オフィスワークで「エコノミー症候群」???発生を防ぐためのテクニックとは?

長時間同じ姿勢でい続けることで起きる「エコノミー症候群」は、飛行機だけでなく、なんとオフィスで発症することが増えています。エコノミー症候群を予防する方法とは?

view371

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 飛行機だけじゃない!オフィスでも「エコノミー症候群」が増加中!

  •  

    一日中座っているだけなのに、手足がむくむ・・・

  • 会社では毎日、朝から夕方まで一日中座りっぱなしでパソコンに向かっている、という人は少なくないかも。しかし、そういった働き方が、実は体にどういう影響を及ぼしているか、知っていますか。
    同じ姿勢でい続けることで起きる弊害とは???

  •  

    デスクワークで肩こり・・・

  • このように働いている女性の中には、体の不調を訴える人も多いようです。60.3%の人が「肩がこる」と答えたのを筆頭に、「目が乾く」(37.1%)、「手足がむくむ」(33.9%)と続き、約9割の人が何らかの不調を感じているという結果が。

    その結果、3人に2人が、飛行機などで長時間同じ姿勢をとっていることで発症すると言われているエコノミークラス症候群が、オフィスワーク中でも起こると思っていることも判明。座りっぱなしで働くことで、体に不調を感じる可能性を認識している人は多いようです。
    出典 :オフィスワークでエコノミークラス症候群!? 働く女子の不調を防ぐために必要なこととは[1/2ページ]|ウーマンエキサイト コラム
     

    同じ姿勢でい続けることに起因。

  • 旅行者血栓症は、従来「エコノミークラス症候群」とも呼ばれていました。ですので「飛行機でのみ起こる症状」だと思われるかも知りません。しかし、実は旅行者血栓症は、飛行機だけではなく、列車旅行など、長時間座席に座って移動する時や、オフィスでのデスクワーク、長時間の会議、劇場・映画館などでも起こると考えられます。特に、空調設備の整ったオフィス環境はきわめて航空機内に類似した環境と言えます。旅行者血栓症とは何か、その原因をしっかり理解し、賢明に対処することが大切です。
    出典 :エコノミークラス症候群(旅行者血栓症)を予防しよう|大塚製薬
     

    映画館などにも注意が必要

  • そもそも「エコノミー症候群」って何?

  • 静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう)は、肺血栓塞栓症(Pulmonary embolism:PE)と深部静脈血栓症(Deep vein thrombosis:DVT)を併せた疾患概念である。

    飛行機内などで長時間同じ姿勢を取り続けて発症することがよく知られており、俗にエコノミークラス症候群あるいはロングフライト血栓症とも呼ばれる。
    出典 :静脈血栓塞栓症 - Wikipedia
     

    静脈の問題なのですね。

  •  

    下肢がうっけつした状態。

  • 飛行機など、長時間同じ姿勢で座ったりしているときに注意したいのが、「旅行者血栓症」です。

    これは下肢が圧迫されてうっ血状態となり、血栓が生じることにより発症します。この血栓が肺に詰まってしまうことを「肺塞栓症」と言います。この2つを合わせて「旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)」と言います。
    出典 :エコノミークラス症候群(旅行者血栓症)を予防しよう|大塚製薬
     

    血栓が肺にまでつまってしまうとは・・・

  • オフィスでの「エコノミー症候群」を予防する方法とは?

  • ●適度な水分補給

  •  

    ポカリスエットは代表的なイオン飲料

  • 「オフィスワーク向上委員会」の委員代表、早稲田大学人間科学学術院の永島計教授によると、効率的で効果的な水分補給をするだけで不調の改善が期待できることもあるとして、 ナトリウムイオンの働きで、体内に水分をある程度保つ仕組みを持っているイオン飲料での水分補給を勧めています。
    出典 :オフィスワークでエコノミークラス症候群!? 働く女子の不調を防ぐために必要なこととは[2/2ページ]|ウーマンエキサイト コラム
     

    コンビニなどで気軽に購入できるイオン水

  • ●トイレ休憩などで足のマッサージ

  •  

    簡単に足をマッサージするだけでも効果が。