セロトニン・・・幸せ伝達物質と仲良くなろう

セロトニンは脳内で神経伝達を司る神経伝達物質です。
セロトニンは精神を安定させる働きを司る神経伝達物質です。
セロトニンが脳内にあると心地よい気分になります。
幸せ伝達物質セロトニンと仲良くなりましょう。

view396

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • セロトニンとは・・・

  • セロトニンは脳内に必ず存在する物質。

    眠って居る時はほとんど出ないけど、起きている間は絶えず一定のリズムで一定の量を脳全体に(指令を)送り続けているんだって。

    私たちの心と体を整える大切な働きの一つらしい。

    神経伝達物質って言うとドーパミン・ノルアドレナリンなどが有名だけどセロトニンも同じ仲間だったんだね。
    出典 :セロトニンの話し
     

    セロトニンは神経伝達物質。

    覚醒時に働く物質。

    日中の活動だけでなく、睡眠にも大きな影響を及ぼす物質。

    セロトニンはドーパやノルアドレナリンをコントロールしている。

  • セロトニンのはたらき・・・

  • セロトニンで作動する神経細胞(セロトニン性神経細胞)は中脳と延髄の間にある縫線核を源として、その神経線維は脳幹部や大脳皮質とつながっていますが、注目すべきことは、セロトニン性神経細胞は青斑核に直接神経線維を送り、ノルアドレナリンの活性を抑制していることです。

    ● 不足すると、うつ病になりやすく、またキレやすくなる
    ● セロトニンは大脳を覚醒させ、集中力を高める。気分をスッキリさせる。
    ● 自律神経を調節し、交感神経を適度に興奮させる。
    ● 感覚を脳に伝える神経を刺激して、痛みの感覚を和らげる
    ● 夜になるとセロトニンが睡眠物質(メラトニン)に変化する。
    ● メラトニンは脳内の温度を下げて眠りやすくする。
    出典 :セロトニン/セロトニン症候群/同じ失敗を繰り返す
     

    セロトニンは覚醒時には、ヒトの身体を活動的にし、良い睡眠が得られるよう働く物質であります。

    セロトニンとメラトニンとはヒトの健康に必須の物質であります。

  • セロトニンの存在・・・

  • セロトニンは、L-トリプトファンから合成され、全体の90%は消化管のエンテロクロマフィン細胞に、8%が血小板に存在する。また残り1~2%は中枢神経に存在し、精神機能・知覚・自律機能に神経伝達物質として関与する。

    1)90%・・・・エンテロクロマフィン細胞
    2)8%・・・・・血小板
    3)1~2%・・中枢神経
    出典 :セロトニン/セロトニン症候群/同じ失敗を繰り返す
     

    セロトニンの存在は、なんと消化管に一番多い・・・神経伝達物質として働いているのは1~2%とは?!

  • セロトニンと仲良くするには・・・

  • 1.起きたらすぐに太陽の光を浴びること

    セロトニンは、日中の明るい時間帯に多く分泌されるホルモンですが、その切り替えのスイッチとなるのが、朝、起床時の日光です。
    出典 :癒しは脳で起こっている 「セロトニン」の分泌を増やす6か条 : J-CAST会社ウォッチ
     

    まず生物時計をリセットして夜と昼との区切りをしっかりつけましょう。

  • 2.規則正しい睡眠リズムをつくること

    セロトニンは、以前の記事でも紹介した睡眠ホルモンであるメラトニンの材料にもなり、夜にはメラトニンが私たちを睡眠へといざないます。明るくなったら起きて活動し、暗くなったら眠るというのは、生理学的にも理にかなっていることです。
    出典 :癒しは脳で起こっている 「セロトニン」の分泌を増やす6か条 : J-CAST会社ウォッチ
     

    質の良い睡眠で身体のメンテナンスが十分に行われます。

  • 3.食事はバランスを考え、よく噛んで食べること

    セロトニンの材料は、肉や魚、大豆などのたんぱく質を構成する「トリプトファン」というアミノ酸です。私たちが体内では作ることのできない「必須アミノ酸」の1つで、食べ物から十分に摂取することがとても重要です。

    また、セロトニン合成のためには、ビタミンB6も必要不可欠。まぐろ、かつおなどの赤身魚、レバーや肉類などは、一石二鳥のおすすめ食品といえます。また、食べ物をよく噛むことで、次に説明する「リズム運動」に通じる効果があります。
    出典 :癒しは脳で起こっている 「セロトニン」の分泌を増やす6か条 : J-CAST会社ウォッチ
     

    生物時計をリセットして覚醒レベルの高い生活をするには、朝食を毎朝欠かさずに食べることです。

    主食は脳の活動源となりますので、タンパク質ばかり摂っても脳は十分に働けません。

  • 4.リラックスして、ゆっくりとした呼吸を意識すること

    ウォーキングや自転車こぎなどの「リズム運動」のほか、リラックスしてへその下(丹田)を意識してゆっくり呼吸する「丹田呼吸法」は、セロトニンの分泌を増加させるという報告があります。定期的な運動習慣をこころがけましょう。
    出典 :癒しは脳で起こっている 「セロトニン」の分泌を増やす6か条 : J-CAST会社ウォッチ
     

    運動は活力の元、気分転換にもなります。

  • 5.何事も頑張りすぎず、適度な休息を心がけること

    慢性的なストレス状況は、神経の活動を抑え、セロトニンの分泌を減らしてしまいます。何事も頑張り過ぎず、心と身体を休める時間を設けることが、セロトニンの合成効率を保つ鍵になりそうです。
    出典 :癒しは脳で起こっている 「セロトニン」の分泌を増やす6か条 : J-CAST会社ウォッチ
     

    過ぎたるは及ばざるがごとし・・・程々に・・・程々に・・・

  • 6.家族との時間やスキンシップを大切にすること

    母親の癒し効果と同じく、家族や恋人、ペットとのスキンシップも、セロトニンの分泌を増加させます。
    出典 :癒しは脳で起こっている 「セロトニン」の分泌を増やす6か条 : J-CAST会社ウォッチ
     

    癒やし癒やされ・・・静かな時も必要です。

    夕方から夜にかけては、リラックス、リラックス・・・寝室は暗くして就寝しましょう。