美容と健康を手に入れる食べ方のヒント

人間の身体は、食べたものでできています。食べ方や食べ物によって、美しくもなるし、健康にもなれるのです。正しい食べ方のヒントを集めました。

view255

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 美容と健康のためにタマゴを食べましょう!

     

    タマゴは私たちのカラダを作るために必要なたんぱく質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれている栄養価の高い食品として昔から知られています。それなのに、「タマゴはコレステロールが高いから…」と心配して食べるのを控えたりしてはいませんか?確かに、タマゴの黄身にはコレステロールが多く含まれていますが、心配に及びません。それどころか、タマゴはとても栄養価が高く、健康維持に役立つだけでなく、美容にも良い優れた食べ物なのです。

  • ヨーグルトの力ヨーグルトには良質のタンパク質、カルシウム、ビフィズス菌が豊富。
    同じ乳製品仲間の牛乳やチーズ、バターに比べて低脂肪・低カロリーです。
    また牛乳のように低脂肪タイプだと味気なさが気になりますが、
    ヨーグルトの場合は比較的おいしく食べられます。

    タンパク質は内臓、髪、肌などあらゆる細胞組織の生成に使われ、
    カルシウムは骨と神経系統の健康に働きます。
    そしてビフィズス菌は腸の善玉菌を増やして腸内環境を整え、
    肝臓も解毒し、血液をキレイにします。
    結果、便秘や肌アレ、アレルギー、疲労、生活習慣病やガンの予防に大いに貢献します。
    出典 :ヨーグルトのかしこい食べ方 | ハウコレ
     

    美容と健康には最適な食品ですね。

  • 美容を気にする方に欠かせないのが、ビタミンとミネラルをたっぷり含んだ野菜や果物。
    とくに、ビタミンCを多く含む柑橘系の果物や旬の野菜は、美肌づくりに不可欠。だからといって、野菜や果物だけしっかり食べていれば、美肌がつくれるわけではありません。

    肌の細胞をつくるには、肉、魚、卵、豆などから良質のたんぱく質も摂取する必要があります。これらは体をつくる材料になる食べ物。脂質を多く含む肉は、食べすぎると肥満の原因になりやすいので、食べすぎに注意しつつ、比較的低カロリーの大豆製品を活用しましょう。

    出典 :美しくなるための食事と食べ方【ココミル】
     

    美容にはバランスの良い食事が必要です。

  • 「食べる美容液」と呼ばれるアボカドの美容・健康効果

     

    アボカドは世界一栄養価の高い果物としてギネスで認定されており、脂肪分が高いことが特徴のひとつ。
    その脂肪分はなんと20%弱もあるのですが、アボカドの脂質は不飽和脂肪酸のオレイン酸とリノール酸が8割を占めています。
    ですので、血中コレステロールを増やす心配は少なく、心臓や血液の循環に優れた効果を発揮するとされています。
    しかも、リノール酸は、血液中の悪玉コレステロールを減らすともいわれています。

    がんや動脈硬化、老化防止に効果があるビタミンE、脂肪を分解するビタミンB2、皮膚の再生、新陳代謝、美肌作りに効果があるビタミンB6などビタミンB群、鉄や葉酸などのミネラルも豊富に含んでいます。

  • 一日に同じ量を食べるとしても
       朝食と昼食をしっかり
        夕食は軽めで就寝2時間前までに終了。
         夜食はやめましょう。
      その方が太りにくい体質になります。
       遅い夕食や夜食は
        肥満、血糖値、中性脂肪が悪化し
       脂肪肝を招く可能性があります。

    出典 :体に良い食べ方 - 美容と健康 ダイエットの為に腹八分目
     

    夜の食事には、気を付けましょう。

  • 一口入れたら20回噛みましょう。

        よく噛むことで早食いを防止します。
        満腹感もでますので食べ過ぎを防止します。

    出典 :体に良い食べ方 - 美容と健康 ダイエットの為に腹八分目
     

    よく咀嚼して、20分は一回の食事にかけましょう。

  • 血糖値の急上昇を押さえる食べ方

    規則正しい食生活 と
     血糖値が上がりにくい食品からゆっくり食べます。
      ①最初に野菜
       ②次にお肉や魚 
        ③最後にご飯やパン 
         ④デザートなど甘いものは最後

    出典 :体に良い食べ方 - 美容と健康 ダイエットの為に腹八分目
     

    更に糖質の高いものを控えるとよいでしょう。

  •  お酒で注意する事は4っつです。
      ・適量はビール一本迄、または日本酒一合以内
       週に二日は休肝日

      ・飲む前に胃の粘膜をいたわるものを食べましょう。
       すきっ腹にがぶ飲みは胃腸の粘膜を荒らします。

      ・ビール一本、おにぎり一個分? 意外に多いお酒のカロリー

      ・痛風に注意、一度かかれば完治できません。お勧めは焼酎。
      
    出典 :体に良い食べ方 - 美容と健康 ダイエットの為に腹八分目
     

    飲み過ぎは禁物

  • 朝昼晩の食事を抜かない

     ダイエットのつもりで朝食、昼食を抜かないようにしましょう。
      体が中性脂肪を蓄える体質になってしまいます。
       食欲がなくても、時間がなくても、
        バナナ一本位は食べましょう。


