もう一人欲しい!!二人目不妊の治療

もう一人欲しいのに中々できない・・・
二人目不妊の治療とはどんなものなのでしょうか。

  • kei 更新日:2014/02/12

view226

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 二人目不妊と思ったら

  •  

    一人目は自然にできたのに、二人目ができない・・・

  • 一人目を無事に妊娠できたからと言って、二人目が何事もなく妊娠できるとは限らないことがお分かりいただけたのではないでしょうか。
    不妊治療は歳をとればとるほど効果が薄くなると言われています。「もしかしたら二人目不妊かも?」と思ったら、少しでも早く専門医に相談することをおすすめします。
    出典 :二人目不妊|妊娠したいコム
  • 二人目不妊の治療の進め方

  • 2人目不妊から脱却するための方法

  • ・前回の実績は忘れて、今の状況を正確に把握すること・出来るだけ早く、医療機関に検査と相談に行くこと・パートナーとしっかりとコミュニケーションを取り、同じ目的に向かって共に努力する姿勢を持つこと
    出典 :2/2 2人目不妊治療時の注意点 [不妊症] All About
  • ・セックスレスのケースも増えているので、それは恥ずかしがらないできちんと医療機関に相談すること・経済的な基盤や時間的な制約についてもきちんと考え、準備しておくことストレスにならない程度に運動や食習慣の改善も行っていくこと
    出典 :2/2 2人目不妊治療時の注意点 [不妊症] All About
  • 不妊治療には大きくわけて「高度生殖医療」と呼ばれる治療と「高度生殖治療以外」の治療の二つに大別される。

  • 最初に行う不妊治療は、タイミング法から始まります。タイミング法で妊娠出来なかった場合には、人工授精を行うことになります。人工授精は、人によっては十数回行う方もおりますが、一般的に行われる回数の目安は6回。
    そして、人工授精で妊娠できない場合には、体外受精を行うという治療のステップを踏むのが一般的な不妊治療となります。
    出典 :二人目不妊の不妊治療の内容 - 二人目不妊お悩み解決Q&A
  • 治療の進め方は、1人目不妊も2人目不妊もだいたい同じ。

  • 産んで間もない人で、卵巣機能不全だったような人は、排卵誘発の薬を使えばスムーズに妊娠することもあるので、卵管造影などの検査を省くこともあります。1回目の出産で胎盤が癒着や剥離を起こした人、産褥(さんじょく)熱を起こした人などは、トラブルの原因がそれなりに考えられるので、2人目不妊のときも卵管造影検査は行います。
    出典 :2人目不妊|プレママタウン
  • 1回目の妊娠から3~4年経っている人の場合は、加齢によりホルモンの状態が変化している可能性もあるので、卵管造影検査に加えて、ホルモンバランスを見る検査も行っていきます。もちろん、1人目は治療せずに妊娠・出産し、その後3~4年経って妊娠しない人も、原因を突き止めるために、卵管造影検査やホルモン検査など、すべての検査を行います。
    出典 :2人目不妊|プレママタウン
  •  

    卵管造影検査

  • 不妊治療の種類

  • 代表的な不妊治療の種類
    ・ホルモン療法
    ・人工授精
    ・タイミング法
    ・体外受精
    ・顕微授精

  • 最も基礎的な治療法は、タイミング法です。タイミング法は、精神的にも経済的に負担がとても少なく、
    不妊治療として最初に行う代表的な治療方法です。
    タイミング法で、妊娠できなかった場合には、人工授精や体外受精、顕微授精を行うことになります。
    出典 :専門医の不妊治療の種類 - 不妊治療なら東京すずらん鍼灸院
  • タイミング法とは、排卵日を予測して、妊娠しやすい時期に性交渉を行うことを目的とした治療法。最もポピュラーな不妊治療法。

  • クリニックの選び方

  • 第1子を不妊治療で出産した場合、同じクリニックに通院すれば、前の検査データなどもすべてそろっているので、治療は進めやすくなりますが、自宅から遠いと子連れで通院するのは大変。こんな場合は、前のクリニックで検査データなどをもらい、近所のクリニックに持参するといいでしょう。事情を話せば前のクリニックも快く渡してくれるはずです。
    出典 :2人目不妊|プレママタウン
  • 二人目不妊なので、幼児がいる場合が多いでしょう。できるだけ近くて通いやすく不妊専門だと良いとのこと。