食べ物で可能?!カサカサ肌対策!

食べ物で可能なの?
化粧水に頼らず、食べ物から保湿してこれからの季節を乗り切りましょう!

view390

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • かさかさになってしまった肌には化粧品や美容液でのケアしかないと思っていませんか。実は食事に気をつけることで肌を改善させることができます。
    出典 :冬のカサカサに 食事で肌の乾燥を改善 | Woman.excite ライフプランニング
  • 大切なことはお肌は約一ヶ月周期で入れ替わっているということ。そして、水分の保持には実は水分、脂分の両方が関係しているということなのです。
    出典 :乾燥を防ぐ注意点と食べ物 今から始める乾燥肌対策2 [食と健康] All About
  • 新陳代謝を良くして健康な皮膚を作るためにはバランスの取れた食事が一番ですが、特にダイエットのしすぎで脂分をあまりに制限してしまうと、皮膚がかさかさする原因になってしまいますのでご注意を・・・。
    出典 :乾燥を防ぐ注意点と食べ物 今から始める乾燥肌対策2 [食と健康] All About
  • どんな食べ物が良いのかしら??

  • 【セラミド】

  • セラミドを多く含む食品

     

    大豆、生芋こんにゃく、米(胚芽部分を含んでいるもの)、小麦、ヨーグルト、ほうれん草など


    出典元:http://recipe.bioweather.net/medi1/dry_column1.php

  • 皮膚の角質層に存在する脂質で、皮膚を外部の刺激から守り、角質層の水分を保持する働きを持っている。幾重にも重なった角質細胞の隙間をビッシリ埋めて皮膚のバリア機能を司っている。セラミドが不足すると角質細胞の隙間が埋まらず、皮脂膜も形成されにくくなり、角質細胞に保持されている水分が蒸発して、角質細胞間は隙間だらけとなっていく。
    出典 :乾燥肌を予防する栄養素と食べ物
  • 【ビタミンA(レチノール・カロテン)】

  • ビタミンA(レチノール・カロテン)を多く含む食品

     

    レチノール : レバー(鶏、豚など)、肝油、乳製品(牛乳・チーズ・バターなど)、卵、ホタルイカ、ウナギ、アナゴ、アユの内臓など
    カロテン : 緑黄色野菜(にんじん、かぼちゃ、しその葉、パセリ、にら、ほうれん草、小松菜、春菊、明日葉など)、海苔、ワカメ、緑茶など

    出典元:http://recipe.bioweather.net/medi1/dry_column1.php

  • 皮膚や粘膜の潤いを維持し、新陳代謝を促す働きを持っている脂溶性のビタミン。レチノール類の形で自然界に存在し、植物ではβ‐カロテンの形で存在する。不足すると皮膚表面の細胞がダメージを受けやすくなり、皮膚がカサカサになってくる。脂溶性なので油と一緒に取ると吸収されやすくなる。
    出典 :乾燥肌を予防する栄養素と食べ物
  • 【脂質】

  • 脂質を多く含む食品

     

    飽和脂肪酸 : 肉類、卵、乳製品など
    不飽和脂肪酸 : 植物油(紅花油、コーン油、ひまわり油、大豆油など)、DHA・EPA(特に青魚)、ごま、ナッツ類(松の実、ピーナッツ、アーモンドなど)、凍み豆腐など

    出典元:http://recipe.bioweather.net/medi1/dry_column1.php

  • 脂質不足は皮膚のカサツキの原因となる。三大栄養素のひとつで大部分を占めるのが脂肪酸。脂肪酸はエネルギー源となると同時に細胞や血管を作る働きを持っており、肉・卵・乳製品など動物性食品に含まれる飽和脂肪酸と、植物油や魚介類に多く含まれる不飽和脂肪酸がある。
    出典 :乾燥肌を予防する栄養素と食べ物
  • 【たんぱく質】

  • たんぱく質を多く含む食品

     

    肉類、魚類(特にEPAやDHAを含む青魚)、卵、大豆、大豆製品、牛乳、乳製品など


    出典元:http://recipe.bioweather.net/medi1/dry_column1.php

  • 皮膚の角質細胞はたんぱく質で形成されているので、皮膚のバリア機能を守るためには良質なたんぱく質が必要。肉類には良質なたんぱく質が豊富だが、血中コレステロールを高める飽和脂肪酸も多いので、肉類の取り過ぎには注意する。
    出典 :乾燥肌を予防する栄養素と食べ物
  • 注意すべきことは?

  • 塩分の過剰摂取やインスタント食品、ファーストフードの利用過多などは肌に行き届く栄養バランスに偏りが生じてしまい、乾燥肌を引き起こしやすくなります。
    出典 :乾燥肌の対策方法 : スキンケアで美肌を目指そう
  • バランス大事ですね。

  • 辛い食べ物をとることで発汗作用が促されると自然と肌に水分がいきわたり、保湿効果もでてきます。

    また新陳代謝も活発になるので、古い弱った乾燥肌の角質層が潤いのある新しい肌に生まれ変わります。

    辛い食べ物としては、唐辛子やコショウ、チリソース、カレー粉などの香辛料をつかった料理がいいでしょう。
    出典 :乾燥肌対策は食べ物から