どんな方法をする?「腓骨神経麻痺の治療」方法のまとめ!

腓骨神経麻痺の治療方法のまとめ!どんな方法があるのでしょうか!自分にあった方法を選ぼう!

view2970

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腓骨神経麻痺とは

  • 腓骨神経麻痺とは、何らかの原因で、腓骨神経が感覚まひの状態です。 腓骨神経は坐骨神経から別れる神経の一つですが、坐骨神経はL4~S3より起こり、末梢神経の内で最も大きな神経です。太さはペン軸くらいで、長さは1M以上もあります。
    出典 :腓骨神経麻痺【腓骨神経麻痺の治療専門】|腓骨神経マヒの治療なら中国鍼灸院
     

    このようなものなのです。

  • 腓骨神経は最も外傷を受けやすい神経の一つです。 膝窩部周辺の外傷で侵されることが多く、股関節部の脱臼、坐骨神経麻痺でも腓骨神経が障害されます。 腓骨神経麻痺は睡眠時、泥酔時、長時間しゃがんだとき、あるいはギプス、副子などの圧迫、ときには神経炎による麻痺もみられます。
    出典 :腓骨神経麻痺【腓骨神経麻痺の治療専門】|腓骨神経マヒの治療なら中国鍼灸院
  • 治療期間の推移ですが

     

    このようにちょっとした時間がかかるのが分かりますね。しかし4週間となると一ヶ月になってしまいますよね。治療方法によって違うとおもいますが、今回は治療方法についてあつめてみました。

  • 腓骨神経麻痺の治療方法

  • 症状が軽く、足を組むなどの明らかな誘因がある場合には、生活習慣の改善で軽快することがほとんどです。重症例では外科的な神経開放術が行われます。
    出典 :腓骨神経麻痺 治療方法 - goo ヘルスケア
  • 骨折や脱臼などの外傷や腫瘤によるものは早期に手術が必要です。原因が明らかでないものや回復の可能性のあるものは保存的治療をします。3ヵ月ほど様子を見て回復しないものや麻痺が進行するものでは手術が必要になります。
    出典 :「腓骨神経麻痺」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる
     

    3ヶ月は場合によっては様子観察となる事があるのですね。

  • 保存的療法として

  • 保存的療法
    圧迫の回避・除去、局所の安静、薬剤内服、運動療法など。
    出典 :「腓骨神経麻痺」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる
  • 前処置として、腰部に湿熱ホットパックを15分して後、鍼治療をしました。7回の治療で第2~第5指にはかなり力は入るようになりましたが、拇指は初診のときと同様背屈力がないため、原因を確認するために一応専門の医療機関を紹介しました。
    出典 :�C���_�o���
     

    このような場合もありますね。

  • 手術療法

  • 骨折、脱臼などの外傷で手術が必要なものや腫瘤のあるものは、手術が行われます。神経損傷のあるものでは、神経剥離、神経縫合、神経移植などの手術が行われます。神経の手術で回復の望みの少ないものは腱移行手術(他の筋肉で動かすようにする手術)が行われます。詳しくは整形外科医にご相談ください。
    出典 :「腓骨神経麻痺」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる
  • 腓骨神経麻痺の鍼灸治療

  • 1.【坐骨神経透穴針】:特殊なツボにハリをうちます。 2.ハリに微弱電流を流します。3.足動脈の血流量が増え、足への血流供給が増え、損傷した腓骨神経組織と機能を修復します。4.腓骨神経の活性化をさせます。
    出典 :腓骨神経麻痺【腓骨神経麻痺の治療専門】|腓骨神経マヒの治療なら中国鍼灸院
  • 1.当院独自開発した【坐骨神経透穴針】治療法:特殊なツボにハリをうちます。2.ハリに微弱電流を流します。3.痛みを感じない程度の治療が多いので、 寝ってしまうことがあります。4.起きたら、治療完了です。5.鍼灸治療が終わった後に生活注意事項を説明します。
    出典 :腓骨神経麻痺【腓骨神経麻痺の治療専門】|腓骨神経マヒの治療なら中国鍼灸院
  • 独自の治療法

     

    鍼灸が出来る所は限られていますが、生活の質と予後はかなり良好という話もあります。ご紹介した所の方法はきめ細かい鍼灸治療をするそうです。このように色々な治療があるので、自分に合ったものを選びましょうね!