ちょっと知っておきたい知識【流動食】どのように使うのか

流動食を使用する事は少ないかもしれません
しかし、知っておいて損はないこの知識を
まとめてみました

view486

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 流動食?

  • 流動食(りゅうどうしょく)は、主に乳児、あるいは成人の重体疾患者用の食事である。

    一般には牛乳、果汁、重湯(おもゆ)、卵黄・卵白、スープ類などが利用され、乳児の離乳食や、成人が消化器等の疾患の際に治療食として使用する
    出典 :流動食 - Wikipedia
  • 常食、軟菜食、キザミ食、ミキサー食、流動食
     高齢者施設や病院では、高齢者一人一人の状態にあわせて、食事の“軟らかさ”や“消化の良さ”を段階的に調節しています。たとえば、普通の食事を“常食”と、それより軟らかいおかずとお粥(かゆ)で構成されている献立を“軟菜食”または“ソフト食”とよびます。
     食材を口に入りやすい大きさにカットして、噛み切る能力が弱い人に合わせた献立を“キザミ食” または“カット食”といいます。
    出典 :健康長寿ネット-常食から流動食
     

    色々なタイプがあります
    細かくなるにつれて呼び名が変わっているという所ですね

  • 今日流動食は、病気や加齢など何らかの理由で通常の「食事」が摂れない方のための「食事」としての位置づけになっていますが、当初は手術前後の栄養補給を主目的として使用されてきました。当時は院内独自に天然食材をミキサーなどで加工調理しておりましたが、その後の食品加工技術の進歩により、長期保存が可能な「粉末化」市販品や、レトルト「缶詰品」が登場してきました。
    出典 :アセブバッグ|介護食・嚥下食・流動食・医療食のクリニコ
     

    流動食は口からのタイプと注入タイプの2タイプは見たことがあります

  • こんな感じのものがあります

     

    ミキサー食でもありますね

  • 種類も分けられている

  •    普通流動食には、

       重湯、牛乳、豆乳、スープ、果汁、葛湯 などがあります。
    出典 :流動食について
     

    この辺ならわかりますね

  •    天然濃厚流動食には、

       普通の自然食品をミキサーにかけるミキサー食と

       天然食品をベースとして他の栄養剤を添加した流動食があります。

       通常は市販されているものを天然濃厚流動食と呼ぶことが多い
    出典 :流動食について
  •    人工濃厚流動食には、

       半消化態栄養剤、消化態栄養剤、成分栄養剤 があります。

    出典 :流動食について
  •  

    こんな商品も出ているのです
    びっくりですよね

  • どのような時に使うのか

  • 摂取能力に応じた献立を
     食事をする人の摂食・咀嚼(そしゃく)・嚥下(えんげ)の能力にあわせて、食事の形態に変化をつける工夫のことを、献立の展開といいます。家庭で介護をする場合を想定して、家族の通常の食事を基本にして、高齢者の摂取能力に適した介護食へ展開する方法を考えてみましょう。
     展開は、通常の食事と同じような食材料を使用し、調理法や分量をアレンジだけなので作業効率もよく経済的です。
    出典 :健康長寿ネット-常食から流動食
  • あまりされないですがダイエットもある

  • 材料
    1.バナナ1本
    2.ゆでたほうれんそう(80g)
    3.ヨーグルト(100g)
    4.ナタデココ10個
    出典 :ダイエットレシピ~流動食ダイエット~|ダイエットオンライン
     

    レシピをご紹介

  • 作り方
    1.ゆでたほうれんそう(80g)とバナナ1本と
    2.ヨーグルト100g(ブルガリア)とナタデココ10個
    3.をミキサーで混ぜて食べるみたいです。
    出典 :ダイエットレシピ~流動食ダイエット~|ダイエットオンライン
     

    これだけだそうです
    流動食は色々な事に使えますが、栄養が少し・・・なので
    きをつけましょうね