美肌とスリムとを同時に得るダイエット!?

美肌とスリムとを同時に得られればそれこそ理想的!
そんなダイエットがあるというなら試してみなくてはいけないでしょう。
さて果たしてその実態は・・・

view354

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 美肌とスリムとを同時に手に入れる・・・

  • ダイエットをしていると、どうしても栄養がかたよりがちに。特に、ダイエットのせいでお肌にトラブルが…という方は「ビタミン不足」かもしれません。

    ビタミンを多く含む食品をたくさん摂りたいけれど、気になるのはやはり食品のカロリー。ビタミンは摂ったけど、カロリーもたくさん摂っちゃった…、ではダイエットの意味がなくなっちゃいますよね。
    出典 :美肌とダイエット | ダイエットナビ | CLUB Panasonic
  • お肌のお悩みを解決しながらダイエットを成功させて、2つのキレイを同時に手に入れちゃいましょう!
    出典 :美肌とダイエット | ダイエットナビ | CLUB Panasonic
     

    一挙両得・・・二兎を追う者は一兎をも得ず・・・前者の方が良いですね。

  • お肌の悩みとビタミン、食品・・・

  • ニキビ/吹き出物

  • ニキビに効果のあるビタミンは多く存在します。

    まずビタミンAは、皮膚や鼻などの免疫力を向上させる効果があるので、ニキビが出来にくい体質を作る事が出来ます。
    またニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を抑制する効果もあるので、日常からビタミンAを摂ることをお勧めします。

    ビタミンAが含まれている食材として、にんじんやうなぎ、春菊などがあります。

    次に、ビタミンB2。このビタミンにもニキビ予防効果があります。
    ビタミンB2には脂質の代謝を促す効果があるので、ニキビに効果ありです。

    ビタミンB2が含まれている食材としてレバーやうなぎ、納豆などがあり、うなぎはビタミンAとB2が特に豊富に含まれているので、ニキビ対策にお勧めかもしれませんね。

    そしてビタミンCにもニキビ予防効果があります。
    ビタミンCは炎症を引き起こす活性酸素の除去に効果的とされており、他にはストレスの緩和といった優れたメリットがあるので、ニキビの原因解消に役立ちます。

    他にも、免疫力を高めるので、ニキビの予防・治療ともに有効なビタミンと言えます。
    ビタミンCはある程度摂取するとそれ以上は体内に吸収されず体外へ出てしまうので、こまめに摂取する事をお勧めします。

    ビタミンCが多く含まれている食材には赤・黄ピーマン、菜の花、ブロッコリーといった物があります。
    出典 :ニキビに効くビタミンは?
     

    ちょっと苦そうな食材が多いですね。

    苦いというのは、ヒトにとっては危険信号のはず・・・大丈夫ですけど・・・動物として反応です。

  • 肌荒れ/乾燥肌

  • 【ナイアシン…ビタミンB3】
    ≫皮膚に対する作用
    肌荒れや口内炎、口角炎、胃炎や下痢の予防、改善

    ナイアシンは水溶性ビタミンで、すぐに尿として排泄されますが、通常の食生活をしていれば不足することはありません。

    ≫ナイアシンを多く含む食べ物
    ■魚類
    いわし、かつお、さば
    ■野菜、きのこ類
    えのきだけ、しめじ、なめこ、とうもろこし、干し椎茸、たらの芽
    ■豆類
    小豆、大豆、ソラマメ、ピーナッツ
    ■その他
    そば、ごま、のり

    【ビタミンB1】
    ≫皮膚に対する作用
    皮膚のかぶれを抑え、肌荒れに悪いストレスを解消

    ビタミンB1が不足すると、糖質のエネルギー代謝が悪くなり、疲れやすくなったり、肌荒れ、さらには手足のしびれ、むくみ、動悸などの症状もでてきます。また、肌がたるんだり、目の周りが黒くなったりもします。
    不足によって肌が過敏になりすぎ、今まで使っていた化粧品が合わなくなることもあるようです。

