30代の肌トラブルについて

30代になると、お肌の曲がり角と言われるように色んなトラブルがあらわれますよね。
にきびやシミ、くすみが気になりだす年代だと思います。
若い肌を維持するには、日ごろのケアが大切です。

view421

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 30代の肌トラブルって?

  • 今はあまり実感がないかも知れませんが、40代に入ると人の体力はガタッと落ちてきます。

    普段からあまり活動しておらず、買い物などのお出かけを全て車で済ませていると、早くも40代後半に膝あたりに違和感を感じるようになってしまうかも知れません。

    当然の事ですが、美しい外見は健康な身体の上にあります。

    女性は40代後半から50代以降になるとホルモンバランスの影響によって骨粗しょう症になる確率が格段に増えてきます。30代の内から運動習慣をつけておきましょう。
    出典 :30代の女性がお肌と美容のためにやっておくべきこと7選 | nanapi [ナナピ]
  • 30代に入ったら早くもシミが出てきた、という方はいらっしゃると思います。今、「全然平気」と思っている方も40代に入ったら出てくるかも知れません。

    「私はシミが出来ない体質」と若い頃は多くの人が思っています。しかし、シミ爆弾は肌の下に蓄積して肌の表面に出てくるのを待っています。いつ頃から出てくるかは人によって違います。

    シミにならないためには、日ごろのUVケア。これしかありません。30代でも遅くはありません。美白化粧品にお金を使うよりも、日焼けしない努力をしましょう。
    出典 :30代の女性がお肌と美容のためにやっておくべきこと7選 | nanapi [ナナピ]
  •  

    若い頃より念入りにケアしましょう

  • シンプルなスキンケアを続けた人のほうが、30代、40代になってもシミやシワの少ない、きれいな肌を保っているケースが少なくありません。
  • でも、しっかりケアすればこんなつるつるお肌!

     

    とても30代とは思えないきれいなお肌ですよね?

  • 30代はトラブルが起きやすい!?

  • 30代からのお手入れの基本は、ずばり、
    余計な角質を溜めないことと
    毛穴を塞がないこと。
    そして保湿。


    お肌は排出する臓器。

    排出されるべきものが排出されないのはトラブルの元です。


    子供は自力で汗と油がバランスよく排出されるので
    洗顔後もしっとりツルツルのお肌なんですね。


    ところが、年とともにこの分泌力が衰えてきます。

    そして人によっては乾燥肌、オイリー肌となるのです。

    なので、分泌する毛穴や汗腺を塞がないお手入れが基本となります。
    出典 :30代からの美肌のお手入れの基本|美肌の秘密
  • 自分に合ったサプリや化粧品選びが大切です

  • プラセンタサプリは美肌になるだけでなくダイエット効果もあります。新陳代謝をよくして老廃物を体外に出すのを促進するからです。すぐに効果は出ないので長期間飲む必要があります。30代以降で年を感じるようになってから飲むくらいで大丈夫です。若いと新陳代謝も良いはずだからです。
  • きれいなお顔に!

     

    油断するとすぐに肌に出やすい年代です。
    化粧落としから、洗顔、日々のケアが大切です。

  • 冬の乾燥から肌を守るセラミドは
    30歳ごろから減少する

    画像の代替テキスト
    肌を乾燥から守るセラミドは30歳ごろから減り始める 夏は汗や皮脂の分泌が多く、それが肌のバリアとなって乾燥や外部の刺激から肌を守ってくれます。しかし冬になると空気も乾燥して気温も低いため、肌からどんどん水分が蒸発してバリア機能も低くなり、うるおいも失われてシワやたるみの原因になります。

    肌の老化のサインであるシワやたるみなどを防いでくれるのが皮膚の角質内にある「セラミド」(細胞間脂質)。しかしセラミドは30歳くらいから少しずつ分泌量が減り始めてしまいます。
    出典 :3年後の肌で差をつける乾燥肌の10分ケア [アンチエイジング] All About
  • 肌のシワなどは高齢になってからの修復が難しい。美肌のためには、20~30代から毎日の生活の中で定期的にビタミンEを摂取して、健康に年を重ねていくことが大切。
    http://t.co/aC4rQcBD7w #Vitamin
  • スキンケアで気を付けたいこと。

    30代までは油分の与えすぎに注意しましょう。

    特にTゾーンはつけすぎないように。

    油分の与えすぎは毛穴もダルッとします。

    脂っぽくなる季節や肌質の時は、
    目の周りや口の周りに少量クリームを
    つける程度でよいでしょう。
  • 様々な健康サプリが販売されています

     

    自分に合ったものを上手に使いましょう。