20~30歳代の若い女性にも増えいる子宮頸がん

子宮頸がんは子宮がんのうち約7割程度を占めます。20~30歳代の若い女性にも増えてきており、30歳代後半がピークとなっています。

view216

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮がん

  • 婦人科のがんで最も多い子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがあります。子宮体がんは子宮内膜がんともよばれ、胎児を育てる子宮体部の内側にある子宮内膜から発生します
    出典 :子宮頸がん 基礎知識:[がん情報サービス]
  • 子宮頸がんという病気

  • 子宮頸がんは、子宮の入り口付近に発生することが多いので、普通の婦人科の診察で観察や検査がしやすいため、発見されやすいがんです。また、早期に発見すれば比較的治療しやすく予後のよいがんですが、進行すると治療が難しいことから、早期発見が極めて重要といえます。
    出典 :子宮頸がん 基礎知識:[がん情報サービス]
  • 子宮頸がんが約7割

     

    子宮下部の管状の部分を子宮頸部、子宮上部の袋状の部分を子宮体部と呼び、それぞれの部位に生じるがんを子宮頸がん、子宮体がんといいます。
    子宮頸がんは子宮がんのうち約7割程度を占めます。
    以前は発症のピークが40~50歳代でしたが、最近は20~30歳代の若い女性にも増えてきており、30歳代後半がピークとなっています。

  • 子宮頸がんの症状

  • 月経中でないときや性行為の際に出血したり、普段と違うおりものが増える、月経血の量が増えたり月経期間が長引くなど気に掛かる症状があるときは、ためらわずに早めに受診することで早期発見につながります。
    出典 :子宮頸がん 基礎知識:[がん情報サービス]
  • 初期には自覚症がない

     

    初期の子宮頸がんは、普通は全く症状がありません。
    まれに性交時の出血がみられる。

  • 子宮頸がんの進行

  • 子宮頸がんには進行度の分類があります。
    0期:がんは子宮頸部の粘膜内(上皮内)にとどまっている。自覚症状はほとんどないが、まれに性交時の出血がみられます。
    1期:性交時の出血がみられることがあります。褐色やピンクのおりものが出るようになります。
    2期:性交時以外でも出血が起こり、褐色やピンクのおりものが出るほか、進行するとおりものが膿(うみ)や肉汁のようになってきます。
    3期:がんが腹腔内を圧迫して、腰・下腹部・足などに強い痛みが出るようになります。
    4期:がんが膀胱や直腸まで拡がるか、肺や肝臓まで転移した状態です。不正出血やおりものが続き、特有の強いニオイを放つようになります。

  • 子宮頸がんの原因

  • 最近になって、子宮頸がんが発生しているほとんどの人が、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染していることがわかってきました。
    出典 :子宮頸がん:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 性交経験のある女性の約10%

     

    日本人を対象とした調査では、性交経験のある女性の約10%において子宮頸部に、子宮頸がんの高危険群のヒトパピローマウイルスが検出されました。
    感染しても、2年以内に90%の人は排除されますが、10%の人は感染が長期間持続し、がんの前の段階である異型細胞が増殖します。
    感染が持続し、自然に治癒しないグループが子宮頸がんに進行するといわれています。

  • 子宮頸がん検診

  • 自覚症状がなくても、がん検診で定期的に調べることができます。がん検診では通常、子宮頸部を専用の綿棒のようなものでこすって細胞を採取する、細胞診を行います。
    出典 :子宮頸がん【知っておきたい婦人病ガイド】 | 女性の病院検索【もこすく】
  • 細胞診で異形性というがんの前触れとされるものが見つかった場合には、HPVウィルスの型を調べる検査、組織検査、診断と治療をかねて子宮頚部円錐切除術などをおこなうことがあります。がんだった場合には、直腸診、超音波検査、CTやMRIを行ったり、転移の可能性があれば、胸のX線撮影や膀胱鏡などでさらに詳しく調べます。
    出典 :子宮頸がん【知っておきたい婦人病ガイド】 | 女性の病院検索【もこすく】
  • 治療方法

  • 子宮頸がんの治療は、進行度によって

     

    手術療法
    0期と1期の場合、子宮を温存する子宮頸部円錐切除術もあります。進行している場合は、子宮ごと摘出する手術や、他の臓器もあわせて摘出する場合があります。
    薬物療法
    手術後にリンパ節転移が見つかった場合や、手術前にがんを小さくするための補助療法として行います。これだけで完治するものではありません。
    放射線療法
    医療機関によっては、放射線照射を行うところもあります。

  • 子宮頸がんの予防

  • 子宮頸がんの予防法としては、子宮頸がん予防ワクチンを接種することで、ヒトパピローマウイルスの感染を予防することが挙げられます。また、子宮頸がん検診を定期的に受けることで、がんになる過程の異常(異形成)やごく早期のがんを発見し、経過観察や負担の少ない治療につなげることができます。
    出典 :子宮頸がん予防ワクチンQ&A|厚生労働省