持ち上げれない人が、
    いきなり50kgなどの、大きい負荷を
    与える必要はありません。

    +5kgなど、ちょっとだけ大きめの負荷を
    与えれば筋肉はつきます。
    出典 :筋肉をつけると後は楽??|自宅筋トレで筋肉質でカッコイイ体をつくる方法!
     

    「ちょっと大きめの負荷」というのが、ポイントみたいですね。

  • では、どのくらいの負荷をかければいいのでしょうか?

  • 筋肉を維持するためには、
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    この”少しきつめの負荷”は必要ありません。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

    筋肉を維持するためには、
    今ままでの負荷と同じ程度で、
    大丈夫なのです。


    筋トレしたことがある人なら、
    わかると思いますが、

    最初10回がきつかったトレーニングでも、
    2週間、3週間、1ヶ月と続けるうちに
    楽になっていきます。


    筋肉をつけるためには、負荷に慣れて
    トレーニングが楽になった時点で、
    さらに大きめの負荷を与える必要が
    あるのですが・・

    筋肉を維持するためには、
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    ここで負荷を大きくする必要はありません。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

    -----------------------------------------------------------
    楽に感じはじめても、
    そのままの負荷でOKなのです。
    -----------------------------------------------------------
    出典 :筋肉をつけると後は楽??|自宅筋トレで筋肉質でカッコイイ体をつくる方法!
     

    負荷に慣れてきたら、長く続けることもできそうですね(笑)。

  • つまり、要約するとこういうことになります。

  • 1:筋肉をつけるトレーニングと
      筋肉を維持するトレーニングは別物
     
    2:筋肉を維持するためには
      今以上にきつい負荷を与える必要はなく
      今まで行ってきた負荷を続けるだけでOK
      また頻度も週1回でOK

    3:筋肉をつける最初のちょっときつい時期を
      乗り越えられれば、あとは楽に筋肉質の体を
      維持できる
    出典 :筋肉をつけると後は楽??|自宅筋トレで筋肉質でカッコイイ体をつくる方法!
     

    思っていた以上に、楽に筋トレができそうな気がしませんか?

  • さあ、筋トレを始めてみましょう!

     

    考えていたよりも、ずいぶんハードルが下がったのでは?楽してダイエット、新しいあなたを手に入れられるのは、遠い未来のことではないですよ!

  • 筋トレ後のクールダウンをする方もいるでしょうが、「お風呂に入る」ことはやめた方がいいです。

  • 筋トレ後のお風呂は間違っている?

    また筋トレ後に、汗をかいた体を嫌い、すぐにお風呂に入るような方は少なくありません。
    たしかに、汗臭い身体を放置しておくことには抵抗感があるでしょうし、できるならお風呂でさっぱりした気分になりたいというのが本音でしょう。
    しかし、これが筋トレ後の筋肉には、どのように作用するのかを考えたことはあるでしょうか?
    実際のところ、筋トレや運動によって酷使した部分は、炎症を起こしたように熱を帯びています。

    では、もしこれが筋トレではなく、ただの炎症だとしたら、すぐにお風呂に浸かるような真似をして、患部を温めたりするでしょうか。
    答えは、打撲などの場合と同じように考えることができますが、一旦熱を帯びてしまった箇所については、何よりも冷やすことが先決になります。その後、熱を完全に取り除き、症状の回復を待ってから温めるのが正しい順番となります。
    しがたって、筋トレ後の筋肉には『冷やす』という作業を加えなくてはならないのです。
    出典 :運動後のクールダウンが筋トレの効果を左右する!
     

    体を休めるどころか、傷つけることにもなりかねませんね。

  • 準備は整いましたね。明日から筋トレを始めましょう!