不育症ってなに?【習慣流産】原因をしって対策を!!!

習慣的に流産してしまう
女性にとってはかなりつらい事です
原因と対策をきちんと把握しておこう

view299

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不育症?

  • ほとんどの流産は受精卵の染色体異常など胎児側の原因で起こるため、予防や治療ができません。しかし、まれに母体の異常など、特別な原因があって流産を繰り返す場合があります。3回以上自然流産を繰り返した場合を習慣流産といい、特別な原因がないか調べるため、検査がすすめられます。
    出典 :習慣流産 - goo ヘルスケア
     

    なりたくはないですよね

  • 一般的に10人が妊娠した場合、その内の1人から2人は流産になってしまいます。また、流産を起こした10人の患者さんの原因を調べると、そのうちの7割が偶発的な染色体異常(配偶子(卵子・精子)がつくられる際の異常、受精の異常などが原因となり起きます)が原因で、育ちようがなかった場合で占められます。一説には85%染色体異常ともいわれています。しかし何回も流産を繰り返す場合には、すべてが偶発的な染色体異常である確率は、回数が増せば増すほど低くなります
    出典 :リプロダクションセンター: 習慣流産アーカイブ
  • 考え過ぎはダメ

     

    •初期流産の原因のほとんどは、胎児自体の偶発的な染色体異常
    •3度続けて赤ちゃんを亡くしたら不育検査を。不妊治療中ならば2度目でも
    •不育症の中には、流産や子宮内胎児死亡を避ける対策がとれるものもある

  • 原因は何があるの?

  • (1)甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)、糖尿病などの内分泌機能異常
    (2)抗(こう)リン脂質抗体(ししつこうたい)症候群、膠原病(こうげんびょう)などの自己免疫異常
    (3)カップルのどちらかの染色体に転座(てんざ)などの異常がある(この場合、転座があっても体のどこにも異常はみられない)
    出典 :習慣流産 - goo ヘルスケア
     

    まだあります

  • (4)子宮の形の異常、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)
    (5)子宮の感染症(クラミジアなど)
    (6)カップル間の移植免疫的な相性(臓器移植時の拒絶反応に似た免疫的な相性の悪さ) などによる問題が知られています。
    出典 :習慣流産 - goo ヘルスケア
  • 検査を行うのも必要かも?

  • 1.黄体機能不全、高プロラクチン血症、甲状腺機能異常、糖尿病(インスリン抵抗性も含む)などの治療と管理。
    2.血液凝固系異常に対する低用量アスピリン治療。
    3.免疫異常(同種免疫異常)に対する免疫療法。
    4.精神的サポート(個別カウンセリングなど)
    妊娠成立後も不安や心配なことがあれば、いつでも相談に応じております。
    出典 :治療内容・費用 - 不育症(習慣流産) | 不妊症・不妊治療専門の病院なら | 神奈川レディースクリニック公式サイト
     

    検査すれば見つかる原因もあります

  • KLCでは、22週までの流産を2回以上繰り返すカップルを対象に、原因と特定する各種検査を行っています。
    原因で最も頻度の高いものは、胎児の染色体異常です。
    それ以外の原因には、抗リン脂質抗体、血液凝固系異常、子宮形態異常、 甲状腺機能異常、夫婦染色体異常などがあり、
    検査をしても明らかな異常が判らない方もいます。
    出典 :治療内容・費用 - 不育症(習慣流産) | 不妊症・不妊治療専門の病院なら | 神奈川レディースクリニック公式サイト
     

    しておいて損はないはずです

  •  2回までの自然流産(反復流産)は数10人に1人の割合で起こる現象であり、めずらしいことではありませんが、3回以上自然流産を繰り返した場合は、病院で相談してください。
    出典 :習慣流産 - goo ヘルスケア
  • 対策は出来る事をする事につきる!

  • 1.だんだん母体がしっかりしてくる、気になっていた不快さなどが取れてくる。
    2.自分で手軽に改善していけるため、手間(時間)やムダな出費が少ない。
    3.子宮のトラブルなどを併発している方にも有用的。
    4.一般薬のような副作用のリスクが少なく、身体にやさしい。
    5.煎じではなく、飲みやすい錠剤やカプセル剤中心なのでいつでも飲みやすくお手軽。
    6.自分で治療をしようと思ったら、食生活の意識も高まり、相乗効果も期待できる。
    7.漢方は服用時間を厳密には気にしなくて良い。
    8.病院での治療や他の薬との併用もOK(相談してくださいね)
    出典 :不育症(習慣性流産)治療 予防は漢方で ≪まずはご相談ください≫
     

    漢方薬をつかうとこれぐらいは効果でるかも

  • 原因が見つかれば、その治療を試みます。甲状腺機能低下症なら甲状腺ホルモン補充、糖尿病は血糖の正常化、抗リン脂質抗体症候群では抗凝固(こうぎょうこ)療法、自己免疫疾患の場合は抗凝固療法やステロイドホルモン治療、子宮の形態異常や子宮筋腫では手術療法、免疫反応としての習慣流産が疑われる場合は、一部に免疫療法が有効なことがあります。
    出典 :習慣流産 - goo ヘルスケア
  • http://www.ylc.jp/about/miscarriage.html(一部引用)

     

    「自分の中に灯った命の火が消える」という寂しさ、「また、失うかもしれない」「また、心や体をえぐりとられるかもしれない」と思いながら妊娠を目ざすことの怖さは計り知れないものがあると思います。それでも、続けて2回以上流産したケースでも、次の妊娠では約60%が、無事に赤ちゃんを抱くことができていているのです。どうか悲観的になることなく、勇気を持って妊娠してください。