悩みの種…吹き出物の治療方法は??

出来てしまったら消してしまいたい!
吹き出物の治療方法をまとめました。

view584

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 吹き出物ができにくい肌をつくるために心がけること。

  •  

    予防を徹底すると、出来てしまったときの治療も難しくありませんね。

  • ■生活を改善する

    自分の生活を見直し、ストレスを減らし、生活習慣を正常にもどす。
    ストレスの原因を減らすことも必要ですが、
    運動などによりストレスを発散することも考える必要があるでしょう。

    生活習慣は、大切なのはバランスのとれた食生活と睡眠です。
    偏食や、過度のコンビニの利用などは、改めるようにしましょう。
    生活リズムを改め、睡眠時間をきちんと確保することも必要です。


    ■毛穴の汚れを落とす洗顔

    毛穴につまった皮脂や角質、メイクなどの汚れを
    残さずきちんと落とすことが必要です。

    毛穴の奥まできれいにすることは、通常の石鹸ではなかなか困難なので、
    吹き出物専用の洗顔料が必要となるかもしれません。


    ■角質のケア

    古い角質を乾燥させず、きちんと潤いをあたえ、やわらかくしてやることが必要です。


    ■メイク用品の見直し

    あまり油分の多いメイク用品は、使わないようにしたほうがいいでしょう。
    出典 :吹き出物を予防するために
  • 部分別、吹き出物の予防法・治療法

  • おでこ

  • おでこ・額にできる吹出物(吹出物)は、睡眠不足や、食生活の影響がありますので、睡眠をしっかりとるように心がけ、バランスのいい食事をすることで、改善される場合は多いようです。

    また、おでこは、ついつい触ってしまうことが多いと思いますが、鼻の吹出物(吹出物)と同様に「触る」ということは、細菌をつきやすくしてしまいますので、なるべく触らないようにして、悪化させないようにしましょう。

    おでこ・額を洗顔する場合は、手のひらで優しくまわすように洗顔しましょう。

    力をいれて荒く洗ってしまうと、吹出物(吹出物)や肌を刺激することにつながってきてしまいます。

    優しく洗うことがポイントになってくるので、泡で洗うことが望ましいです。

    おでこの生え際など、綺麗に洗顔料を落とすことで、毛穴を綺麗に保つことができます。

    すみずみまでしっかりと洗顔料を落とすようにしましょう。
    出典 :おでこ・額の吹出物 – 吹出物治療web 思春期~大人の吹出物 原因と治し方
  • 鼻の吹出物(吹出物)は、鼻はもちろんのこと、鼻の脇なども、しっかり綺麗に洗うことが大切になってきます。

    洗顔料の洗い残しがないように綺麗に優しく洗うようにしましょう。

    また鼻を触る癖のある人などは、鼻を触る癖を治す方が望ましいでしょう。

    また、鼻の外側だけでなく、鼻の内側にできた吹出物(吹出物)(鼻の穴の中)などは、薬などを塗ったら触らないことが重要になってきます。

    触る、ということは細菌がつきやすい、ということになるのです。

    鼻炎などで、鼻をかむ機会が多い人などは、鼻をかむ時に、優しくかむことが重要になってきます。

    肌をこする形でかむと、刺激が強すぎてしまいます。
    出典 :鼻の吹出物 – 吹出物治療web 思春期~大人の吹出物 原因と治し方
  • 鼻は、毛穴も気になる部分。
    毛穴パックも有効かもしれません。
    できてしまったら治癒するには厄介な場所です…

  • 頬の吹出物(吹出物)は、食生活の改善や、充分な睡眠で改善される場合があります。

    食生活は、肌にとって、切っても切り離せない関係があるので、バランスのとれた食事をきちんととることで、肌の新陳代謝を整えることができ、吹出物(吹出物)を防ぐことができます。

    思春期などのホルモンバランスのくずれの場合は、洗顔などをちゃんとすることで、毛穴を詰まらせることを防ぐことができますので、清潔に肌を保つことが重要になってきます。

    洗顔はもちろんのこと、入浴時のシャンプーなどが残っている場合が、頬の場合あります。

    シャンプーやリンスを洗い流した後に洗顔するなどして、洗い残しがないようにしましょう。
    出典 :頬の吹出物 – 吹出物治療web 思春期~大人の吹出物 原因と治し方
  • 口まわり

  • 口の周りの吹き出物のケアは、他の部位に比べるとちょっと難しいのが困った点です。
    主な原因となるストレスは、すぐには原因を取り除けないことが多いからです。

    かといって放っておくとどんどん悪化して炎症を起こしてしまうので、
    外側からのケアと、内側からのケアを同時に進める必要があります。

    ・外側からのケア (今できている吹き出物へのケア)
    ・内側からのケア (今後の吹き出物を予防するためのケア)

    まず、すでに吹き出物ができてしまっている人は、
    今以上に悪化させないために、すぐに化粧水や美容液などでケアする必要があります。

    特に口の周りにできる吹き出物は、おでこなどに比べて悪化しやすい傾向があります。
    これはおでこ周辺よりも毛穴が小さいためで、早くケアしないとすぐに腫れて化膿してしまいます。


    次に、今後できる吹き出物を予防するためには、
    できれば吹き出物の根本的な原因を改善することがベストです。
    しかし、ストレスの原因や胃腸などの働きは、すぐに改善できるとは限りません。

    そのため、具体的な対策としては、
    乱れたホルモンの働きを整えてくれるサプリメントの服用が効果的です。
    出典 :吹き出物が口の周りにできる場合/原因と治し方
  • あご(顎)にできるにきびの治療法としては、洗顔などをする場合は、まずは綺麗に洗顔料をおとすことです。

