年をとっていなくても認知症になる?若年性認知症の恐怖とは。

最近、引退の年になっていなくても認知症になる方が増えています。若年性認知症について調べてみました。

view415

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 認知症はご存じですよね?

  • 認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」をいいます。

    つまり、後天的原因により生じる知能の障害である点で、知的障害(精神遅滞)とは異なるのです。
    出典 :認知症|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    つまり、ただのボケと認知症は別物なわけです。病気なのですね。

  • 今、働き盛りの世代に多くなっているのが、「若年性認知症」です。

  • 「若年性認知症」とは、65歳未満の人が発症する認知症のことです。ひと言で認知症といっても、原因となる病気はさまざまですが、最も多い「脳血管性認知症」と「アルツハイマー型認知症」を合わせると、全体の65%に上ります。
    出典 :ちゃんと知りたい! 若年性認知症 |NHK あさイチ
     

    若年性認知症は、様々な病気の総称のことなんです。

  •  

    もしかしたら、あなたの若年性認知症かもしれませんよ?

  • 若年性認知症にかかっているかどうかの徴候に関したケースを載せます。

  • 主婦がアルツハイマー病 家族の気づきのポイントは?


    妻が50歳でアルツハイマー病を発症したご夫婦を取材。夫が4年前からの細かい変化を、詳細に記録していました。最初は、簡単な料理しか作らない、掃除や片づけをしないといったささいなもの。しかし次第に、食卓の自分の席を間違える、食事の配膳ができない、などの症状が現れ始め病院を受診したところ、初期のアルツハイマー病と診断されました。主婦の場合は、1人で家の中にいることが多いため、変化に気づきにくい場合があるそうです。

    【家庭でのサイン】
    ・ゴミ出しのルールが守れない
    ・スーパーで迷う
    ・車に傷が増える
    ・ボーッとしている時間や生返事が多い
    出典 :ちゃんと知りたい! 若年性認知症 |NHK あさイチ
     

    ちょっとした生活の変化が、気づきのポイントみたいですね。

  • 普通のもの忘れとの見分け方は、↓こんなポイントにあります。

  • 「普通のもの忘れ」と「認知症」の違い

    一般的なもの忘れと病気が心配されるもの忘れの違いは、症状の『頻度・重さ・広がり』にあります。

    『頻度』・・・もの忘れが増えた、今までよりも忘れっぽくなったと感じた時
    『重さ』・・・夕食のメニューを忘れるのは普通のもの忘れ。
    夕食を食べたことを忘れる『重い』もの忘れは、認知症の疑い。
    『広がり』・・・もの忘れだけじゃなくて、うまく言葉が出ないとか、
    道に迷うなどもの忘れ以外に症状が『広がった』場合。

    【認知症の初期症状】
    ・気分が落ち込む
    ・怒りっぽくなる
    ・めまい、頭痛、耳鳴り
    ・料理の味が変わる
    出典 :ちゃんと知りたい! 若年性認知症 |NHK あさイチ
     

    だんだん、今までの人と、生活の仕方がずれてきます。

  •  

    今までの自分と、現在の自分がすこしずつズレてくるのは、とても怖いですよね…。

  • 若年性認知症になったからといって諦めないでください!

  • 治療の方法・対策はきちんとありますよ!

  •  しかし、診断は早期から可能です。
    記憶など知能を測定する検査や心理テスト等を
    行い、「以前と比較してどの程度能力が落ちているか、
    或いはその年齢の平均と比較して
    どうか」といった事を見れば、
    だいたい認知症かどうかがわかります。

     さらに、CTやMRI(磁気共鳴画像診断装置)など
    画像診断で、脳の萎縮をみたり、
    SPECTという画像診断装置を使って、
    脳の血流量から機能をみる検査もあります。
    「ピック病の場合は、前頭葉と側頭葉、
    アルツハイマー病の場合は頭頂葉の血流が
    低下している」といい、
    つまり、その領域の脳の働きが低下していると考えられるのです。
    出典 :大人の脳のサプリメント・リブラT-Y
     

    どんな状態になっているのかがわかれば、対策が立てられます。

  • 治療の方法です。お薬がちゃんとあります。

  •  では、現在どのような治療が可能なのでしょうか。
    薬物では、塩酸ドネペジルがアルツハイマー病の
    治療に認められた日本で唯一の薬です。

    アルツハイマー病では、アセチルコリンという
    脳の情報伝達に働く化学物質を分泌する
    神経細胞が著しく減少し、その結果、
    アセチルコリンが減少することがわかっています。
    そこで、アセチルコリンを分解する酵素の働きを阻害し、
    結果としてアセチルコリンの量を
    増やすのが塩酸ドネペジルです。

     これによって、「記憶障害や実行機能障害、
    時や場所がわからない(失見当識)
    など、アルツハイマー病の中核症状を改善する」
    事ができます。
    ただし、「症状の進行を遅らせることは可能でも、
    神経細胞は徐々に減少していくので、
    いずれ症状は進んでいく」そうで、
    つまり、病気の進行を止める事はできないのです。

     しかし、塩酸ドネペジルはいわば症状の底上げに働きます。
    「効いていないからと薬を止めると、
    ガクンと能力が低下することもあります。
    休薬してしまうと、一旦下がった能力を
    前のレベルに戻すのは困難。
    効果がある限り飲み続ける事が大切です」と
    高橋先生は語っています。
    出典 :大人の脳のサプリメント・リブラT-Y
     

    飲み続けることを忘れさえしなければ、いいみたいですね。

  • 周りの方の援助も必要不可欠であることを忘れないでください。一人で解決できる問題ではないのですから。