最近のお子様の習いごと事情

最近のお子様の習い事の人気は何でしょうか?昔ながらの習い事と
何が変わったのでしょうか?

view210

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 人気のおけいこ事は?

  • 女の子だから男の子だから・・・というチョイスではなく
    その子の個性と「やる気」を重要視してあげたいものです。

  • 習い事は親の忍耐も必要

  • 無理してやっても仕方ない


    どうして続けなくちゃいけないんでしょう。
    好きな子は勝手に続けます。
    嫌だってことはむいてないんだから1年のびても
    そこでやめます。
    出典 :音楽の習い事の継続で、親が子にできる努力はどこまで? : 趣味・教育・教養 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
     

    ピアノの場合にはよくあるパターンですね。

  •  

    楽しみながら学ぶ英語教室が増えています。

  • 第1位 スイミング(42.2%)
    圧倒的な人気を誇るのがスイミング。男女別のランキングでもともに1位を獲得しています。最近は生後4ヶ月前後から始められるベビースイミングも人気が高く、産後のママの運動不足解消にもひと役買っている様子。通わせる理由としては、「丈夫な体づくり」を挙げる人が多いですが、もちろん、泳ぎの習得も重要な目的。プールや海などのレジャーを楽しむうえでも、泳げることは大きな安心につながります。

    第2位 ピアノ(19%)
    今も昔も習い事として、女の子を中心に絶大な人気を誇るピアノ。自分が小さいころに習っていたママも多く、親しみやすいのも人気の理由。子どもから「やりたい」といってくることも多いようです。音符が読めれば、音楽を楽しむ幅も広がりますし、コツコツ練習を続けることで忍耐力や集中力も身に付くなどのメリットがあります。逆にいうと、家で練習しなければ、なかなかうまくならないので、家庭でのサポートも必須。昨今の住宅事情から都心部では練習環境を整えるもなかなか難しい場合もあります。

    第3位 英語・英会話(16.1%)
    小学校での英語の授業も必修化され、今後ますます必要になってくる英語。第3位というのも納得の結果です。とくに、自分自身が英語が苦手だと、子どもには英語で苦労してほしくないと思ってしまうのも親心。「早期に本格的な英語教育を」というより「まずは英語に親しんでほしい」「英語に耳を慣らしてほしい」と考えている人が多いようです。最近は教室のタイプも多岐にわたり、「キックボクシング+英会話」という個性的なカリキュラムを持つe-kids(イー・キッズ)などもあります(関連記事:発見! 頭と体と心を鍛える英会話教室)。
    出典 :子供の習い事人気ランキング [子供とおでかけ] All About
     

    現代の習い事ランキングを見てもお子さんへの需要が文武両道な域に
    達していることが分かりますよね。

  • 習い事は「本人がやる気になればなんでも!」という人もいると思いますが、選択肢の幅がぐっと広がった今だからこそ、人気の習い事が気になる人も多いはず
    出典 :子供の習い事人気ランキング [子供とおでかけ] All About
  • 子どもの個性を最優先して

  • 習い事目当てに、幼稚園に移る人もおりますが、預かり時間などの問題でそう簡単にはいかないのが実情。土日だけで複数の習い事に通うにも限界があります。知人の住む都内のある地域では、週末の幼児スイミングは3年待ちの人気だとか!
    出典 :子どもの習い事選び、ワーママが重視すべきこと
     

    通う幼稚園に課外活動がある場合には確かに助かります。園選びも慎重になりますよね。