    ≫ビタミンB1を多く含む食べ物
    ■穀類
    玄米、小麦
    ■野菜
    カブの葉、ごぼう、黒酢、そら豆
    ■肉類
    豚肉、ハム、レバー(牛、豚、鶏)、ラム肉
    ■魚類
    いくら、うなぎ、ぶり
    ■その他
    ひじき、のり、ピーナッツ、緑茶

    ≫おすすめしたい食べ物 「黒酢」
    黒酢には成人病や体を老化させる活性酸素をやっつける力があり、血液をさらさらにし、体脂肪をつきにくくもしてくれます。
    また美肌や目にも良く、皮膚に含まれるコーラーゲン同士を結びつけその働きを強くし、結果肌のハリやツヤにつながるのです。

    【ビタミンB2】
    ≫皮膚に対する作用
    皮膚の新陳代謝をよくする、細胞の再生
    ≫ビタミンB2を多く含む食べ物
    ■野菜
    アスパラガス、菊、クレソン
    ■肉類
    レバー
    ■魚類
    うなぎ、カレイ、さば、ししゃも
    ■その他
    卵、チーズ、納豆

    【ビフィズス菌】
    ≫皮膚に対する作用
    新陳代謝を活発にし、シミ肌荒れなどをふせぐ

    人間を含む全ての動物の腸内に存在する善玉菌で乳酸菌のひとつです。
    ヨーグルトに含まれるビフィズス菌はビタミンB1,B2,B6,B12,Kなどで生成されます。

    ≫ビフィズス菌を多く含む食べ物
    ヨーグルト(できれば無糖)
    出典 :肌荒れにおすすめ!肌に良い食べ物一覧-毛穴ケア・毛穴の黒ずみ対策com
     

    御味御汁・・・味噌汁ではありません、焼き鳥(串焼き)、サラダ

    これだけ食べれば大丈夫かな?

    多分、お酒もいただきますので、カロリーオーバーで・・・振り出しにもどる。

  • しみ・そばかす

  • ビタミンC

    ビタミンCは、肌のハリを保つ働きをするコラーゲンを作ると同時に、美白効果があることが知られています。

    また、ストレスや紫外線で体内にできる、活性酸素を抑える働きがあるので、しみ、そばかすを減らす効果があります。

    ビタミンCは、アセロラジュースやキウイ、ピーマン、いちご、グレープフルーツなどに多く含まれています。

    ビタミンA

    皮膚や粘膜の新陳代謝を活発にして、免疫機能を高める働きがあります。このため、皮膚や粘膜を若々しく健康に保ち、細菌やウイルスが外部から侵入するのを防いでいます。

    ビタミンAは、鶏レバー、豚レバー、うなぎの蒲焼き、ナチュラルチーズなどの食品に多く含まれています。

    ビタミンE

    ビタミンEは、ビタミンCと共に、活性酸素による肌の老化を防ぎ(抗酸化作用)、しみ、そばかす、かすみの改善になります。

    ビタミンEは、別名「若返りのビタミン」ともいわれ、アーモンド、ナッツ、かぼちゃ、うなぎの蒲焼きなどの食品に、多く含まれています。
    出典 :しみ、そばかす_効果的な栄養素・ビタミン
     

    満腹になったらニキビ・吹き出物が出来てしまいそう?!

  • 日焼け

  • 思いもよらず日焼けをしてしまった後の肌のトラブル、ヒリヒリ感やほてり、痛み、かゆみ、水ぶくれなどに、体の中からのアフターケアに効果のあるビタミンは何でしょうか。

    まずビタミンCがあげられます。ビタミンCは紫外線によって増えるメラニンの生成を抑える働きがあり、しみやそばかすに効果があります。

    レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の果物や、緑黄色野菜に多く含まれます。果物をジュースにしたり、緑黄色野菜をサッと煮て量を減らして食べるとたくさん食べることができます。

