パーキンソン病についてと、発症した有名人のまとめ

50歳以降に発症することが多く、いくつかの特徴的な症状がみられる「パーキンソン病」。病院は、口コミ検索サイトからさがせます。

  • wolf 更新日:2014/11/20

view4063

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • パーキンソン病とは

  • パーキンソン病の日本での有病率は、人口1,000人当たりに約一人と言われており、日本全体で10万人以上の患者さんがいると推定され、高齢化社会を迎えるにあたって、今後ますます患者数は増えると予想されています。
    出典 :パーキンソン病とは?
  • パーキンソン病は、脳の中の黒質にある神経細胞が減ることにより、ドパミンが減少するために起こる病気です。ドパミンは、運動を円滑に行うように脳からの指令を筋肉に伝える神経伝達物質です。この命令がうまく伝わらなくなるので、パーキンソン症状と呼ばれる運動の障害を生じます。なぜこの病気が起きるのかはまだ不明です。パーキンソン病のほとんどは遺伝と関係ありませんが、遺伝するパーキンソン病の家系が判明し、遺伝子レベルでの解析が進んでいます。パーキンソン病は、中高齢者に発症し、患者さんは10万人あたり100人以上はいるとされ、65歳以上ではさらに増加するといわれています。高齢社会において、脳に関係する病気では、アルツハイマー病に次いで身近な病気といえます。
    出典 :パーキンソン病 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  • パーキンソン病のおこるしくみ

  • パーキンソン病の主な症状は4つ。

  • パーキンソン病と現在の治療法