黄色っぽいおりものに注意 不妊症の原因にもなる『子宮内膜炎』

子宮内膜炎とは、子宮内に細菌が侵入し、子宮内膜に炎症が起こる病気です
急性・慢性・老人性・産褥性などがあり、いずれも早期発見できれば抗生剤で治療できますので、症状があれば早めに婦人科を受診しましょう

view444

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮内膜炎と子宮内膜症の違い

  • 子宮内膜炎とは子宮に何らかの原因で細菌が入り、子宮内膜に炎症を起こす病気です。子宮内膜症とは異なる病気ですので、間違えないようにしましょう。
    出典 :女性の病気
     

    子宮内膜症は子宮以外の場所に子宮内膜ができる病気であり、子宮内膜炎は子宮内膜の細菌感染だとのことです

  • 子宮内膜炎とは

  • 子宮内膜は、子宮(厚さ1cmほどの子宮筋という筋肉でできた袋状の臓器)の内側を被っている粘膜のことをいいます。子宮内膜炎は、子宮内に細菌が入り、この子宮内膜に炎症を起す病気のことです。
    原因となる病原菌は、淋菌、連鎖球菌、ブドウ球菌、大腸菌、クラミジア、結核菌などがあります。
    出典 :博愛医院 病気・症状 事典│新宿駅西口徒歩1分!東京都新宿区にある性病科(性病・性感染症・STD)、泌尿器科、産科婦人科(産婦人科)、皮膚科のクリニック
     

    ・出産や流産
    ・人口妊娠中絶後
    ・IUD(子宮内避妊リング)の挿入後
    ・タンポンを長時間入れたままにするなどの不潔な状態
    ・直接的な性行為によって淋菌に感染
    などの原因が考えられるようです

  • 上行性感染

     

    クラミジアや淋菌などに感染して子宮頸管炎を放置すると、上行性感染といって子宮内膜→卵管→腹腔内へと拡がってしまいます。
    その結果、子宮内膜炎・卵管炎・子宮附属器炎・骨盤腹膜炎などを起こし、卵管が詰まって不妊症になったり、妊娠しても受精卵の卵管通過障害により子宮外妊娠となったり、腹腔内に蔓延することによって発熱や腹痛(骨盤腹膜炎)をきたしたりする可能性があります

  • 子宮内膜炎の症状

  • 下腹部の不快感、下腹部痛、微熱などの症状が多いのですが、膿性帯下、不正出血などもみられることがあります。全身的な症状はあまりみられないことが多いようです。
    出典 :子宮内膜炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    子宮からの分泌物の培養検査により、起炎菌を特定するとのことです
    ※膿性帯下とは黄色、緑黄色などのクリーム状のおりもののこと

  • 症状・・・病的なおりもの

     

    黄色っぽい、もしくは緑黄っぽいどろっとした悪臭のあるおりものが見られたら、子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎などの疑いがあります

  • 急性子宮内膜炎

  • 急性子宮内膜炎は、子宮内膜の機能層に感染が起こっているもので、月経時に機能層が剥離(はくり)することにより細菌も排出されて、自然に治ることもあります。
    出典 :子宮内膜炎(しきゅうないまくえん):不正出血.jp
     

    症状は、・発熱・激しい下腹部痛・腰痛・排便・排尿時の腰痛・おりものの増加・不正出血 など
    原因菌に応じた抗生剤で治ります

  • 慢性子宮内膜炎と不妊症

  • 慢性子宮内膜炎の場合、症状はほとんど見られませんが、月経血量の減少や生理不順、無月経になることがあります。
    出典 :子宮内膜炎の症状 | 2分で分かる医療動画辞典 ミルメディカル
     

    症状がおおむね軽く、無症状のことも多い良性の病気だそうですが、不妊症との関連性に明らかになってきているようです

  • 慢性子宮内膜炎

     

    慢性子宮内膜炎は子宮内膜に‘形質細胞’というリンパ球が侵入してくる炎症状態
    ※形質細胞は、抗体(免疫グロブリン)という蛋白を作る能力が高い細胞で通常子宮内膜には見られない…画像の赤く染まった部分

    原因不明不妊症の28%、原因不明習慣流産の12%に慢性子宮内膜炎が見られるというデータもあるようですが、抗生剤によって形成細胞が消失するそうです

  • 老人性子宮内膜炎

  • 女性ホルモンの分泌が減る更年期や老年期には、女性ホルモンの作用が弱まるために細菌が入りやすくなって、炎症を起こすことがあります。この老年期の子宮内膜炎では、慢性に経過し、子宮頸管の狭窄や閉鎖を伴うと、子宮瘤膿腫を形成することもあります。
    出典 :子宮内膜炎 - 中澤利郎 | ブクログのパブー
     

    症状は、・膿のようなおりもの・下腹部痛 などがあります

  • 「子宮瘤膿腫」とは

     

    子宮腔に膿が貯留する稀な疾患
    閉経後の高齢女性に多く、症状は下腹部痛、膿性の膣分泌物、子宮の腫大など
    尿路感染と誤診されることも

  • 産褥性子宮内膜炎

  • 分娩中または産後における絨毛膜羊膜炎の後に発症しうる。素因となる状態として,長時間の破水,内測式胎児モニタリング,遷延分娩,器械分娩や外傷を伴う出産,頻回の指による内診,若年の母親,社会経済的地位の低さ,下部生殖器官における細菌の定着,胎盤断片の子宮内残留,分娩後出血および貧血がある。
    出典 :産褥性子宮内膜炎: 産後の管理: メルクマニュアル18版 日本語版
     

    正常な経腟分娩の1〜3%,計画的帝王切開の5〜15%,非計画的帝王切開)の15〜20%に発生するというデータがあるようです

  • 子宮内膜炎の予防対策

  • とにかく子宮内への細菌の侵入を防ぐことです。通気性のある下着を選び、特に局部を常に清潔にしておくことが大切です。特に、出産後は特有の出血が起こり、血液などが付着するために局部の清潔維持が難しくなります。
    出典 :子宮内膜炎|オーダーメイド漢方|コンドウ薬局|
     

    子宮内膜炎は、進行すると不妊症の原因にも
    早期発見・早期治療が大切です