髪に白髪はないですか?若いときからできる対策の方法とは?

白髪に困っている人は少なくないですよね?手間のかかりにくい対策法をお伝えさせていただきます。

view676

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • あなたの髪に白髪はありませんか?

  • 白髪があると、老けて見られるとか、マイナスポイントがいっぱいありますよね?

  •  

    若いときから白髪が多い人もいますが、だんだんと白髪が増えてくるのもイヤですよね…。

  • そもそも、白髪ができる原因ってなんでしょう?

  • 白髪の原因はメラニン量の不足です。
    白髪であれ、黒髪であれ、生まれたての産毛のような状態の髪に色はついていません。
    全ての人の髪の産毛は白髪状態です。
    白髪として生まれた産毛は髪の毛が伸びるに従って、色付け(日本人なら黒)が行われます。
    この白髪に色付けを行う絵の具のような細胞がメラニンです。
    白髪の原因はこの髪の毛に色付けを行うメラニン量が少ないことに起因しています。
    出典 :白髪の原因はメラニン不足
     

    メラニンってよく耳にしますよね。足りなくなるということは、何らかの方法で摂取することができるのでしょうか?

  • メラニンってよく聞く言葉ですが、どんな物質なのでしょう?

  • メラニン (melanin) は、ヒトを含む動物、植物、原生動物、また一部の菌類、真正細菌において形成される色素である。メラニン色素ともいう。主に黒褐色の真性メラニン(eumelanin、エウメラニン)と、橙赤色の亜メラニン(Pheomelanin、フェオメラニン)の2種類がある。脊椎動物では、大半が皮膚の表皮最下層の基底層や毛髪の毛母などにあるメラノサイト(色素細胞)で生成され、一部は網膜色素上皮細胞で生成される。
    出典 :メラニン - Wikipedia
     

    色素のひとつなのですね。

  • また、こういうことも言えるそうです。

  • 人の肌の色は人種によって大きく異なりますが、同じ人種でも個人差があります。
    そんな、お肌の色を決定する要素の1つにメラニン色素があります。

    メラニン色素というと、シミを作り出す悪者としてとらえられがちですが、いかかでしょうか?
    でも実際は、私たちの体を紫外線から守る大切な働きをしています。
    もしメラニン色素がなければ、皮膚の奥深くまで紫外線が入り込み、ちょっと紫外線を浴びただけで、水ぶくれや炎症を起こすことになります。
    また、紫外線によってDNAを破壊され、皮膚癌などになってしまうのです。

    嫌なシミを増やしてしまうのも確かですが、メラニン色素は私たちの体を守る大切な防衛物質なのです。
    出典 :メラニン色素のはたらきについて
     

    意外な効果があるんですねえ。

  •  

    つまり、メラニンは悪いことだけをする物質ではないということですね。

  • もうひとつ、メラニンの豆知識です。

  • シミは、「メラニン」が増えることでできるらしい。メラニンは、紫外線を浴びると増えるらしい。

    紫外線の怖さの理解とあいまって、「メラニン」という言葉がすっかりメジャーになりました。メラニン=悪者という図式が、定着しつつあるようです。確かに紫外線などの刺激によって、メラニンは作られますが、本来このメラニンは、人間を守るためにあるもの。もしもメラニンが人間の体になかったら、あっという間に皮膚ガンになってしまいます。

    紫外線などの刺激を受けることでメラニンが作られると、肌の細胞はそれを受け取って、自身を守るシールドにします。そして徐々に表面へと押し上げられ、角質となります。角質は、新しい細胞に押し上げられて最後にアカとして剥がれ落ちます。当然、中に含まれるメラニンも一緒に出ていきます。これが正しいサイクルです。
    出典 :メラニンが悪者?シミ・くすみの原因と美白ケア [肌の悩み・対処法] All About
     

    つまり、このサイクルが壊れてしまうことが悪いということですね。

  • さて、それでは白髪の対策に移りましょう。

  • 白髪は、食べ物で改善することができるそうです。

  • 白髪改善食べ物① チロシンを増やす
    白髪改善の食べ物として、ここではチロシンを取り上げます。
    白髪の原因の一つにメラニンの元となるチロシンの減少がありました。
    その為、白髪の改善対策としてはチロシンそのものを増やすか、
    チロシンの元となるフェルニアラニンを増やすのが効果的です。

    食べ物でチロシンを摂取する
    白髪対策 チーズ
    チロシンは食べ物によって摂取することができます。
    チロシンを多く含む食品の代表はチーズと大豆です。
    チーズ、大豆とも食品100gあたり1,000mg以上のチロシンが含まれ、
    食品の中のチロシン含有量は軍を抜いています。
    また、加工食品では納豆より、より大豆に近いお豆腐の方がチロシンを多く含んでいます。
    出典 :白髪改善食べ物①
     

    チーズはカルシウムも摂取できるし、便利な食材ですね!

  • 量も、そんなにたくさんとらなくていいみたいですよ。

  • チロシンの一日必要摂取量は500mg~2,000mg程度
    一日あたり500mg~2,000mg程度摂取するのが望ましいとされています。
    食べ物で言うと、チーズやお豆腐を50~200g程度摂取すれば十分です。
    白髪改善には上記範囲内でできるだけ多く、できれば毎日2,000mg程度摂ることが望ましいでしょう。
    出典 :白髪改善食べ物①
     

    なんでもそうですが、適量をとるのがいいみたいですね。

  • また、チロシンを効果的に摂取できるビタミン群をいっしょにとれば、なおいいです。

  • ビタミンB6、ビタミンB9を一緒に摂取
    チロシンの吸収を高めるにはビタミンB6とB9と一緒に取るのが望ましいとされています。
    ビタミンB6を多く含む食べ物では、ニンニクや唐辛子などが多く含まれています。
    チーズやお豆腐に比較的合わせやすい食べ物としてはお魚や肉類が良いかもしれません。
    出典 :白髪改善食べ物①
     

    っていうか、チーズとニンニクって、うまそうじゃないですか(笑)

  •  

    さあ、白髪の対策をお手軽にしましょう!