増え続ける「糖尿病」の最新治療にはどんなものがある?予防方法も紹介!

様々な合併症や病気のリスクを高める「糖尿病」。完治することが難しいとも言われていますが、近年の研究により、様々な最新治療が生まれています。

view494

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 糖尿病の最新治療、予防について知りたい!

  • 従来のインスリン注射による治療ではなく、新しい薬なども続々と登場している、糖尿病治療の最新治療方法。

    その内容はどんなものなのでしょうか?

  • 糖尿病~いよいよ始まった新しい治療~

     

    糖尿病の最新治療について、専門家が説明しています。

  • すべての食事を制限する必要はない!取捨選択で食事を楽しもう。

  • コメ、小麦、砂糖を避け、肉、魚、卵などは好きなだけ

    血液中の糖質の量(血糖値)はすい臓が出すインスリンがコントロールしている。このコントロールが利かなくなった状態が糖尿病だ。治療は3段階で、まず食事療法(カロリー制限)、次いで薬の使用、最後がインスリン注射だ。糖質制限はこの常識に風穴を開けるものだった。

    血糖値はコメ、小麦、砂糖で急激に上がる。この糖質だけを制限する。肉や魚、卵などのタンパク質や脂質は好きなだけ食べられる。北里研究所病院では3年前からの臨床実験で効果をあげている。「カロリー制限食ができなかった人のためのオプション」という位置づけだ。
    出典 :糖尿病治療の最新常識!カロリー制限なしや外科手術で血糖値低下 : J-CASTテレビウォッチ
     

    炭水化物の接種は制限されますが、肉や魚などは食べたい放題。

  • インスリンの、糖尿病初期からの導入で病気を抑制する

  • 治らないとされてきた糖尿病ですが、新たな治療法も生まれています。それは糖尿病発症初期の段階からインスリン注射を用いてすい臓を休ませるという療法。
    血液中の糖が増えるとすい臓がインスリンを出し、細胞内に糖を取り込むよう促します。糖が増えるたびに、すい臓はインスリンを出して対処しますが、常に大量の糖が入ってくる状態になると、処理できなくなり、次第に疲弊していきます。すると、インスリンの量が減り、ますます糖が増えてしまうという悪循環に陥ります。これが糖尿病が悪化するメカニズムです。
    この療法は糖尿病の初期の段階で、注射でインスリンを補います。それにより、ひとまず血糖値は下がります。インスリンを補ったことで、すい臓を休めることができ、その間にすい臓の機能が回復すると考えられています。
    出典 :女性もご用心!糖尿病 |NHK あさイチ
     

    悪くなってしまう前に、早くから膵臓を休ませてあげるのですね。

  • 糖尿病の治療に外科手術

  • アメリカでは糖尿病治療に外科手術が登場していた。ニューヨークに住む58歳の女性は食事制限も薬も効果がなかったのが、昨年受けた手術のあと血糖値が正常になり、「どんどん健康になっている」と話す。「胃バイパス」といって、胃や小腸の一部を切り取る手術だ。もとは重度肥満者の食事の吸収を抑える減量が目的だったが、小腸の特殊な細胞が出すホルモンがすい臓のインスリン量に作用するとわかったのだという。

    手術患者の8割が正常血糖値になり、医師は「5年以内に普通の手術になる」と話している。 これには清野医師も「私も驚いた。ただ、日本人はアメリカ人のような極端な肥満は少ないですから、検証が必要でしょうね」という。
    出典 :糖尿病治療の最新常識!カロリー制限なしや外科手術で血糖値低下 : J-CASTテレビウォッチ
     

    胃のバイパス手術で膵臓機能を回復。

  • インスリン注射に代わる、新たな薬が登場

  • 長年 インスリン注射してきた人を 飲み薬の治療に切り替える取り組みを進めています。

    齋藤さんが使うのは 主に この2種類の薬です。

    ●こちら(セイブル錠75mg)は 糖の吸収を穏やかにして 食後の血糖値を上がりにくくする薬です。

    QLifeお薬検索  セイブル錠75mg  


    ●こちらの薬(エクア錠50mg)は 腸管から出ているインクレチンというインスリンを作る細胞を元気にして

    インスリンが出やすくする薬です。

    QLifeお薬検索   エクア錠50mg 

    (これは)3年前に出た 新しい薬なんです


    このインクレチン関連薬と呼ばれる薬  実は膵臓がインスリンを出す働きを高めるんです。

    出典 :roundabout way   《TV》糖尿病  最新治療 夢の新薬(内服薬)登場
     

    注射の痛みや手間がなくなりますね。

  • 糖尿病予防の最新情報。コーヒーで発症を抑制!

  • 毎日手軽にできる糖尿病の予防方法があれば、、、そう思っている方に朗報です。

    コーヒーが、糖尿病の発症を抑制するという研究報告がニュースとなりました!


  • ヘルシーリポート:コーヒーが糖尿病の発症抑制

    毎日新聞 2013年09月23日 東京朝刊


     コーヒーを習慣的に飲むことと健康への影響に関する研究成果の発表会(全日本コーヒー協会主催)が6日、東京都内で開かれた。名古屋大大学院の堀尾文彦教授と東京大大学院の高橋祥子さんが、コーヒーが糖尿病の発症を抑える作用を持つことなどについて発表した。【佐藤浩】

     堀尾教授は、我が国の糖尿病の9割以上を占める「2型糖尿病」について、コーヒーの発症抑制作用を検証した。2型糖尿病を自然発症するマウスを、ブラックコーヒーを与える群と、水を与える群(対照群)に分け、5週間後の状態を比べたところ、コーヒーを与えた群のマウスの血糖値は、対照群に比べて明確に低い値を示した。
    出典 :ヘルシーリポート:コーヒーが糖尿病の発症抑制- 毎日jp(毎日新聞)
     

    コーヒーで予防できるとは手軽ですね。

  •  

    毎朝、一杯のコーヒーで予防。

  • マウスの肝臓の中性脂肪の量も、コーヒーを与えた群が対照群に比べて低く、脂肪肝が改善されていた。コーヒーを摂取すると、肝臓での脂肪酸の合成を低下させ、脂肪肝の形成を抑制することが推測できた。

     コーヒーの主要成分のうちカフェインの効果も検討した。カフェイン溶液を与えるマウスの群と、水を与えるマウスの群を比べた結果、カフェイン群の血糖値は、コーヒー群と同様に低かった。

     別のタイプのマウスに脂肪の多い食事(高脂肪食)を与えることで2型糖尿病を誘発させる実験もした。

     高脂肪食に加え▽水を与える群▽コーヒーを与える群▽カフェインを与える群−−の三つのグループに分け、17週間後に比較したところ、血糖値は三つの群ともほとんど上がらなかったが、血中インスリン濃度をみると、コーヒーを与えた群は水を与えた群の半分程度。カフェインを与えた群も、水を与えた群の3分の1程度となった。

     高脂肪食を取るとインスリンの効き目が低下するが、コーヒーやカフェインを摂取すれば改善できることが分かった。
    出典 :ヘルシーリポート:コーヒーが糖尿病の発症抑制- 毎日jp(毎日新聞)
     

    コーヒーやカフェインに予防効果があるのですね。