簡単おいしい!生姜ココアダイエット

やせない原因「基礎代謝の低下」「老廃物の蓄積」「むくみ」を撃退してくれるのが、ぽかぽかあったまる生姜ココア。上半身、下半身を効率よく温めてくれる抜群の組み合わせなのです!

  • mix 更新日:2013/12/17

view992

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どんな効果があるの?

  • 寒い季節は、体が温まる食べ物が恋しくなりますね。

    生姜やココアに、体を温める効果があることはみなさん御存じですよね?

    実際、カゼをひいたときに生姜湯を飲むかたも多いと思います。また、冷えた体を甘いココアで温めたりしますよね。


    実験の結果から、生姜の温熱作用には即効性・持続性があり、なかでも体の上半身の温めに役立つということがわかっています。

    一方、ココアの場合は、漢方の分野では温冷が明確ではありませんが、実験でやはり温熱作用が確認されました。ただ、体の部位でみると、生姜とは逆で足首や、つま先といった下半身が温まることがわかりました。

    つまり、冷え症が気になるかたは、体の上半身を温める生姜と、体の下半身を温めるココアを生姜ココアとして一緒にとれば、全身がポカポカになるというわけです。


    出典 :やせちゃうしょうがココア - ダイエット
  •  


    <血液をサラサラにして病気予防>

    しょうがとココア、それぞれの温熱作用はどういった成分由来のものなのでしょうか。すべてのメカニズムが明らかになっているわけではありませんが、一般的に、しょうがの場合は、辛味成分であるジンゲロールが、エネルギーの代謝を促し、体熱産生をアップさせていると考えられています。
    ジンゲロールという成分は、いま話題のポリフェノールと似た構造を持ち、血液サラサラ効果も期待できます。血栓が詰まって起こる、脳梗塞や心筋梗塞が心配という人におすすめです。また、抗菌作用があるので、下痢や腹痛、食中毒の予防にも効果的です。

  •  寒い冬にぴったりですね。


  • ダイエットの大敵を撃退!

  • 生姜ココアには、ダイエットの大敵「基礎代謝の低下」「老廃物の蓄積」「むくみ・水太り」を撃退してくれる効果があります。


    生姜は、漢方では体を温める性質、すなわち「温性」の食材です。食べると、血液の循環がよくなってエネルギーの代謝がアップし、冷えが改善します。継続して長期的にとれば、やせやすい体質を維持することも可能です。
    発汗作用もあるので、体の中の老廃物を排出させる効果も期待できます。冬は、汗をかきにくくなるので、やせにくくなるばかりか、老廃物が体に蓄積されやすくなります。生姜をとって、体の毒出しをしたいものですね。
    また、食べ物を摂取した際の、消化→吸収→利用に至る一連の流れをスムーズにする働きもあります。食事の量が少ないのに、なぜか太ってしまうという人には、生姜は、とくにおすすめの食材といえます。


    ココアも生姜と同様、温の性質を持ちます。したがって、ココアに生姜を加えれば温性の働きがさらに高まり、冷えとり効果が強化されます。生姜とココアは、とても相性のよい食材といえるでしょう。
    ココアの成分としては、食物繊維が豊富なので、便秘の改善に効果的です。便秘が続くと体に老廃物がたまり、さまざまな不調を招くようになります。生姜とココアはどちらも、私たちの体を内側からきれいにして、健康にしてくれる優秀な食べ物なのです。



    出典 :やせちゃうしょうがココア - ダイエット
  • 体を温めてダイエットも出来るなんて一石二鳥・・ですね。


  • 作り方

  • <材料 1人分>
    純ココア
     …小さじ山盛り2
    生姜…約5g
    (親指の先くらいの大きさ)
    水 ………200ml

    <作り方>
    ①ココアを練る
     ココアに水少量(約10ml)を加え、ペースト状になるまでよく練る

    ②火にかける
     ①に少しずつ水を加えて中火にかけ、沸騰直前で火からおろす

    ③生姜を加える
     ②を器に移し、すりおろした生姜を加える

    ④できあがり
     よくかきまぜたら、生姜ココアの完成!!

    ● 一日1~2杯でOK
    ● 朝と夜に飲むとよい
    ● 温かいうちに飲みましょう


    ココアの種類は?

    市販のココアにはさまざまな種類のものがありますが、生姜ココアの場合は、砂糖やミルクが添加されていない純ココアがおすすめです。自分で甘さが調節できますし、カロリーを抑えることにもつながります。また、最近はポリフェノールやギャバなどの成分を多く含んだ高機能ココアも売られています。上手に活用しましょう。



    チューブタイプの生姜でもいい?

    生の新鮮なおろし生姜よりも風味、薬効の点で劣るのは否めません。チューブタイプを使う場合は、味をみながら生の生姜よりも多めに入れるとよいでしょう。


    出典 :しょうがココアダイエット
  •  


       市販されているものもあります。

       ・明治 しょうがココア 150g
       ・明治 しょうがココア ホワイト 150g
       ・ブルボン しょうがココア 280g

                      etc...

  •  簡単なので続けられそうですね。


  • 飲み方アレンジ

  • ☆甘さが欲しい時・・

    黒砂糖やハチミツ、メイプルシロップをお好みで加える。なかでも、黒砂糖には体をあたためる働きがあるのでおすすめです。


    ☆苦みが気になる時・・

    ココアの苦味が気になる人は、水のかわりに牛乳や豆乳で作ろう。カロリーは高くなるが、カルシウムやイソフラボンなど、それぞれの有効成分をとることができます。


    出典 :やせちゃうしょうがココアダイエット
  •  


    アレンジはいくらでも・・

    シナモンパウダーを入れたり、酒粕を入れたり・・オリジナルレシピで自分の好みの味を見つけるのもおすすめ!!

  •  自分流のレシピかぁ・・楽しそうですね。