    また、肌を刺激するのはよくないので、洗顔の仕方も、手のひらを使って、洗顔料の泡でやさしく円をかくように、洗顔するのが望ましいようです。

    そして、睡眠不足はお肌の敵だと言われているように、睡眠はしっかりとって、肌の調子を整えてあげましょう。

    食生活の乱れも、肌には大きく影響するので、バランスよく、不足しがちなビタミンなども豊富に取り入れながら食生活を送るようにするとよいでしょう。

    肌の弱い人などは、自分の肌にあった物を選んで使うようにすることが大切です。

    化粧品なども、刺激が多いとにきび(ニキビ)の原因となってしまいますので、適量で、後は綺麗に洗い流すことを心がけましょう。
    出典 :あご(顎)のにきび – にきび治療web 思春期~大人のニキビ 原因と治し方
  • 顎や頬は、手を当てるクセのある人は注意!
    雑菌によって吹き出物が出やすくなるそうです。

  • 首の吹出物の治療法としては、まずは、肌を清潔に保つことです。

    刺激はよくないので、優しく洗い残しなどがないように毛穴のつまりを取り除いていきましょう。

    首の吹出物(吹出物)の原因である、ホルモンバランスの崩れは、肩こりなども引き起こしますので、冷房や、暖房に長くあたりすぎない、などの配慮も必要になってきます。

    また、汗をかいた場合なども、こすったりしないように優しく、綺麗に汗を残さないように拭くようにしましょう。

    肌を刺激しないように、することが大切になってきます。首の吹出物(吹出物)はホルモンバランスと重要な関係があるので、体のホルモンバランスを整えることも、大切なことになってくるのです。

    首などをあまり触らないようにして、吹出物(吹出物)をつぶさないように気をつけましょう。
    出典 :首の吹出物 – 吹出物治療web 思春期~大人の吹出物 原因と治し方
  • 胸の吹出物(吹出物)は、体を清潔にすることで、解消されるとされています。

    シャンプーやリンス、ボディシャンプーの洗い残しがないように、優しく洗うことが大切です。

    胸の吹出物(吹出物)がひどい場合は、ボディシャンプーなどを控えてみるのも、有効な手段になるようです。

    胸の吹出物(吹出物)に大切なことは、清潔な状態を保ち、毛穴を詰まらせない、または、詰まった毛穴を綺麗にする、ということがあげられます。

    夏場、汗をかいた場合などは、しっかりあらい流したり、タオルなどでこまめに拭いてあげることが必要になってきます。

    汗や、皮脂を残してしまうと吹出物(吹出物)へとつながってしまいます。

    胸の吹出物(吹出物)が洋服に触れる部分にある場合などは、蒸れを防ぐために、通気性のよい素材の服を着ることが望ましいと思います。

    蒸れてしまうと、細菌を増やす原因にもつながってきてしまうのです。

    体を洗う場合にも、注意が必要です。吹出物(吹出物)を刺激しないように、洗うことが大切です。
    出典 :胸の吹出物 – 吹出物治療web 思春期~大人の吹出物 原因と治し方
  • 背中

  • 背中のにきび(ニキビ)治療法としては、背中の毛穴に詰まった角質を綺麗に洗い流すことが先決になってきます。

    背中の毛穴に詰まった角質を綺麗に洗い流すため、洗顔用のクレンジングなどで、綺麗に落とす方法も効果的のようです。

    また、背中に常に触れている服なども、通気性のよい素材の服を着るように心がけてみたり、入浴などで、シャンプーやリンス、ボディシャンプーが残らないように、清潔に洗い流すことが必要になってきます。

    体を洗う順番を工夫することもよいと思われます。シャンプーをしてから、体を洗えば背中ついたシャンプーの残りをしっかりと落とすことができます。

    背中のにきび(ニキビ)は刺激をしないのが1番ですので、刺激の少ないボディソープや入浴剤を使って入浴をしたり、服の素材を変えて見たりするのが必要になってきます。

    暑い季節なども、汗をかいたら、汗を残さないように拭く、など注意が必要になってきます。

    出典 :背中のにきび – にきび治療web 思春期~大人のニキビ 原因と治し方
  • 胸元や背中は、汗をかく季節になると気になるトコロ。
    清潔に保つことで吹き出物を解消できるなら、徹底したいですね。

  • おしり

  • おしりの吹出物(吹出物)の治療法としては、吹出物(吹出物)の原因である、毛穴のつまりをなくすことが重要になってきますので、綺麗に洗う、という事が重要になってきます。

    体を洗う場合も、刺激はよくないですので、優しい素材のタオルを円を描くようにくるくると洗うことが効果的です。

    ボディシャンプーなどが残らないように、綺麗に洗い流すことも毛穴を詰まらせない方法の一つになります。

    肌がカサカサしている場合などは、保湿クリームなども有効になってきますが、塗りすぎると、逆効果になってしまうので、適量で肌の乾燥に潤いを補うようにしましょう。

     また、おしりにできる吹出物(吹出物)は、皮膚が柔らかいこともあり、痛みをともなうことが多いです。症状が軽い場合は、清潔にして、食生活のバランスを整えることで、治る可能性もあるようですが、むれてしまったりして、吹出物(吹出物)が悪化などしてしまった場合は、専門科による治療で治るようです。

    毛穴がつまることで、菌を増やしてしまった場合、清潔にし、食生活などを改善しても、悪化する場合は、専門科による治療が必要になってきます。
    出典 :おしりの吹出物 – 吹出物治療web 思春期~大人の吹出物 原因と治し方
  • 吹き出物の治療には、ビタミンなどが有効なようですが、まずは清潔にすること。
    これが大切ですね。
    そして、悪化してしまう前に、皮膚科医に相談しましょう!