綾瀬はるかちゃん宣伝・・・風邪に合わせた対策を!!

風邪とは、主にウイルスの感染による上気道(鼻腔や咽頭等)の炎症性の疾病に掛かった状態の事であり、咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻づまりなど局部症状(カタル症状)、および発熱、倦怠感、頭痛など全身症状が出現した状態のこと

  • pocca 更新日:2013/11/15

view447

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • かぜ症候群の病原は80 - 90%が複数のウイルス感染

  • 綾瀬はるか CM ベンザブロックプラス 鈴木ちなみ・速水もこみち・国仲涼子 (15s x ...

     

    風邪の症状はそれぞれ違います。ピンポイントで効く薬を選びたいですね。

  • 症状は、「風邪症候群」と表現されるように、微熱、頭痛、発熱、悪寒、鼻汁の過分泌、咽頭痛、咳、声枯、食欲不振、下痢、嘔吐など。

  • 手洗いうがいが、大切!

     

    風邪にならないために、一番簡単で、一番予防になるのが、手洗いとうがいです。そして、部屋の加湿が大切です。

  • 治療法


    東洋医学でも西洋医学でも一般に、安静にして睡眠をしっかりとることは風邪の治癒に良いとされている

  • かぜ症候群の多くはウイルス感染により起こる病気です。冬季に主に流行します。原因となるウイルスはパラインフルエンザウイルスやライノウイルスなどが代表的ですが、それぞれ多くの型をもち、この他のウイルスも関係するため全部で400種類以上のウイルスがかぜ症候群の原因となるといわれています。このため、かぜ症候群には何度でも罹患(りかん)します。
     また「夏かぜ」と呼ばれる夏季に流行するかぜ症候群もあります。原因となるウイルスはエコーウイルスやコクサッキーウイルスなどですが、こちらも種類がたくさんあるので何度も同じような夏かぜにかかります。

  •  

    普段から、体力をつけて栄養あるものを摂取することも大切です。

    体は温めることで免疫力があがるようです。

  • 症状

     鼻汁、咳、くしゃみ、痰(たん)、発熱などが主な症状です。吐いたり下痢をしたりといった症状がみられることも時にあります。かぜ症候群をきっかけに中耳炎や副鼻腔炎、肺炎といった病気に罹患することもあります。夏かぜの場合はのどに口内炎のような発疹ができて痛みのために食べ物がのどを通らなくなることや(ヘルパンギーナ)、結膜炎を伴ったり(咽頭結膜熱)、髄膜炎(無菌性髄膜炎)を起こすこともあります。

  • [東京ドクター] 子どもの「秋の風邪」に注意 - YouTube

     

    小さいお子様にぜんそくが増えています。

  • 診断 

    通常臨床的な診断が行われます。咳や鼻汁といった呼吸器系の症状が主にみられれば、かぜ症候群と診断されます。血清中の抗体の上昇を証明する方法は、原因となるウイルスの種類が多いため、実際上不可能で行われません。ウイルス分離による診断は可能ですが、通常必要とすることがなく行われません。

  • カゼをひいた時に熱が上がるのは、免疫力を上げて細菌やウイルスに対抗しようとする身体の働きのひとつです。

  • 熱が上がるのは身体が自分自身で行う「治癒行為」。

  • ただし、体温は上げれば上げるほどよいというものでもありません。あまり高温になると、身体を構成しているタンパク質が変質してしまうからです。また、発熱のために食欲が低下したり、水ものどを通らないなどの状態が続くと、体力を消耗してしまいます。
    そんなときは、脇の下や鼠蹊部(そけいぶ)、首など太い血管が通っているところに氷枕などをあてると体温が上がりすぎるのを防ぐことができます。

  •  

    症状によって、アレルギーであったり、風邪であったり、ぜんそくであったり、診断は違ってきます。

  • カゼを治すために大切なのは、いかに自分自身の免疫力がパフォーマンスを発揮できる状態を作りだせるか。つまり、体温を高め免疫機能の働きをサポートし、発汗によって体温を下げてあげることです

  • 【CM】第一三共ヘルスケア 新ルルAゴールド 木村佳乃 - YouTube

     

    風邪薬の種類…熱・喉・鼻

  • 風邪の症状は多種多様です。ですから、症状に合わせた薬を選ぶことが大切です!