    しかし、一度に大量のビタミンCをとっても効果はないので1日の摂取量を考えてビタミンCをとりましょう。サプリメントや食品からとる以外にも、ビタミンC配合の化粧水やパックをお肌のためにもお勧めします。
    出典 :日焼けにビタミン
  • ビタミンCとビタミンEをいっしょに摂取すると日焼けの肌の回復効果がよくなります。アボカドや大豆、ゴマ、ナッツ類に多く含まれます。サラダにしてゴマドレッシングをかけて積極的に食べたいですね。その他、うなぎや海苔にも多く含まれます。

    ビタミンEが不足すると老化色素の合成が促進され、シミやそばかすになりやすくなります。お肌の老化現象を日焼けによって早めないためにもビタミンEをとりましょう。
    出典 :日焼けにビタミン
  • お肌は日焼けすると、紫外線により活性酸素が発生し、細胞を傷つけます。その活性酸素を抑えてくれるのがβカロチンです。βカロチンはにんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれます。食事でできる日焼けの治療として、進んで食べるようにしましょう。

    ビタミンに加えて、たんぱく質もお肌の回復に必要です。きちんと食事をとり、規則正しい生活をとることも、日焼けのお肌のトラブルを解消することに役立つと思いますよ。
    出典 :日焼けにビタミン
     

    日焼けはお肌にとっては、凄いダメージになりますから・・・出来れば避けたいもの。

    でも太陽の陽ざしを浴びることは、質の良い睡眠を得る事や、身体のメンテナンスには大事な事です。

  • 毛穴のたるみ/肌の疲れ

  • 何となく肌のハリがなくなってきたな、と思ったらそれは疲れ肌。鏡をよく見ると、毛穴がたるみ、肌全体に締まりがなくなっていることが、疲れた肌をさらにくすませています。

    毛穴がたるむ原因は、主に加齢によるものです。年齢を重ねると共に毛穴を押す力が衰え、新陳代謝がにぶくなり、コラーゲンなども減少するため、毛穴はたるんできます。また、肌の水分量が低下して乾燥すると、毛穴が広がって見えます。

    肌が疲れているな、と感じる方は、まず体をリラックスさせ、体も肌もゆっくり休ませてあげましょう。そして肌には適度な栄養と元気を与えてあげてください。

    そのためには、肩こりや腰痛を解消してくれたり、血行をよくしてくれるこちらのビタミンがオススメ!

    ビタミンB1 糖質の代謝を助ける働きがあります。また、集中力アップや気持ちをリラックスさせる効果もあります。

    ビタミンB2 細胞の再生や成長を促進する働きをし、脂質の代謝のエネルギー源となるため、不足すると皮脂分泌が過剰になります。また、血液の循環をよくする作用もあります。

    ビタミンB6 肌の抵抗力を強くします。また、快眠に役立つので肌のストレスを軽減します。

    ビタミンB12 脂肪、炭水化物、タンパク質の代謝を助ける、貧血を予防するなどの働きがあります。また、傷ついた末梢神経を修復し、肩こりや腰痛を解消する働きがあります。
    出典 :美肌とダイエット:毛穴のたるみ(肌の疲れ) | ダイエットナビ | CLUB Panasonic
  • ビタミンBを多く含む食品

    B1の多い食品は、穀類の胚芽、豚肉、レバー、豆類など

    B2の多い食品は、レバー、卵、大豆、乳製品、葉菜類など

    B6の多い食品は、かつお、まぐろなどの魚類、レバー、肉など

    B12を多い食品は、魚介類やレバーなど

    ビタミンB群は、水溶性ビタミンなので、水に溶けやすい性質があります。食材を調理して摂取するときは、煮汁ごと利用するようにしましょう。

    また、加熱によって、成分の3割~5割を失ってしまいます。そのまま生で食べられるものは、加熱しないで食べるようにしましょう。
    出典 :【ビタミンB群】 - 食品と欠乏
     

    しっかり串焼きのレバーを食べれば・・・お酒をいただいて・・・レッドカード!!