知ってましたか!?正しいシャンプーの方法

髪をサラサラにしたい。抜け毛を減らしたい。など、髪の悩みは人それぞれ。
正しいシャンプー方法を知って、髪のダメージを減らしましょう!

view274

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • シャンプーの正しい仕方

  • プレシャワー

  • さあ、実際のシャンプーに入って行くわけですが、その前にできればブラッシングをして頂ければベストです。頭皮の血行も良くなりますし、髪の、からみも取る事ができます。ここでは、シャンプー前の流しを説明します。皆様はこの部分をシャンプーする前に「髪を濡らす作業」位の価値観だと思っていませんか?実はこのプレシャワーリングも重要な作業なのです。まず、少し熱めの温度設定で充分に髪にシャワーを当ててください。濡らすという感覚よりも流すという感覚で行なってください。髪の汚れは、なんとこのプレシャワーリングだけで70%位落ちてしまうんですよ。時間にして2~3分充分に行なってください。これをやることによって髪自体の汚れも落ちますのでシャンプー剤も少ない量で充分な泡立ちが得られます。
    出典 :自宅での正しいシャンプーのススメ 正しいシャンプーの方法って? [ヘアスタイル・髪型] All About
  • シャンプーの前に髪を濡らす程度だと思っていませんでしたか?
    実は、シャンプー前のプレシャワーは、汚れ、埃を落とすためだったんですね!!

  • 男性必見!

     

    抜け毛の多い男性は特に必見です。

  • 髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うのです。
    出典 :正しいシャンプーの仕方
  • 納得です。髪をいくら奇麗に洗っても、頭から油のような臭いがしてしまう原因はここなんですね。

  • 髪の成長には、頭皮を健康に保つことが大切です。シャンプーは“髪を洗う”ためのものと思いがちですが、シャンプーの重要な目的のひとつが“頭皮を洗う”こと。毛穴から分泌させる「皮脂」には、髪の毛や頭皮を乾燥から守る役割があります。ところが過剰に分泌された皮脂は、古い角質や汚れと混じり毛穴を詰まらせてしまいます。
    出典 :頭皮を洗うシャンプーの仕方 | エイジングケアのアンファーストア | ニッポンを若くするアンファー | ANGFA
  • 1.アミノ酸系の泡で充分に泡立てる。

     “頭皮を洗う”には、充分な量の泡で、頭皮についた汚れや皮脂をシャンプーの泡に溶かし込むよう丁寧に優しく洗います。 また、直接頭皮にふれるため、刺激の少ないアミノ酸系のやさしい洗浄成分で洗いましょう。
    ※スカルプDの洗浄成分はアミノ酸系です。十分な泡で汚れを落としながら潤いを保ちます。

    2.指の腹で洗う。

     シャンプーは指の腹(指紋の渦の中心辺り)を使い丁寧に洗いましょう。洗髪時に髪の汚れとともに頭皮の脂(皮脂)を落とそうと意識するあまり、指先に力を入れてゴシゴシと頭皮をこすっている人が少なくありません。頭皮を傷つけ、抜け毛の原因になることもあるので、注意が必要です。
    出典 :頭皮を洗うシャンプーの仕方 | エイジングケアのアンファーストア | ニッポンを若くするアンファー | ANGFA
  • キューティクルの保護も重要

  • 熱くて強いシャワーは厳禁!
     お湯は体温に近い38℃くらいが正解
     シャンプーの時熱いお湯や強いシャワー圧はタブーです。
    熱いお湯を浴びるとキューティクルが立ち上がり、髪の毛がボワッと膨らんでしまいます。髪の毛にとってベストなお湯の温度は38℃。シャワーの時には、シャワーを体温に近いぬるめの温度に調節して使ってください。シャワー圧も程ほどに。浴室の壁に当たったとき、しぶきがいっぱい飛ぶようなら、勢いが強すぎます。
    出典 :正しいシャンプーの仕方
  • シャンプーをよく流す

  • そして、最後の流しに入るわけですが、ココが重要です。充分過ぎるくらいシャンプー剤を流してください。フケや痒みがある方の多くは石油系のシャンプー剤であらって、この流しを疎かにしているのが原因とされています。最低でも3分以上はシャワーで流してください。
    出典 :自宅での正しいシャンプーのススメ 正しいシャンプーの方法って? [ヘアスタイル・髪型] All About
  • 3.キレイに流す、しっかり乾かす。

     シャンプー後はしっかり洗い流しましょう。洗い残してしまうと髪が傷んだり、頭皮を刺激してトラブルの原因となります。
    出典 :頭皮を洗うシャンプーの仕方 | エイジングケアのアンファーストア | ニッポンを若くするアンファー | ANGFA
  • さっぱり流してください

  • そして、リンスやトリートメントに移る訳ですが、頭皮に何かしらの効果があるリンス剤以外は頭皮には付けない様にしてください。これもフケ痒みの原因になります。(裏書に頭皮にも付けると書かれてる製品は別です)
    出典 :自宅での正しいシャンプーのススメ 正しいシャンプーの方法って? [ヘアスタイル・髪型] All About
  • また、水分を拭き取らない状態からの自然乾燥は、地肌を傷めたり、キューティクルを開いた状態にしてしまい髪の水分量を減少させてしまいますので、頭皮にも髪にもよくありません。タオルで充分に水分を拭き取った後、素早く乾かしてください。
    出典 :頭皮を洗うシャンプーの仕方 | エイジングケアのアンファーストア | ニッポンを若くするアンファー | ANGFA