PMS対策を考える。

女性なら誰しも生理前は心や体がデリケートになるもの。我慢できる時と我慢できない時があります。今朝のラジオで豆乳がPMSに良い、とか聴こえてきたのですが ちゃんと聴いてませんでした...まとめてみました。

view302

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • PMSとはなにか

  • PMSとは(Premenstrual Syndrome)の略

     

    日本語では「月経前症候群」と呼ばれています。 生理が始まる前の約2週間に起こる、心とカラダのさまざまな不調のことで、生理が始まると自然に消えたり、軽くなるのが特徴です。

  • PMSの症状とは?

  • 体に起こるPMS

     

    •乳房のハリや痛み
    •顔や手足のむくみ
    •眠気
    •不眠
    •便秘

    •下痢
    •頭痛
    •吐き気
    •にきび
    •食欲増進など

  • バランスの悪い食事はビタミンやミネラルの不足が原因で症状が強くなります。お酒、タバコ、甘いものなどの嗜好品を摂る人も症状が出やすくなります。


    出典 :PMSとは? - テルモ|基礎体温でカラダと話そう
  • 心に起こるPMS

     

    •イライラする
    •集中力がなくなる
    •憂うつになる
    •興奮する
    •不安が高まる

    •無気力になる
    •1人でいたくなる
    •仕事の能率が低下するなど

  • PMSの症状を強くする要因

    ストレスや緊張、疲労が蓄積されると、症状が強くあらわれやすくなります。 特に、働く女性は、残業続きで無理が重なったりすると、集中力が低下して仕事のミスが増えたり、攻撃的になったり、生活上のトラブルが起きることもあります。
    出典 :PMSとは? - テルモ|基礎体温でカラダと話そう
  • 我慢しないで...

     

    普段から几帳面、クヨクヨ悩んでしまう、細かいことを気にしやすい性格、つらくても我慢してしまう人は、症状を強く感じる傾向が見られます。

  • 出産経験や年齢によっても違う

     

    20代前半や、出産したことのない人のPMSの症状は『乳房が張る』 『肩がこる』などと、どちらかといえば体の症状が前面にでやすいのに比べ、30代後半や、出産を経験した人の症状は『攻撃的になる』『イライラして、つい家族や周りにあたってしまう』など、精神的な症状が前面に出やすいようです。

  • PMSだ。つらい。帰りたい。人とあいたくない
  • 早く魔法にかからないとpmsのせいでなんもやる気がでないほんまにつらい大学入って2週間前からやばい地獄の2週間が毎月毎月(;o;)やんなっちゃうもぅ女やめたい
  • どうしたらいいの?

  • 有酸素運動をしている女性のほうがPMSの症状が軽くなる傾向があるようです
    出典 :自宅でできるPMS対策~生活編 [婦人病・女性の病気] All About
  • お風呂にはいる
    体を温めると血流もよくなります。湯船に入ってあたたまると『乳房のはりが減って、楽になった』という話をよく聞きます。お風呂でリラックスできれば、ストレス改善にもつながりそうですね。
    出典 :3/3 自宅でできるPMS対策~生活編 [婦人病・女性の病気] All About
  • 豆乳を飲むだけで和らぐ説

  • 真逆の話もあります。

  • 豆乳を飲むと、卵胞ホルモンの代わりにイソフラボンが活発に働き、黄体ホルモンを刺激して、その結果【PMS】となってしまいます。
    出典 :健康と医学blog! : 【PMS】と豆乳
  • 我慢しないで。

     

    PMSを抱える多くが働き盛りの女性。
    いろいろ我慢の多い毎日だと思います。
    いろいろ試してみるのもいいと思います♡