がんを予防するための対策色々まとめ!

生活習慣病として代表的なものであるガンを予防する方法をまとめてみました。

view195

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもガンっていったい何なの?

  • がんとは、細胞の遺伝子に異常が生じる事によって細胞が再現なく分裂、増殖を起こして増え続ける病気の事である。
    通常はアポトーシスと言って、ある程度成熟した細胞は自ら死ぬのだが、ガン細胞にはそれがなく、永遠に増殖する。また増殖のスピードが通常細胞より速い。
    もう少し細かく言うと、上皮細胞からなるものを癌(つまり臓器などにできるものです)と呼び、非上皮性細胞からなるものを肉腫(骨や筋肉などにできるものです)と呼ぶ。私のかかった造血器由来のものは、白血病、悪性リンパ腫、骨髄腫などがある。通常は総称として、「がん」と呼ぶ。
    出典 :がん予防について
     

    ガンは恐ろしい合併症を引き起こすこともある病気です。死に至る人も少なくありません

  • 予防することは可能なのか?

  • がんは、予防することができる病気です。がんの原因やハイリスク集団が明らかにされ、具体的な予防法が開発され、がん予防対策が効果的に実施されれば、がんの発生率とそれに続く死亡率は確実に下がるでしょう。
    出典 :日本人のためのがん予防法:[がん情報サービス]
     

    誰しもがなる可能性のあるガン、正しい予防法を知っていれば怖くありません!

  •  

    正しい予防法を身につけてガンを撃退しましょう!

  • (1) ストレスの軽減

  • ストレスは免疫を著しく下げ、ガン発生の要因となる。笑うと免疫力があがると言われており、プラス思考で楽しく生きる。病気前の私は仕事でいらいらしており、睡眠時間も少なく(平日は3時間程度、休日でも5,6時間)、過度の偏食であった。家族、趣味、ペット、音楽、お笑い番組など、ほっとする事を行う。
    出典 :がん予防について
     

    ストレスは体調だけでなく美容にも悪いのであまり溜め込まないように注意したいですね

  • (2) バランスの取れた食事を取る。

  • 好き嫌いのない、栄養バランスの取れた食事を取る。
    食事前に腰を回したりしておくと胃の蠕動運動が行われやすくなり消化吸収がよくなる。
    尚、腸内細菌は免疫系をコントロールしていると言われており、がんは元々小腸での善玉菌が少ない場合に起こりやすくなる為、ヨーグルトなどの食品も多く取る必要がある。反面、脂肪分は腸で消化されず、悪玉菌の元となってしまう為、極力食べない。

    ※ちなみにヨーグルトはプロバイオティクスと記載されている製品は他のものに比べとても効果が高いらしい。また同じものを一ヶ月以上のみ続けることにより、善玉菌効果があがってくる模様。
    出典 :がん予防について
  • (3) 適度な運動

  • 適度な運動を行う。私の場合は、体操、ストレッチ、近所を散歩、ジョギング及び筋力トレーニングなど。適度な筋肉を付け、代謝を高め、血行を良くし、万病の元となる脂肪を燃やす。ヨガ、気孔、太極拳なども良いらしい。筋肉は血液のポンプの役割を果たす為、しっかり鍛えたい。
    尚、運動により活性酸素が発生すると言われているが、運動を続ける事により、抗酸化作用のあるSOD酵素が作られるようになる。これにより活性酸素に対する耐性が上がる。

    ウォームアップ、クールダウンをしっかり行う。
    激しすぎる運動はしない。
    運動後30分は入浴しない(運動の効果を持続させる為)。してもシャワー程度。
    出典 :がん予防について
  • (4) 休養

  • 睡眠をしっかりとり、疲れを取る。無理をしない。
    特に睡眠は最初の3時間が重要。最初きちんと寝て、成長ホルモンを分泌させる。
    出典 :がん予防について
  • この他にも風邪予防、自律神経改善などがガンに効果的とされています。どれも基本的なことではありますがぜひとも実践してガンを撃退しましょう!