    出典 :体に良い食べ方 - 美容と健康 ダイエットの為に腹八分目
     

    規則正しく食べる習慣が基本です。

  • ショウガの効能
    1) ダイエットに! 代謝をアップさせる
    ショウガは味覚神経を刺激して交感神経を活発にし、体脂肪の分解、燃焼を促しますので、エネルギーを消費してくれる助けになります。

    2) 血の巡りをよくする
    生のショウガは血液の凝固を抑制し、血液循環を促します。さらに新陳代謝を活発にするため、筋肉の緊張をほぐし、身体の隅々にまで血を行き渡らせる助けをします。血の巡りがよくなれば、顔も血色がよくなりますし、毎月の生理を整える意味でも効果あり。

    3) 喫煙者にも有効! 身体の『酸化』を抑える
    体内で、代謝の際に体内にうまれる「活性酸素」は、身体を酸化(さびついた状態)にさせてしまいます。喫煙者が、しみが増えたり、肌がくすんだりしてしまうのも、この活性酸素が原因。ショウガは、これを取り除く、いわゆる「抗酸化作用」がある食材の1つで、血液中のコレステロールの増加を防ぎ、免疫力を高め、丈夫な身体を作ってくれるので、生活習慣病を予防するのに有効です。

    4) お肌のシワを防ぐ
    ショウガには、なんと「肌にシワが寄るのを防ぐ働き」というのもあるそう。日頃から食べ続けるといいそうですが、さらに特に陽射しの強い日であれば、外出する前に生のショウガを切って、その汁分を顔に薄く塗るのも、有効な方法なのだとか。

  • お粥は美容に効く

     

    体調を崩したときに食べるものの代表といえるのがお粥ですが、実はお粥は胃にやさしく消化しやすいだけでなく、デトックスや美肌効果をはじめ、キレイと元気のためのさまざまなうれしい効果がある食べ物なのです。

  • 女性にやさしい『りんご』

     

    ヨーロッパには、
    『一日一個のりんごは医者を遠ざける』という
    ことわざがありますが、最近のアメリカの研究で、
    りんごを1日1個食べるだけで、
    『超悪玉コレステロール』の血中濃度が下がることが
    わかっています。

  • トランス脂肪酸は、多量に摂取すると悪玉コレステロールを増加させ、心臓疾患のリスクを高めるといわれています。これは健康に良くない脂質ですが、油だからといって、なんでも十把一からげにするのは考えものだと、トラン氏は主張します。

    例を挙げると、青魚に多く含まれるオメガ-3脂肪酸や魚油サプリメントは、心臓や脳の健康を高めるという研究結果が多く出されています。2009年には、オメガ-3脂肪酸や魚油サプリメントは、更年期女性の乳がんリスクを下げるという結果が発表されています。

    オメガ-3脂肪酸は、関節炎や高コレステロール、注意欠陥障害の改善にも役立つと考えられています。また、魚だけでなく穀物や種実、ナッツなどにも含まれていますので、魚にこだわらず、バランスよい食事を心がけてくださいね。

    出典 :えっ!? こんなのが?超意外な「実は健康にいい食べ方」10個【1/3】
     

    トランス脂肪酸の摂取は控えましょう。

  • 食べ物が消化・吸収された後、糖質は100%、タンパク質は50%、脂質は10%弱が血糖に変わります。また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。一方、タンパク質の血糖値上昇のピークは食後約3時間で、脂質は消化・吸収に丸一日かかることもあります。

    これらは、カロリーとは無関係な三大栄養素の生理学的特質です。

    現在、糖尿病において、食後の急激な高血糖が大きな問題として注目されています。
    食後、高血糖が心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を起こす危険因子として確立されたからです。そして食後、高血糖を起こすのは、三大栄養素のなかで糖質だけなのです。

  • 糖質制限食の特徴は、糖質の摂取を低く抑えて、食後の高血糖を防ぐことにあります。
    簡単に言うとご飯やうどん、パンなどの炭水化物の摂取を控えて、食事をすることです。

    じゃあ、なぜ炭水化物の摂取を減らさないといけないのでしょうか?
    炭水化物は消化の過程で糖に分解されます。その糖は炭水化物を多く摂取すると血糖値を上げる事になります。

    糖尿病や統合失調症の方にとって、血糖値の上昇が、身体に大きな負担となり、疾患を悪化させる原因になります。

    出来るだけ日常の生活の中で血糖値をおだやかに維持することは、糖尿病の人の治療だけではなく、将来起こりうる疾患の予防に結び付くことになります。

    出典 :美しく健康に生きるための食生活~糖質制限食のススメ|幸せカラダ塾
     

    糖質制限食は、病気の予防にもつながります。