母乳にあまり良くない食べ物

母乳に良くない食べ物を調べてみるといっぱい出てきてびっくりするママも多いでしょう。バランスよく食べることが大事。参考程度にご覧ください。

view741

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ママの食事で母乳の質が変わります

  • 「おいしい母乳」と「まずい母乳」
    ひとくちに“母乳”と言っても、赤ちゃんにとって「おいしい母乳」と「まずい母乳」があるそうです。 
    「ママが食べたものがそのまま出る」といっても過言でないほど、母乳の味はママの食事に左右されます。
    油ものや甘いものなどを摂りすぎたり、偏った食事をしていると甘ったるく油っぽい母乳になったり、
    タバコを吸っているとニコチンなどによって母乳が臭くなったり、アルコールを飲めば、母乳にアルコールが含まれることはもちろんですが、それが時間が経つとアルコールにより発酵して、腐った状態の母乳になったりします。
    どうしてこんなことになるのか、それは、母乳はママの血液から出来ているからです。
    ママの血液が悪い食べ物や飲み物などによって汚染されると、母乳の味や質や匂いが変化してしまうのです。
    さらに溜まり乳さんの場合は、赤ちゃんが飲む量よりも多くの母乳が作られているので、赤ちゃんが全部飲みほせずに残った母乳が溜まっていき、おっぱいの根底に古い母乳が溜まっていくそうです。
    出典 :ママの食事について
  • 母乳は「白い血液」とも言いますよね。質のよいおっぱいをあげるために普段食べるものを注意しなければならないのですね。

  • 母乳の質を悪くする食べ物

  • もち米や玄米は消化不良が起こしやすく、ラーメンやスパゲッティは麺のつなぎに油脂類を使用しており詰まりの原因となります。
    出典 :母乳育児にダメな食べ物|完全母乳育児
  • 梨・柿(体を冷やしてしまうので)
    筍・わらびなどの山菜・栗(精が強く湿疹が出来やすい)
    出典 :乳質に良い食べ物・悪い食べ物早見表
  • 牛乳ですが、あまりとりすぎると赤ちゃんの脂漏性湿疹の原因になると考えられています。母乳育児はとにかく喉が渇きます。母乳の出を良くする為にも水分補給はとても大切ですが、カルシウムを補うために牛乳をゴクゴク飲んでしまうのは問題です。牛乳だけでなく、食パンやヨーグルトやチーズなどの乳製品も脂漏性湿疹の要因と考えられていますので、牛乳を好んで飲みたいというお母さんは意識的にコップ1杯程度を心がけましょう。
    出典 :母乳育児のススメ お母さんの食事について
  • 乳製品とは

     

    チーズ、バター、ヨーグルト、クリーム、 練乳、アイスクリーム、粉乳、乳酸菌 飲料など

  • お餅は昔から母乳の出を良くするといわれているため、おばあちゃん世代は善意で「母乳がよくでるようになるよ」とすすめる方も多いです。でも、それはまだ日本人の栄養状態が悪かった頃の話で、栄養過多気味の現代の食生活にプラスしてお餅を食べると、母乳が一気に詰まってしまうこともあり危険です。母乳の出が悪い原因には乳腺が細いこともあげられますが、そういった方は特に細い乳腺が一気に詰まって乳腺炎をおこしやすくなってしまうので気を付けてください。
    出典 :母乳に悪いもの<母乳のトラブル<母乳育児
  •  

    脂っこいもの、甘いお菓子類、炭酸飲料や清涼飲料、インスタント食品、刺激物は一般的に母乳にはよくないと言われます。

  • アレルギーがなければ除去することはないとは思いますが、赤ちゃんの未熟な消化器には負担になる食材なので、採り過ぎには注意します。

    生卵(卵は出来れば加熱した物を食べた方が良いようです。)
    牛乳
    乳製品
    出典 :授乳中の食事の注意(ママの母乳に良くない食べ物)
  • 授乳で空腹のとき食べたくなるものがいっぱいありますね。完璧には無理でも意識する程度に。ストレスをためるのもよくないですからね。

  • アトピーやアレルギーと診断されたお子様にも

  • アトピーやアレルギーと診断されたお子さんも、ママが食事に気を付け、おいしい母乳を心がけると、早く治ったり、ひどくならずにすんだりするそうですよ。
    出典 :乳児湿疹について
  • 少しの期間だけと考えておいしいおっぱいのために食事に気をつけるのはいいかしれませんね。