バイバイ虫歯くん!虫歯の予防には「ふっ素」大活躍!

歯医者さんが嫌いという人は、大人も子供も多いですよね。できることなら虫歯にはなりたくないものです。そんなみんな大嫌いな「虫歯」を予防するのに効果的なのが、「ふっ素」の利用です。

view479

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ふっ素(フッ素)は虫歯の天敵!

  • 虫歯になる原因に対して、ふっ素の次のような働きが、「歯」と「お口の中の細菌」に作用し、虫歯になりにくくする効果があるとされています。

  •  

    フッ素で虫歯予防!

  • 1. 唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける
    2. 歯の質を強化し、酸から歯を溶けにくくする
    3. 酸の生成を抑える

  •  

    フッ素を配合した歯磨きも人気。

  • フッ素が歯を強くするのは、主に次の3つの働きによるものです。

    歯のエナメル質の強化
    フッ素は、歯の全体を強くするわけではありません。主に表面のエナメル質と呼ばれる白い部分の結晶構造を変化させ、安定的な状態を作り出し、虫歯の酸に溶けにくいエナメル質に変化させます。


    再石灰化で歯を修復する
    初期虫歯のような、歯の表面が僅かに溶かされた部分などにはフッ素が良く浸透しやすく、再石灰化という歯の修復作用が促進されます。そのため虫歯の進行を遅らせる働きがあります。


    虫歯菌の活動を押さえ込む
    歯に付着せずに口の中に漂っているフッ素は、虫歯菌の数を減らすことはできませんが、その働きを抑制して、虫歯の元になる酸の産生を低下させるため、虫歯になりにくい状態を作ります。
    出典 :バイバイ菌!? 簡単フッ素ケアで虫歯予防 [虫歯] All About
     

    フッ素は自然界に存在し、食物などからも自然に取り入れている必須元素です。

  • ちなみに、より専門的な解説だと下記のとおりです。

  • フッ素による虫歯予防のメカニズム


    虫歯の発生とは、歯面に生息する微生物が砂糖などの発酵性の糖を分解し有機酸を生成し、それによって歯面のカルシウムが溶解(専門的には脱灰という)し、結晶構造が失われていくことです。

    フッ素によって虫歯が予防できる理由は

    歯面のヒドロキシアパタイトの結晶のOH-基がF-と置換することにより、より結晶性の高い科学的に安定なヒドロキシフルオロアパタイトに変わり、細菌のつくる有機酸に溶けにくくなっることです。
    出典 :フッ素による虫歯予防
     

    化学式で示されると、より納得ですね。

  • 子どもの歯にも「フッ素」は効果的!

  •  

    子どもさんの生えたての永久歯は特に守ってあげたいですね。

  • こどもさんの「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」は、歯の質が弱く虫歯になりやすいため、フッ素を塗ると予防効果を大きく期待できるとされています。

  • 大人の歯にもふっ素で虫歯予防!

  • 歯周病や部分入れ歯の使用によって、顎の骨や歯茎が痩せてしまい、普段なら歯茎で覆われているはずの歯の内部のセメント質や象牙質が露出してくることがあります。

    セメント質や象牙質はエナメル質(歯茎から上の歯の表面部分)よりも弱く虫歯になりやすいため、歯ぐきが露出してしまった場合には、フッ素を塗ることで虫歯のリスクを下げることに役立つとされています。

  • 歯医者さんでフッ素塗布で虫歯予防が人気

  • 低年齢児へのフッ素塗布 いづち小児歯科 福岡市西区 - YouTube

     

    子どもさんへのフッ素塗布の模様

  • 塗布の必要な回数は患者さんそれぞれのお口の状態によって異なります。

    基本的には1年に2~4回の塗布を継続することで20~40%程度の虫歯の予防効果があるとされています。

    塗布の方法は「歯面塗布法」、「トレー法」、「イオン導入法」の三つの方法があります。なお、歯科によって実施している方法が異なりますので、詳しくは治療を受けられる歯科医院に確認しましょう。

  • 通常行なうフッ素塗布 虫歯予防 いづち小児歯科 - YouTube

     

    一般的なフッ素塗布の模様。これで安心していけますね。

  • ■歯面塗布法
    丸めた綿や綿棒や歯ブラシにフッ化物を浸して、歯1本ずつにフッ素を塗る方法。トレー法やイオン導入法に比べて短時間で終わらせることができるため、1歳の(乳歯が生えた)お子様から大人まで受けられます。

    ■トレー法
    トレー(マウスピース)にフッ化物を入れたものを口にくわえて、上あごと下あごに分けて各3~4分間フッ素を浸透させる方法。トレーを一定時間くわえることに耐えられるお子様から、大人まで受けられます。

    ■イオン導入法
    フッ化物を浸した綿や、トレー(マウスピース)にフッ化物を入れたものを口にくわえて、上あごと下あごに分けて各3~4分間、人体には感じない程度の弱い電流を流してフッ素を浸透させる方法。電流を通すことで、フッ素がより歯の表面により付着しやすくなるとされています。綿やトレーを一定時間くわえることに耐えられるお子様から、大人まで受けられます。

  • 自宅でもフッ素配合歯磨きでデンタルケア&虫歯予防

  •  

    通常の歯磨き粉より少し高いですが、虫歯が予防できるなら安いもの!